08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2012.04.29 (Sun)

『アイスクリン強し』

[著者]畠中恵
[出版社]講談社 講談社文庫
[初版発行]2011年12月15日

[感想等]
 明治初期、孤児になり横浜の居留地で育った元士族の皆川真次郎(ミナ)
は洋菓子職人として小さな西洋菓子屋を始める。
 その友人、元幕臣「若様組」の警官達と日々起こる数々の騒動に大奮闘
する出来事を描いた連作短編集。
 収録作品は表題作『アイスクリン強し』他、『チョコレイト甘し』、
『シュウクリーム危し』、『ゼリケーキ儚し』、『ワッフルス熱し』など、
お菓子に関するタイトルになっている。

 西洋菓子が珍しい時代の菓子職人の奮闘振りと、彼が巻き込まれる事件や
「若様組」の警官達との友情など、明治初期の青春活劇という感じの作品は、
読みやすく、嫌味が残らないのが、甘いお菓子のようで悪くは無い。
 が、時代の様子やお菓子作りの話などは興味深く描かれているのだが、
起こる事件の解決が上手く出来過ぎ感があり、意外な驚きが少ないのが、
少々残念である。






スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 歴史 畠中恵

EDIT  |  15:03 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2012.03.24 (Sat)

『邪宗門の惨劇』

[著者]吉村達也
[出版社]角川書店 角川文庫
[初版発行]平成5年12月10日

[感想等]
 北原白秋の残酷な童謡『金魚』の書かれた
中学時代の同級生だった女性からの招待状に
興味を感じた推理小説作家・朝比奈耕作は、
東京渋谷区の高級住宅地松涛に建つ洋館を訪れた。
 そこで待っていたのは、招待状の主とは別の
2人の女性と死体で、彼女らと朝比奈は、
蝋燭に連なる館の中に閉じ込められてしまう。
 ワーグナーの歌劇が鳴り響き、金切り声で
白秋の詩が朗読される中、蝋燭が消えていき・・・。

 不気味な詩の朗読やワーグナーの流れる
蝋燭だけの明かりの洋館に閉じ込められ、
死体まで見つけてしまうという異常な体験で、
主人公・朝比奈や2人の美女が
段々心理的に追い詰められていく怖さと、
過去の陰惨なイジメという事件の回想とが、
かなり深刻なストーリーなのだが、読みやすいので
あっという間にラストまでたどり着いてしまった。

 ラストに判る真実は辛さを感じさせるが、
白秋の童話の怖さを上手く利用している点や、
館に閉じ込められた理由の意外さなどが、
興味深い作品であった。

 



『邪宗門の惨劇』(amazon.co.jp)






テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 吉村達也

EDIT  |  20:18 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2012.02.19 (Sun)

『猿島館の殺人 モンキー・パズル』

[著者]折原一
[出版社]光文社 光文社文庫
[初版発行]1995年2月20日

[感想等]
 フリーライター・葉山虹子は東京湾の孤島・猿島の取材旅行で、
週一回の船便に乗りそこね、島に取り残されてしまう。
 無人島だと聞かされていた島には、猿谷家の人々が暮らしており、
その館に宿泊させてもらえることになった虹子は、主人の藤吉郎が、
密室の書斎で不可解な死を遂げるのに遭遇する。
 虹子旧知の黒星光警部が脱獄犯の猿を追って、猿島に来ていて、
虹子と共に次々起こる殺人事件を推理していくが・・・。

 名作ミステリ『モルグ街の殺人』を思わせる密室での殺人や
エラリー・クイーンの作品を思わせる設定だが、パロディ風の、
登場人物達も奇妙で、行動もドタバタしているような作品で、
連続殺人が起こっている深刻さが少ない作品である。
 また、古典的な名作好きのミステリファンには、
ああ、あの作品のパロディだな、と、簡単に途中で犯人が
判ってしまうかもしれない。

 が、最後の最後で、何それ?!と、思わせるオチが待っている。
 それが良いとするか、ふざけていると思うか・・・意見が
分かれるのではないだろうか。
 私は最初は馬鹿にされたように感じたが、作品全体の
ユーモラスな作風には、実はマッチしている結末だったのかな
と、思い直した。


『猿島館の殺人 モンキー・パズル』(amazon.co.jp)




テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 小説 感想 ミステリ 折原一

EDIT  |  14:36 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2011.09.10 (Sat)

『今宵、バーで謎解きを 』

[著者]鯨統一郎
[出版社]光文社 カッパ・ノベルス
[初版発行]2010年4月25日

[感想等]
 バー“森へ抜ける道”を舞台に、ヤクドシトリオの私立探偵・工藤、
ライター・山内、マスター・島の語る未解決事件を、
もう1人の常連・桜川東子が、ギリシャ神話を使って解き明かしていく。

 チーズとワインの出されるバーで、チーズやワインのウンチクが
語られ、そして、彼らの少年時代の話で盛り上がり、さらには、
ギリシャ神話を用いた桜川東子の未解決事件の解決を聞くという
7編の連作短編集である。

 チーズやワインのウンチクはともかく、期待していたギリシャ神話を
絡めた事件とその解決が、あまり面白くない気がしたのが残念である。
 ギリシャ神話自体に何か新しい解釈があるのかなと思ったが、
それがあまり無くて、事件も突飛さが少なく感じられた。

