12月≪ 2008年01月 ≫02月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.01.27 (Sun)

『新帝都物語 維新国生み篇』

[著者]荒俣宏
[出版社]角川書店
[初版発行]平成19年6月30日

[感想等]
 幕末。陸奥国慧日寺にひっそりと隠されていた秘宝「瑠璃尺」が、
加藤重兵衛という不気味な旗本に奪われた。
 平田篤胤の娘・おちょうや 婿養子・平田銕胤らの平田学派の人々が、
その尺を取り戻すため東北へと行き、そこで出会った土方歳三らと、
日本を滅ぼし怨霊の王国を築こうとする加藤の野望を防ごうと奮闘する。

 「瑠璃尺」は平将門が三女の女蔵尼に持たせた物差であり、
新政府軍の乾退助(板垣退助)により接収され、その後加藤に奪われるのだが、
その物差が国の設立に大きく関わるものであるというのは興味を持てたが、
算術的な記述が多くて、理数系に弱い私には少々辛い話であった。

 が、土方歳三や榎本武揚らが立て籠もる五稜郭へ加藤の操る魔物が出没し、
戦うというエピソードなど良かったし、実際の維新史に関わる部分などは
なかなか面白かった。
 特に、良く判っていない土方の死を上手く取り入れている点など、
土方の人間像や巡る物語部分がとても興味深く感じられたので、
もう少し、土方の活躍を見たいような気がさせられたのは良かった。

 なお、『帝都幻談』(ていとげんだん)という著者の作品が
この作品の前の時代を扱い、遠山景元や平田篤胤と加藤重兵衛の戦いを
描いているらしいのだが、前作を読んだ方が、この作品の理解も
しやすいのかもしれない。


新帝都物語 維新国生み篇

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 歴史 荒俣宏

EDIT  |  09:53 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.01.26 (Sat)

『深追い』

[著者]横山秀夫
[出版社]新潮社 新潮文庫
[初版発行]平成19年5月1日

[感想等]
 交通事故現場に残されたポケットベルに、持ち主の夫が死んだ後も
メッセージを残し続ける妻がいて、その女性が昔付き合った女だったため、
交通課事故係の秋葉は職務を逸脱してしまい・・・という表題作『深追い』
他、『又聞き』『引き継ぎ』『訳あり』『締め出し』『仕返し』『人ごと』
の、三ツ鐘署に勤務する7人の警察官を主人公にした7編の短編集。

 それぞれ、異なる部署で働く警察官が、遭遇する事件などを通じて、
彼らの様々な苦労や悩みなどを、書き込んでいる短編ばかりで、
どれも真実味を感じ、重い後味の残る作品ばかりである。

 表題作も面白かったが、花好きの老人と警察官のエピソードを描いた
『人ごと』が、老人と娘達の確執や老人の死後の出来事を知る羽目になった、
警察官のやりきれなさを描きながらも、ラストに救いを少しは感じさせ、
心にしみる作品になっていて、良いと思った。


深追い

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 横山秀夫

EDIT  |  00:46 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.01.25 (Fri)

設定した(BlogPet)

きょうbookrackと、設定した。

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  08:20 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.01.20 (Sun)

『ウルチモ・トルッコ 犯人はあなただ !』

[著者]深水黎一郎
[出版社]講談社 講談社ノベルス
[初版発行]2007年4月5日

[感想等]
 新聞に連載小説を発表している「私」の元へ届いた手紙。
 それは「ミステリー界最後の不可能トリック『読者が犯人』を用いた
小説案を高値で買ってくれ。」という、香坂誠一と名乗る男からだった。
 彼が「命と引き換えにしてもこのトリックを小説にしたい。」と訴える、
そのトリックとはいったいどのようなものなのか・・・?

