02月≪ 2006年03月 ≫04月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006.03.29 (Wed)

『全一冊 銭屋五兵衛と冒険者たち』

[著者]童門冬二
[出版社]集英社 集英社文庫
[初版発行]2005年6月10日

[感想等]
 鎖国下の幕末、北前船での北方交易で財を成した加賀の豪商、銭屋五兵衛(ぜにやごへい)。
 五兵衛は本多利明(ほんだとしあき)という学者の「海に国境は無い」という言葉を
実現したいという夢を持っていたものの、干拓事業に絡み失脚、牢死してしまう。
 その五兵衛の遺志を継ごうと考えていた番頭の大野弁吉(おおのべんきち)は
加賀藩を追われたものの、逃げこんだ越前大野藩には、
英邁な藩主・土井利忠(どいとしただ)が居り、山間の地ながら、
外国への交易に関心を持ち、海へ乗り出そうとしていた。
 交易に関する知識やその理想を見こまれて大野藩の交易計画に参加した弁吉は
江戸に出て、大野藩の交易の実現、大野丸の建造に尽力しながら、
さらにはその語学の才等を見こまれ、ロシアの開国要求に苦慮している
勘定奉行兼海防掛・川路聖謨(かわじとしあきら)の手助けや、
勝海舟や坂本竜馬などの海外に目を向けている人々にも影響を受け、
彼らにも影響を与えていく。

 大野弁吉はカラクリ製作で有名な、実在する人物であるが、
彼が幕府の要人と交流し北方交易や開国などに活躍した部分には
フィクションの部分も有るらしい。
 しかし、彼や銭屋五兵衛をはじめとする、北方交易に乗り出す商人達の
志や理想が高く、夢に向かって互いに協力し合える姿や、
人を身分で差別しない度量を持ち、世界に目を向けた幕府の人々が居たことや、
彼らが開国を推し進めていくストーリー展開がとても感動的であった。

 この作品に出てくる人々の、志の高さや力を尽くそうとしていく姿、
身分無しの人間のつながりや損得抜きの協力、等々を、
小説の中だけで現実には有り得ない理想や美化だとは思いたくない。
 高い理想と広い視野を持つ人々が居たから、旧態な幕府を倒せたのであり、
現代にもこのような、個人の損得を超えて協力し合い、世界に目を向け、
自分の国を良くしたいという心が大切で必要なことなのではないのかと
つくづく感じさせられた作品であった。


全一冊 銭屋五兵衛と冒険者たち

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  22:55 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2006.03.26 (Sun)

『鉤爪プレイバック』

[著者]エリック・ガルシア
[訳者]酒井昭伸
[出版社]ソニー・マガジンズ ヴィレッジブックス
[初版発行]2003年1月20日

[感想等]
 ハードボイルド恐竜探偵ヴィンセント・ルビオのシリーズの第2弾。
 前作では尾羽打ち枯らした感じのヴィンセントが相棒と颯爽と活躍していた時代の、
恐竜カルト団体「祖竜教会」に関わる事件の顛末を描く。
  
 前作では良く判らなかったヴィンセントとアニーの関係や
恐竜社会の歴史などの、この作品で明らかにされた部分が面白く、
前作より登場人物(登場恐竜?)達や恐竜社会の設定などに
深みや細かさが加わって判りやすい感じがして良かったのだが、
肝心の真相解明などには前作ほどのインパクトは無かったような気がする。
 でも、前作同様のヴィンセントによる探偵活動のコミカルさに
映画女優の名前を名乗るドラッグクイーン・ジュールズ達などの
強烈なキャラクター達の可笑しさや活躍が加わった分、なかなか楽しかった。


鉤爪プレイバック


<My Blog関連記事>『さらば、愛しき鉤爪』

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  14:06 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2006.03.26 (Sun)

BlogPet星影丸の新5・7・5 ?2 (BlogPet)

bookrackが
[著者]二階堂黎人[出版社]光文社カッパノベルス[初版発行]2005年4月25日[息子等]水乃サトル・シリーズの大学生編。
とか思ってたらしいの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「星影丸」が書きました。
EDIT  |  09:34 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(1) | Top↑
2006.03.25 (Sat)