 一番面白かったのは、彼らの少年時代のサブカルチャーな部分。
遊びや給食など、同世代には懐かしさを感じさせるのでは。

 なお、この作品は桜川東子&ヤクドシトリオシリーズ 第3弾にあたる。
 第2弾『浦島太郎の真相』は未読だが、第1弾『九つの殺人メルヘン』は、
なかなか面白かったのを覚えている。
 が、その作品での桜川東子の精彩さが、今回は少し欠けているような気がした。



今宵、バーで謎解きを



<My Blog関連記事>『九つの殺人メルヘン』

  

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 鯨統一郎

EDIT  |  10:58 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(1) | Top↑
2011.08.13 (Sat)

『哲学探偵』

[著者]鯨統一郎
[出版社]光文社 カッパ・ノベルス
[初版発行]2008年9月25日

[感想等]
 警視庁・特捜班の高島警視と久保主任は、難事件を専門に
扱っているため、解決の糸口すらつかめない。
 しかし、競馬場で出会った哲学好きで短歌趣味の馬券師が、
そんな事件を次々に推理していく。8つの短編連作集。

 警察官が事件のことを公共の場で話してしまうのはありか、
などという疑問はさておき、哲学と短歌が好きな馬券師が、
警察でも解明できないような事件を解き明かす・・・という
設定は面白い。

 駅のトイレの密室で殺された人が、直前に第三者に預けた
かばんに凶器が入っていた事件の謎など、なかなか面白い話も
あったものの、中にはそんなに難事件?という話もある。

 が、何よりも、出てくる短歌があまりなじみのない作者の
作品であることと、哲学の解説部分がいまひとつ面白くないし、
哲学がらみの馬にかけて大穴を当てている馬券師も嘘っぽく、
短歌と哲学を絡めて推理しているのが無理矢理な感じがして、
残念な作品になっている。



哲学探偵




テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 鯨統一郎

EDIT  |  13:11 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2011.07.03 (Sun)

『英雄の書』(上・下)

[著者]宮部みゆき
[出版社]毎日新聞社
[初版発行]2009年2月15日

[感想等]
 クラスメートを殺傷し、姿を消すという事件を
中学二年生の兄・大樹が起こしたことを知った
小学五年生・森崎友理子。
 兄の部屋に残された赤い古い本に導かれ、友理子は
世捨て人だった亡き大叔父の残した別荘の図書室の
古い書物たちに出会い、
“英雄”に魅入られてしまった兄を探す旅へと
ユーリとなって旅立つことになる。

 すべての物語が生まれ、回帰してゆく「無名の地」
と呼ばれる場所や、物語世界と人間世界の関係、
現実の少年犯罪やイジメなどの問題のある現実社会の
出来事など、色々興味深い設定のあるファンタジーである。
 また、“英雄”は人を魅了し、時としては正であり、
時としては悪にもなる、と言う解釈も面白いと感じた。

 が、ファンタジーの世界とはいえ、主役の友理子は
小学生にしては、少々難解な事象を理解しすぎて、
大人すぎる気がしたのが、かなり気になった。

 また、ネタばれになるかもしれないが、
兄の犯罪の原因である、現実のイジメや様々な問題が
社会的・法律的に解明されることがきちんとなされず、
ファンタジー世界を知った友理子が残され、
家族などと兄の苦しさを理解して終わるだけなのかと
思わせる終わり方が、あまり良いとは思えなかった。




英雄の書(上)
英雄の書(下)


テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ファンタジー 宮部みゆき

EDIT  |  14:03 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2011.04.03 (Sun)

『卑弥呼の赤い罠』

[著者]吉村達也
[出版社]集英社 集英社文庫
[初版発行]2010年4月25日

[感想等]
 老古代史学者・新藤英二郎が復元した甕棺の中に
顔を朱で塗られて「女王・卑弥呼」の再現衣装姿の
死体となって発見された。
 彼は日本の成り立ちなどに関する過激な学説で、
敵の多い人物だった。
 彼の親友・英光大学学長の瀬川繁之に残された遺言、
ICレコーダーに吹き込まれていた新藤の言葉などから、
教え子・村野杏美は彼を殺した人物を探し出そうとする。

 村野杏美が師と慕う新藤と古代史研究会の仲間と行った
歴史の地を巡る旅の回想によって、新藤の学説などが
次第に明らかになっていく部分はなかなか面白かった。
 だが、古代の日本と中国・朝鮮との関係、日本人・日本国の
成り立ちや卑弥呼などの正体など、私にはそれほど過激な学説
だとは思えなかったので、少々物足りなかった。

 また、新藤の殺人に関しては、甕棺の中での異様な姿での死
というショッキングな設定だけではなく、
新藤が生前にICレコーダーに7人の敵がいると吹き込んでいたり、
新藤の喜寿の祝いの会で、紙に新藤を殺すという言葉や
様々な地名を書き続けていた人物がいる、という警告の手紙が
日本語の流暢なエジプト農業学者・アル=サダト氏から
来ていたなど、細部に面白い仕掛けが施されている。
 しかし、犯人の自殺というあっけない幕切れと、
犯人の犯行に至った経緯には、ちょっとガッカリしてしまった。

 歴史に興味を持っていて、そこそこミステリが好きな人が
読むのであれば、まあまあ楽しめるのではないかと思うが・・・。

 なお、この作品には続編『飛鳥の怨霊の首』があり、
私はうっかり続編から読んでしまったのだが、
私は続編よりはこちらの方が、少し面白いような気がした。



卑弥呼の赤い罠



<My Blog関連記事>『飛鳥の怨霊の首』

  

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 歴史 吉村達也

EDIT  |  16:10 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。