 『読者が犯人』というミステリが成立するのかという点に興味を抱き、
読み進めていったのだが、「私」が超能力の実験を見た様子や
香坂誠一の思い出の手記、「私」と友人・有馬との対話など、
様々な場面が交互に描かれ、いったいどういう方向に進むのかと、
煙にまかれた感じのまま読まされて、結果的には、少々がっかりした。

 というのは、肝心の『読者が犯人』という驚愕のトリックとやらは
明かされてみると、アンフェアではないのかという気分が残ってしまい、
凄いトリックを考え出したなと感動できなかったのだ。
 確かに、無関係そうな超能力の話なども、きちんとした伏線には
なっているし、そうだったのかと後で思う部分もきちんとあったし、
話としては、上手にまとまっている。
 が、この作品の『読者が犯人』は、詭弁的で空想的でしかなく、
現実的な殺人事件のトリックとは程遠いのではないのではと思った。
 
 なお、タイトルにある「ウルチモ・トルッコ」という言葉は、
「究極のトリック」という意味のイタリア語らしい。


ウルチモ・トルッコ 犯人はあなただ !


テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 深水黎一郎

EDIT  |  09:20 |  いまひとつだと思った本(☆2つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.01.19 (Sat)

『聖なる黒夜』(上・下)

[著者]柴田よしき
[出版社]角川書店 角川文庫
[初版発行]平成18年10月25日

[感想等]
 春日組大幹部の大幹部・韮崎誠一が殺された。容疑者の一人は
警視庁捜査一課の麻生龍太郎と過去に事件で関わったことのある、
山内練であった。気弱なインテリ青年だった練は、強姦未遂の罪で
服役した後、更生できずに死のうとしたところを韮崎に救われ、
彼の愛人となっていたのだった・・・。
 果たして、韮崎を殺したのは誰か?そして、その探求の中で、
思いがけなくも明らかになる、練の過去の事件での龍太郎の過ちとは?
 そして、龍太郎の過去・現在の愛の真実とは?

 暴力団絡みの殺人事件に取り組む警察の動向と、過去の練の物語が
変わる換わる現れて進んでいく形式に最初は戸惑ったのだが、
登場人物の魅力や意外な展開に、次第に話に引き込まれていった。

 韮崎誠一が殺されるに至った過去の彼の罪や、練の壮絶な過去、
犯人を暴く側の警察官達の様々な人間関係や仕事上の軋轢など、
暗い色調の物語が続くし、同性愛に関して免疫がない人には、
かなり辛い話かもしれない。
 が、麻生や練の葛藤や、明らかになっていく様々な事柄に、
真実味があり、重さがあるように私には感じられ、
ミステリとしてだけでなく、恋愛小説としても味わいが深く思えた。

 なお、この作品の登場人物、山内練や麻生龍太郎の登場する
著者の別作品があるそうなのだが、それらを知らなくても
充分楽しめる作品だし、知っている人にはもっと面白いのかもしれない。


聖なる黒夜(上)聖なる黒夜(下)

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 柴田よしき

EDIT  |  00:28 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.01.18 (Fri)

真相解明は追求した(BlogPet)

きのう、真相解明は追求した?

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  08:45 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.01.16 (Wed)

BlogPet星影丸の新5・7・5 No.9

 BlogPetの星影丸の5・7・5で凄いのがあったので、
紹介します。


 No.9
20080116.jpg

『この時代 殺害すれば 理論なり』

 
 殺伐な世の中を暗示しているような5・7・5。
 このブログの記事にミステリ小説の感想記事が多いので、
殺人とかの類の怖い言葉を覚えてしまう傾向が強いためですが、
可愛い顔のBlogPetに言われると、恐ろしい気がします。



BlogPet」は、株式会社ワークアットの登録商標です。
「ブログペット」「ぶろぐぺっと」は、商標です。
「BlogPet」に関する著作権および一切の知的財産権は
株式会社ワークアットに帰属します。

テーマ : つぶやき - ジャンル : 小説・文学

タグ : 5・7・5 BlogPet

EDIT  |  15:43 |  Blogpet星影丸の新5・7・5  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.01.13 (Sun)

『容疑者Xの献身』

[著者]東野圭吾
[出版社]文藝春秋
[初版発行]2005年8月30日

[感想等]
 石神は天才数学者だが、独身で高校教師をしている冴えない男である。
 彼はアパートの隣室に住む女性・靖子に密かに思いを寄せ、
彼女とその娘・美里が靖子の元夫・冨樫を部屋で殺害したのを知り、
その遺体の始末と、アリバイなどの偽装を指示するのだった。
 実は石神は探偵ガリレオこと物理学者・湯川の大学時代の友人であった。
 冨樫殺害事件を担当する刑事・草薙の話から、湯川は石神を思い出し、
事件の真相解明に関わることになるのだが・・・。