『さらば、愛しき鉤爪』 

[著者]エリック・ガルシア
[訳者]酒井昭伸
[出版社]ソニー・マガジンズ ヴィレッジブックス
[初版発行]2001年11月20日

[感想等]
 ロサンジェルスの私立探偵ヴィンセント・ルビオは麻薬におぼれつつ、
負債を抱え、つまらない仕事をしつつも、死んだ相棒アニーの死因を探っている、
タフなハードボイルド探偵である。
が、実は彼は人間ではなくて、人間に見える特殊な皮を着て、
人間に気付かれないように暮らしているヴェロキラプトル(恐竜)であり、
その彼に持ちこまれた、火事の調査が、アニーの死因にまで関わりの有る
大事件の調査へと発展していく。
 
 恐竜達が生き延びていて、特殊な皮を着て人間に化け、
人間に気付かれないように暮らしている世界という設定が興味深い。
 恐竜の臭腺が出す個人的な匂いで恐竜は互いの正体を知ったり、
恐竜であることを見分けていくというのも良く考えられているし、
人間の姿の皮を着ていることが一種の変装になっているという点など
とても良く出来ていると思った。
 ストーリーはハードボイルドのパロディになっている感じで、
事件解明までの主人公のドタバタ振りが私には可笑しく思えたので、
ハードボイルドのファンでは無い方が楽しめる作品かもしれない。


さらば、愛しき鉤爪

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  10:43 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2006.03.21 (Tue)

『QED~ventus~ 熊野の残照』

[著者]高田崇史
[出版社]講談社 講談社ノベルス
[初版発行]2005年8月4日

[感想等]
 QEDシリーズの第10作目。
 学校薬剤師会の和歌山県・熊野への親睦旅行に参加した神山禮子は、
棚旗奈々と桑原崇と行動を共にすることになる。
 禮子の出身は熊野なのだが、中学生の頃に、
辛い出来事の末に故郷を捨てるような形になっていて、
故郷ということを伏せたままで、旅行に参加している。
 熊野三山の謎を祟が暴いて行くのを聞かされていくうちに、
禮子は過去の出来事の真相を悟ることになる。

 今回は崇と奈々の旅行先で事件が起こるのではなく、
過去の、おまけに禮子が口に出すことの無い出来事の真相を
解き明かしてしまう結果になるという点や、
奈々の視点ではなく、禮子の視点でストーリーが展開する点が
いつもと少々感じが違う感じがしたのは、良かったと思う。
 
 しかし、牛王宝印に秘められた八咫烏の正体などは面白く思ったが、
私自身に熊野や神々の名前などになじみがないせいか、
祟の解説が難解な資料の羅列というように感じてしまって、
熊野三山の謎解明への驚きをあまり感じることが出来なかった。
 また、禮子の過去の出来事に関しては、
現代でもそんなことが起こり得るのか?という気がしたし、
祟が禮子の過去を察していたのかという点が明らかでないし、
祟が旅行中に発生している犯罪や事件を解決していない点が、
残念に思えた。


QED~ventus~ 熊野の残照


<My Blog関連記事>『QED 鬼の城伝説』

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  16:37 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(12) | Top↑
2006.03.19 (Sun)

『逆説探偵 13人の申し分なき重罪人』

[著者]鳥飼否宇
[出版社]双葉社 
[初版発行]2005年8月20日

[感想等]
 綾鹿(あやか)警察署の五龍神田(ごりゅうかんだ)刑事が
正体不明のホームレス、「じっとく」こと十徳次郎(つなしとくじろう)の言葉等をヒントに、
事件を解決したと思うのだが、実は彼の言葉をきちんと解釈していないために、
少々的外れで、意外な真犯人が判るという結果になる、13の短編を収録した連作集。

 どの話もさらっと読め、事件としてはそれ程面白い事件を扱っていないのだが、
一旦、事件の謎が解けたと思い納得したものが間違っていて、
違う真実が見えてくるというのが面白く、楽しめた。
 途中の短編でホームレス「じっとく」が姿を消すのが残念に思ったのだが、
彼の影響は続いているし、胡散臭い探偵・星野万太郎が話に絡んできて、
別の面白さが生まれた点はなかなか良かったと思う。
 何より、最終話『申し分なき愉快犯』で「じっとく」の正体が判るのが気に入った。


逆説探偵

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  10:33 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(1) | Top↑
2006.03.19 (Sun)

『稀覯人(コレクター)の不思議』 (BlogPet)

