05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006.12.10 (Sun)

『逃げる悪女』

[著者]ジェフ・アボット
[訳者]吉沢康子
[出版社]早川書房 ハヤカワ・ミステリ文庫
[初版発行]2005年1月10日

[感想等]
 判事ホイット・モーズリーは癌で余命わずかな父のため、
自分が幼い日に、家族を捨てて出て行った母を捜すことを決意する。
 母は金を横領した銀行員・パウエルと不倫・逃亡の末に、
彼を殺し、ギャングの一員になっていた。
 その母と会おうとしたホイットは母の居るヒューストンに行き、
ギャングたちの抗争に巻き込まれてしまい、判事の身分を隠して
逃亡しようとする母を助けようと必死になる。

 現職の判事が他の州でとはいえ、身分を隠し、
ギャングの抗争や殺人に巻き込まれてしまうというのは
相当むちゃくちゃな設定ではないかと思うのだが、
そういうことを気にしないで、麻薬が絡み、
ギャングや裏世界の抗争や銃撃戦・カーアクションのある
アメリカ的なミステリとしてだったら、まずまず楽しめると思う。

 が、ラストのオチにはかなりガッカリした。
判事の母はまた姿を消してしまうし、
判事が死んだギャングに罪を押し付けるようにして、
一切咎められないまま終わった点など、都合が良すぎて、
結局、一連の大騒動が何だったのかと馬鹿馬鹿しく思えてしまった。

 なお、この作品は判事モーズリーのシリーズの3作目だそうで、
私の場合は前2作を読んでいなかったのだが、
この作品だけで充分に話の内容は判るようにはなっているし、
他の作品もこのような話なら、読む気になれないだろうと思った。


逃げる悪女

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 ミステリ 感想

EDIT  |  14:39 |  趣味に合わなかった本(☆1つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2005.05.17 (Tue)

『ロマンス小説の七日間』

[著者]三浦しをん
[出版社]角川書店 角川文庫
[初版発行]平成15年11月25日

[感想等]
 海外ロマンス小説翻訳を仕事とする独身女性の主人公が
半同棲中のBFがいきなり会社を辞めたことへ困惑し、
翻訳中の小説を勝手に創作してしまい、
それが現実にも影響を与え、とんでもない展開に・・・
という内容紹介から奇想天外な小説を期待したのだが、
残念ながら、そういう展開にはならず、がっかりした。
 曖昧な関係の恋愛というのは今風なのかもしれないけど、
不安に思う心や不満をきちんとBFに言えない主人公・あかりにも、
彼女にはっきり説明や話をしないような相手の男・神名にも、
私には全く感情移入も共感も出来なかった。


ロマンス小説の七日間

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  09:24 |  趣味に合わなかった本(☆1つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2005.03.25 (Fri)

『鏡の森』

[著者]タニス・リー
[訳者]環早苗
[出版社]産業編集センター
[初版発行]2004年10月31日

[感想等]
 母と娘の二人の愛を求める姿を中心に描かれている、
ファンタジーの中にエロティックさダークさがある『白雪姫』の物語。

 王族・魔女・森・鏡・薬草などというおとぎ世界の中なのに、
若くして凌辱の末に娘を産み、心を病んでしまった母親の女王と
母の愛に恵まれず、殺されそうになる娘の王女だけでなく、
その他の登場人物達の性格や行動や起こす出来事に、
現代にも通じそうな悲惨さや醜さを感じさせられるばかりで、
私には最後まであまり楽しめないストーリーだった。


鏡の森

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  09:27 |  趣味に合わなかった本(☆1つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。