 最初に殺人事件があり、親子が犯人であることと、石神が彼女らを
手助けすることが説明されているので、興味は、単に草薙や湯川が
石神の偽装にどうして気が付くのかという点にある話なのかと思った。
 確かに、隠されている石神が靖子に好意を寄せていることに
湯川が些細なことから気が付き、石神の犯罪への加担を疑うのだが、
それだけではない、石神の意外な偽装や完璧な犯罪計画の凄さに
驚かされる展開となったのには、感心させられた。

 石神への湯川の思い、石神の靖子への思い、そして結末には、
数学と物理学のような完璧な数式や理論には収まらない、
人間の感情や愛情などの要素を感じさせられたのも良かったと思う。

 なお、TV化された『ガリレオ』シリーズが好評だったためか、
この作品は映画化されると聞いているが、どんな風になるのだろう。


容疑者Xの献身

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 東野圭吾

EDIT  |  14:23 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.01.12 (Sat)

『猫島ハウスの騒動』

[著者]若竹七海
[出版社]光文社 カッパ・ノベルス
[初版発行]2005年1月10日

[感想等]
 葉崎半島の先にある30人ほどの人間と100匹を超える猫が暮らす通称・猫島。
 夏休み中の民宿・猫島ハウスの娘・杉浦響子は民宿の手伝いに精を出していた。
 響子の同級生・菅野虎鉄が猫島の砂浜でナイフを突き立てられた猫のはく製を発見し、
その3日後には、マリンバイクで海の上を暴走中の男に人間が降ってきて衝突すると
いう珍事件が発生してしまう。男はどうやら、猫のはく製に関わりがあるようだが?
 さらには、島内で男の死体が見つかり、台風が到来し、大騒動に・・・。

 様々な事情を抱えている島の住人が登場し、殺人事件が起こってしまうという、
かなりシリアスな面のあるミステリになりそうな設定のストーリーなのだが、
事件を調べに来た刑事が猫アレルギーだったり、一癖も二癖もある登場人物ばかりで、
ドタバタという感じで物語が繰り広げられ、コメディタッチの作品になっている。
 猫好きでなくても猫嫌いでなければ、こんな島に住んでみたい気になるような、
島に住むさまざまな猫たちの描写も楽しく、ほのぼのと楽しめる作品である。

 ただし、ミステリとしては、犯人や被害者の設定など事件そのものが絵空事っぽく、
いまひとつという感じがした。
 また、何かありげな神社や昔の強盗事件の謎解きなどの伏線的な部分のオチは、
肩透かしを食った感じが残った。
 何より、ずっと気になって仕方なかった響子と虎鉄が仲違いした原因の
修学旅行中の出来事が判明しなかったのが、残念である。


猫島ハウスの騒動

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 若竹七海

EDIT  |  13:12 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.01.11 (Fri)

逃避(BlogPet)

きょうはbookrackと記憶しようかな。
bookrackは逃避してくれるかな。

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  08:18 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.01.09 (Wed)

BlogPet星影丸の新5・7・5 No.8

 BlogPetの星影丸の5・7・5を、今年初めて紹介します。
 (かなり久しぶりですね。)
 昨日つぶやいていたものです。


 No.8
20080108.jpg

『この様子 通用すると 日記かも』

 BlogPetの機能には「ひみつ日記」というのがあり、
「BlogPet」のロゴ下の右から2番目のノートみたいな画像を
クリックすると見ることが出来ます。
(興味があったら、このキャプチャ画像では見れないので、
ブログの星影丸のをクリックして見てください。)

 星影丸もこっそり毎日、日記の更新をしているようなので、
どんな様子が通用すると日記に書くつもりなのでしょうね?