当時、面白く手塚マンガなどを発行しなかったよ
1986年に設定されているし、未刊の作品も感じることが出来る作品でもある
その時代の雰囲気や懐かしさなども読んでも感じることが出来る作品でもある
その時代を知る手塚治虫の水乃サトル・
シリーズのにこんな愛好家の会に加われたら楽しいだろう等と思ってミステリだったものの、私はマニアとまではいかないが、手塚治虫も生きて殺される
とか思った?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「星影丸」が書きました。
EDIT  |  09:36 |  星影丸の投稿  | TB(1)  | CM(0) | Top↑
2006.03.16 (Thu)

BlogPet星影丸の新5・7・5 №2

 久しぶりに面白いのを口にしているのを見つけたので、
BlogPetの星影丸の5・7・5を紹介します。
 
 №2
575-002.JPG


 『その不満 解くことになる 桃太郎』

 ラストの「桃太郎」がなかなか可笑しいです。
桃太郎侍を連想してしまったりして・・・・。


BlogPet」は、株式会社ワークアットの登録商標です。
「ブログペット」「ぶろぐぺっと」は、商標です。
「BlogPet」に関する著作権および一切の知的財産権は
株式会社ワークアットに帰属します。

テーマ : つぶやき - ジャンル : 小説・文学

EDIT  |  22:02 |  Blogpet星影丸の新5・7・5  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2006.03.15 (Wed)

『シャーロック・ホームズの息子』(上・下)

[著者]ブライアン・フリーマントル
[訳者]日暮雅通
[出版社]新潮社 新潮文庫
[初版発行]平成17年10月1日

[感想等]
 第一次世界大戦直前を舞台にした、ドイルのシャーロック・ホームズのパスティーシュ。
 伯父のマイクロフトの子として育てられていたセバスチャンは、
つい最近、シャーロック・ホームズが実父であることを知らされ、
再会した父から探偵術などを教えられ始めたばかりだった。
 そのセバスチャンに海軍大臣、チャーチルは、アメリカのドイツ支援の実業家達を
捜査する任務を依頼する。ただし、政府からの援助はなしとのこと。
 シャーロックもマイクロフトも危惧しながらも、彼の能力を信じ、送り出す。
 青年実業家を装い単身アメリカへ潜入した彼は、米国の鉄鋼王や銀行家、
ロシアの皇子に接触、さらにはドイツ大使館でのレセプションに潜入を果たす。
 そして、謎の積荷が英国を経由してドイツへと運ばれる、という極秘情報を手に入れ、
それを阻止しようとする。

 シャーロック・ホームズがライヘンバッハの滝で大怪我を追い、
それを看護した看護婦・マティルデと結婚し、息子が出来たものの、
妻の死にショックを受け、息子をマイクロフトに預けて放浪の旅に出た
という設定はなかなか面白かった。
 特にシャーロック・ホームズが老いぼれているフリで敵を欺きながら、
ロンドンで息子を援護する活動をして、
ワトソンやハドソン夫人などが手伝うなど、
ドイルのホームズらしさもあるのが楽しかった。
 何よりも、有名な父を超えたいという葛藤を抱いていたセバスチャンが、
自分の未熟さを知りつつ、任務を遂行していき、
父、シャーロックも息子を遠ざけていたことに後悔を感じ、
当初は息子が引き受けた任務に対して不安を抱いていたものの、
次第にその手腕を認めて擁護していくという展開も良く出来ていると思った。

 ただし、セバスチャンが探偵術などをあまり仕込まれていないのに、
チャーチルの個人的な秘密の任務とはいえ、スパイ活動をするという設定や、
政府の援助や保証も無いのに引き受けてしまうというのは、
少々無理があるような気がしないでもない。
 また、オーストリアのプリンセス・アンナとのラブロマンスが絡むのも、
スパイものの定石風な結末を先に察してしまって、あまり良いとは思えなかった。
 さらにいえば、ウィンチェスター・カレッジの学生用語「ノーション」を
暗号にするというのは興味深かったのだが、私は英語に詳しくないので、
あまり良く判らないままになったのが、残念である。


シャーロック・ホームズの息子(上)シャーロック・ホームズの息子(下)


テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  20:20 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2006.03.12 (Sun)

『絆』

[著者]小池真理子 他
[出版社]角川書店 カドカワノベルズ
[初版発行]平成8年8月25日

[感想等]
 『生きがい』(小池真理子)『ナイトダイビング』(鈴木光司)『小羊』(篠田節子)
『白い過去』(坂東真砂子)『兆』(小林泰三)『Gene』(瀬名秀明)の6篇を収録する、
ホラー短編集。
 