BlogPet」は、株式会社ワークアットの登録商標です。
「ブログペット」「ぶろぐぺっと」は、商標です。
「BlogPet」に関する著作権および一切の知的財産権は
株式会社ワークアットに帰属します。

テーマ : つぶやき - ジャンル : 小説・文学

タグ : 5・7・5 BlogPet

EDIT  |  18:10 |  Blogpet星影丸の新5・7・5  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.01.06 (Sun)

『小袖日記』

[著者]柴田よしき
[出版社]文藝春秋
[初版発行]2007年4月25日

[感想等]
 不倫の愛に破れてしまい、自暴自棄になった「あたし」は落雷に遭い、
気が付くと平安時代の『源氏物語』を執筆中の香子さまの片腕の「小袖」
という女房になっていた。
 タイムスリップなのかパラレルワールドなのか良く判らないまま、
少し記憶とは違う感じの平安時代で「あたし」は「小袖」の脳の中に居て、
彼女の能力を使えるらしく、香子さまのために取材などをしていく。
 そして、記憶にあるのとは物語の元となったエピソードを通じ、
『源氏物語』に登場する女性達の本当の姿や愛の形を知ることに・・・。

 記憶にある『源氏物語』の「夕顔」「末摘花」「葵」「明石」「若紫」
とモデルになった女性達は少し違ってるという設定だけでなく、
現代の女性の視点で平安時代を見ている点が、良く出来ていると思った。
 例えば、髪が長くなかなか洗えない日常生活の不自由さや、
匂いなどの指摘など、文学上の雅な雰囲気の平安時代とは少し違う、
生活の様子が伝わってくるのが、とても良いと思った。

 そして、主人公にそのまま安穏と平安時代で幸せに暮らさせず、
同じように「若紫」のモデルとなった少女に入り込んでしまい、
元の世界へ戻りたいと願う「あたし」よりも年配の女性との出会い
を経て、帰ろうという気持ちを抱くことになり、現代へ戻る点なども
ほっとする終わり方である。

 ただし、少々気になったのは、紫式部の香子さまだけでなく、
『源氏物語』のモデル女性達が物語とは違い、爽やかで、
現代にも通用する強い女性達であり過ぎる点だろうか。
 今居る世界でなく、パラレルワールドかもしれないという
伏線は貼ってあったものの、違和感がなくもない。

 また、せっかく不倫に破れた女性を主人公にしているのだから、
多くの男性を通わせる平安の女性達が、現代の不倫に関して
どういう風に感じるか議論などをして欲しかった気もした。


小袖日記

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 柴田よしき

EDIT  |  01:09 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.01.05 (Sat)

『読み違え源氏物語』

[著者]清水義範
[出版社]文藝春秋
[初版発行]2005年1月10日

[感想等]
 『源氏物語』から8人の女性を選んで、原作の意図を生かしながら、
別の作品にした短編集。
 『夕顔殺人事件(夕顔)』『かの御方の日記(葵の上)』
『プライド(六条御息所)』『愛の魔窟(朧月夜)』
『ローズバット(末摘花)』『うぬぼれ老女(源典侍)』
『最も愚かで幸せな后の話(藤壺)』『ムラサキ(紫の上)』を収録。

 原作の夕顔の死を殺人事件として扱い、六条御息所が犯人という
一般的な解釈ではなく、夕顔は生きているという新説を言い出す
友人・千原章太郎と「私」の問答を描く、『夕顔殺人事件』が
一番面白く感じた。意外な一人二役などの解釈には驚かされた。

 もっと異色なのは、1950年代のアメリカに繰り広げられる、
ジョン(源氏)とキャシー(末摘花)のドラマ『ローズバット(末摘花)』。
 昔のアメリカの青春ドラマか恋愛映画ではないかと思うことが出来たら、
『源氏物語』を知らなくてもそれなりに楽しめるような感じがしたが、
ちょっと突飛すぎると感じるかもしれない。

 『かの御方の日記(葵の上)』『うぬぼれ老女(源典侍)』は、
女主人公の回想録風の、『源氏物語』を解釈したような物語だし、
『最も愚かで幸せな后の話(藤壺)』は大人の童話風で、
『プライド(六条御息所)』は現代の映画界の女優の話、
『愛の魔窟(朧月夜)』は現代の会社での勢力争い的な話になり、
平凡でいまひとつという感じがしたのが、残念である。


読み違え源氏物語


テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 清水義範

EDIT  |  15:42 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.01.04 (Fri)

協力された(BlogPet)

きょう星影丸は、協力された!
それできょうは、贈り物したかも。
だけど、犯人も貯金したかも。
それでムクとアメリカも造型するつもりだった。

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  08:22 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。