 どの作品もそれぞれ怖さのある設定が面白く感じられたが、
他人のための一生を生きる「神の子」の少女の知った真実を描くSF風の『小羊』、
昔の恋人の声の入った留守番電話から意外な過去の事実を知り、
夫への幻滅や不満に気付いていく女性の心理と行動が怖い『白い過去』、
悪魔のDNAを調べるPCゲームを楽しむ女子学生の姿を描いた『Gene』が心に残った。


『絆』(amazon.co.jp)

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  15:39 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2006.03.12 (Sun)

『疑惑のサンクチュアリ』(上・下) (BlogPet)

そういえば、bookrackが
ミステリとしては、設定な病院の謎や妹の拘束などが気を持たせ、FBIに協力して病院に潜り込んだりするなどの行動も面白い設定で妹の救出や、病院の謎や黒幕の解明まで、充分に楽しめた。
って言ってたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「星影丸」が書きました。
EDIT  |  09:33 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(1) | Top↑
2006.03.11 (Sat)

『稀覯人(コレクター)の不思議』

[著者]二階堂黎人
[出版社]光文社 カッパノベルス
[初版発行]2005年4月25日

[感想等]
 水乃サトル・シリーズの大学生編。
 手塚治虫愛好会の会長・星城明人(せいじょうあきと)が
密室状態の自宅の離れの中で自殺に見せかけられて殺される。
 彼のコレクションの手塚マンガの古書などが盗まれていて、
愛好会のメンバー達が疑われ、メンバーの水乃サトルが
事件の謎を解くことになる。

 密室の謎や犯人像はそれほど意外ではないミステリだったものの、
私はマニアとまではいかないが、手塚治虫が好きで、
彼のマンガだけでなく、手塚治虫に関する作品も読んでいるからか、
手塚治虫や稀覯本に関する薀蓄部分も面白く感じたし、
未刊の作品が出てきたり、『白雪姫』という作品があれば良いのに
こんな愛好家の会に加われたら楽しいだろう等と思って
ミステリ以外の部分で充分に面白く感じた。

 1986年に設定されているので、手塚治虫も生きているし、
当時のマニア達の交流や古書探しの様子の描写などから
時代の雰囲気や懐かしさなども感じることが出来る作品でもある。
 その時代を知る手塚治虫のファンやマンガに関心のある人には
充分に読む価値はある作品ではないかと思う。


稀覯人の不思議

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  10:43 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2006.03.08 (Wed)

『疑惑のサンクチュアリ』(上・下)

[著者]アンドレア・ケイン
[訳者]藤田佳澄
[出版社]ソニー・マガジンズ ヴィレッジブックス
[初版発行]2004年4月20日

[感想等]
 弁護士・ヴィクトリアはセントラルパークでジョギング中に、
病院のガウンを着て苦しげに倒れる、イタリアに居るはずの
妹・オードリーを見つける。
 しかし、助けを呼びに行くうちに、妹は消えてしまい、
ヴィクトリアは母や妹のことなどで確執のある父をしぶしぶ訪問し、
協力を依頼しようとするが、父は失踪の事実さえ認めようとしない。
 その父の態度に不審を抱いたヴィクトリアは妹が言い残した
7桁の電話番号や父の通信記録からホープ・インスティテュートという
個人病院を付きとめるのだが、その病院も妹の入院を隠している。
 そんなヴィクトリアの前に、4年前に別れた、元恋人・ザカリーが現れ、
彼がFBIの依頼でその病院を調査していることを知らされる。
 その病院は、ヴィクトリアの父が顧問弁護士をしているらしく、
違法な麻薬取引をFBIは疑っているらしいのだ。

 ミステリとしては、不審な病院の謎や妹の拘束などが気を持たせ、
FBIに協力して病院に潜り込んだりするなどの行動も面白い設定で
妹の救出や、病院の謎や黒幕の解明まで、充分に楽しめた。
 主人公やその身内や元恋人、仕事仲間などの身近な人物だけでなく、
叔父のアパートのドアマンと言った類の端役達まで、
人物設定が細かくされていて、実際に居そうな人物と感じられ、
なかなか良く出来ていたと思う。
 
 特に、有名な弁護事務所で地位のある父の影響下で働くことを拒み、
小さな弁護事務所を作り、弱者を助けるような弁護活動をしている
主人公の生き方には理想を追求する清々しいものを感じられた。
 が、そんな主人公が妹を救いたいがためとはいえ、
その信念を曲げて、父の事務所へフリーの弁護士として入りこみ、
あまりフェアではないやり方で、病院のことを探ろうとした点は、
失望を感じさせ、残念に思われた。


疑惑のサンクチュアリ(上)疑惑のサンクチュアリ(下)

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  21:47 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2006.03.05 (Sun)

『QED 鬼の城伝説』

[著者]高田崇史
[出版社]講談社 講談社ノベルス
[初版発行]2005年1月10日

[感想等]
 QEDシリーズの第9作目。
 岡山・吉備津神社の「鳴釜神事(なるかましんじ)」とは逆に
音が鳴ると凶で当主が死ぬと言う言い伝えのある釜を持つ、
総社(そうじゃ)市の鬼野辺(きのべ)家の釜が鳴り、
長男・健爾(けんじ)の生首が土蔵で発見されるという事件が起こっていた。
 その事件を取材する予定だった小松崎、棚旗奈々と妹・沙織は、
健爾の婚約者・妙見明日香の兄が殺害されたため、また事件に巻きこまれ、
遅れて来た桑原祟が事件の謎と桃太郎伝説の騙りを解く。

 このシリーズは実際の犯罪と歴史上の事柄を解明する面白さにあり、
私は歴史の部分の謎解きを特に楽しみにしている。
 しかし、充分にインパクトのある説だとは思うのだが、
残念ながら、今回の鬼神温羅(うら)や桃太郎伝説の解明の方は、
以前目にしたことがある説だったせいで、私にはあまり驚きが無かった。
 一方の実際の事件は、土蔵の密室殺人の謎解きに興味は持てたのだが、
密室の仕組みが判り難く思え、犯人の殺人や死体の首を切った動機が
釈然としない感じがし、あまり面白く感じられなかったのが残念である。

 何よりも、祟がなかなか登場せず、最後の方で現れたのには不満が残った。
 ただ、その分、歴史などの説明を祟ではなく沙織や地元の女性達がする点は
目新しく感じられたし、奈々がかなり祟を意識しているのが判り、
今後の2人の仲の進展に期待を持たせたという点は、良かったのかもしれない。


QED 鬼の城伝説


<My Blog関連記事>『QED~ventus~ 鎌倉の闇』

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  18:52 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(4) | Top↑
2006.03.05 (Sun)

『バイティング・ザ・サン』 (BlogPet) (BlogPet)

bookrackの、反逆した。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「星影丸」が書きました。
EDIT  |  09:43 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(1) | Top↑
2006.03.04 (Sat)

『双生児は囁(ささや)く』

[著者]横溝正史
[出版社]角川書店 角川文庫
[初版発行]平成17年5月25日

[感想等]
 檻の中に飾られた真珠の首飾り「人魚の涙」の番をしていた男が殺され、
首飾りを持ち去ったらしい女も奇妙な死を遂げてしまう。その謎を
双生児のタップダンサー・星野夏彦と冬彦が解く『双生児は囁く』など
7編を収録した文庫未収録短編集。

 表題作『双生児は囁く』は刺青のある謎の美女が現れたりして、
猟奇的雰囲気のある作者らしい作品なのだが、
ちょっとおどけた双生児のタップダンサーが探偵役というのが
意外で珍しさもあって面白く感じた。
 また、初期の投稿作品『汁粉屋の娘』や『三年(みとせ)の命』などは
ミステリというよりも奇談的で少々古臭い感じなのだが、悪くなかったし、
犯罪実話風に事件が解明される作品『空き家の怪死体』もなかなか面白かった。


双生児は囁く

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  10:07 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2006.03.01 (Wed)

『ゴールデン・サマー』

[著者]ダニエル・ネイサン
[訳者]谷口年史
[出版社]東京創元社
[初版発行]2004年8月30日

[感想等]
 1915年のアメリカ、ニューヨーク州の小さな町・エルマイラに住む
十歳の少年・ダニーのひと夏の出来事を描いた、
エラリー・クイーンの半身であるフレデリック・ダネイの半自伝的小説。
 
 シャーロック・ホームズの新刊本『恐怖の谷』の話や、
キャンプでの手旗信号競争での不明な信号を暗号解読風に解くエピソードなど、
さすが、ミステリの巨匠エラリー・クイーンの子供時代だと思わせるような、
ミステリ的な出来事の部分が特に面白く、夏休みの楽しさや冒険だけでなく、
様々なことへの子供らしい不安なども描かれているユーモラスな作品である。
 が、子供なのにお金儲けばかりに知恵をしぼっているように思われ、
少々、興ざめに感じられたのが残念である。


ゴールデン・サマー

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  21:11 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。