03月≪ 2008年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.04.27 (Sun)

『川に死体のある風景』

[著者]綾辻行人 有栖川有栖 歌野晶午 
   大倉 崇裕 佳多山大地 黒田研二
[出版社]東京創元社 創元クライム・クラブ
[初版発行]2006年5月30日

[感想等]
 6人の作家が「川と死体」をテーマに競作したミステリ・アンソロジー集。
 収録作品は『玉川上死』(歌野晶午)、『水底の連鎖』(黒田研二)、
『捜索者』(大倉崇裕)、『この世でいちばん珍しい水死人』(佳多山大地)、
『悪霊憑き』(綾辻行人)、『桜川のオフィーリア』(有栖川有栖)。

 雑誌に1号ずつ掲載されたテーマに競作した作品をまとめたもので、
同じテーマで作者によって様々な作品になっている点はもちろんだが、
作家のあとがきエッセイも収録されているので、作品の出来るまでの、
著者の工夫や苦労、意図したことなども楽しめる点が良い。

 どの作品もそれぞれ、なかなか面白い作品になっているが、
中では、「川と死体」をテーマの競作なのに、山での遭難を扱った
『捜索者』(大倉崇裕)は、沢が出てくるものの、テーマには
逸れている感じがしたが、読み応えのある話だと思えた。

 『悪霊憑き』(綾辻行人)はホラーっぽい設定の事件が実は、
過去の人間関係のドラマに因縁を持つ犯罪であったという点が
思わせぶりな文体と共に、面白く感じられた。

 また、川から3台もの車が引き上げられ、それぞれに死体があり、
その死の謎を推理する『水底の連鎖』(黒田研二)は設定などの
興味深さと意外な真実の判明に、なかなか楽しめたし、
玉川を流れる死体と思われた高校生が生きていたという、
人騒がせな事件から始まる『玉川上死』(歌野晶午)なども、
意外な結末に、驚かされたし、
コロンビアという珍しい場所でのエメラルドや麻薬や刑務所の
絡んだ作品『この世でいちばん珍しい水死人』(佳多山大地)も
一風変わっていて、面白かった。

 そして、桜の舞う川の少女の死体という悲しく幻想的な場面が題材の、
『桜川のオフィーリア』(有栖川有栖)は、若さゆえの過ちを描き、
直接、事件に関わらないが、作者の分身・有栖川有栖の大学時代や
シリーズ物の主役・江神二郎も登場する点などが、
著者のファンには嬉しい作品ではないだろうか。


川に死体のある風景


スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 綾辻行人 有栖川有栖 歌野晶午 大倉 崇裕 佳多山大地

EDIT  |  06:56 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.04.26 (Sat)

『京都祇園迷宮事件』

[著者]海月ルイ
[出版社]徳間書店 トクマ・ノベルズ
[初版発行]2005年1月10日

[感想等]
 東京からやってきて、京都・祇園のお茶屋「北尾」に住み込んでいる、
フリーライター・夏目潤子は祇園の記事を書きながら、祇園特有のしきたりに
驚いたり、戸惑う日々を送っている。
 ある日、「北尾」仕込みの見習い舞妓・美代鶴と潤子は
お座敷に向かおうする途中で、全身を刺されて死んでいる男を発見する。
 その男は前夜「北尾」の座敷で騒いでいた客の1人で、AVビデオ製作
会社の社長・下村だと判る。
 事件を調べ始めた潤子は彼と一緒だった男達が次々と殺され、
死体となって発見されていく事件に遭遇することに・・・・。

 事件の背景などかなり酷い話で、犯人や協力者に同情は覚える。
 が、京都の祇園という特殊な世界での犯行方法や犯行の隠匿などが、
まるでミステリドラマ風な非現実的な感を抱かせるストーリーであり、
犯人も共犯者も途中で察しが付いてしまった。
 また、ラストも余韻はあるが、いまひとつ、解決した感じが薄い。

 けれども、祇園のしきたりや舞妓になる少女や舞妓を支える人々の
描き方が良く、祇園の外の人間の潤子の視点で説明されるので、
あまり知らない私でも、祇園の事情が判りやすいし、
祇園の特殊な雰囲気を感じることが出来た点は、面白く感じられた。


京都祇園迷宮事件

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 海月ルイ

EDIT  |  00:05 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.04.25 (Fri)

売買した(BlogPet)

きょうは、事前も扱いしたかったの♪
でも、bookrackと、売買した。

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  07:30 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.04.20 (Sun)

『使命と魂のリミット』

[著者]東野圭吾
[出版社]新潮社
[初版発行]2006年12月5日

[感想等]
 心臓外科医を目指す研修医・氷室夕紀はかつて警察官の父の手術をした医師の
西園に指導を受けている。彼女は西園と母の交際を知っていて、彼の手術で
父が亡くなったことに疑問を抱いている。
 彼女の勤める病院に入院し手術を待つ患者の1人に、日本を代表する
アリマ自動車の会長・島原総一郎がいる。彼の会社は以前、欠陥車で
大きな被害を起こしていて、密かに彼を恨む青年・直井穣治は、
何らかの目的を持って病院の看護婦・真瀬望と交際をしている。
 穣治の病院への医療ミスを公表しろという脅迫状で動き出す警察官の中に、
夕紀の父の部下だった七尾の姿があった。
 七尾は医療ミスに対する脅迫に不審を感じ、島原総一郎の手術への妨害が
有るのではないかと思い付き、捜査方針に逆らい独自に捜査を始める。
 彼の推理は当たり、島原の手術を妨害する停電が起こる。危険な状態の中、
西園や夕紀ら手術スタッフ、病院スタッフの努力が続き、七尾は必死で
犯人を追い求めようとする・・・。

 最初から、犯人・穣治の行動が描かれているのだが、彼が何故、島原を
恨んでいるのか、彼が何を企んでいるのかが伏せられているので、
それが次第に明らかになっていく点が良く出来ている。
 また、それと平行して、研修医・夕紀が疑問に感じていた父の死に関して
次第に真実が明らかになっていくし、緊迫した手術が進行する中、
犯人を追い求める七尾の動きなどが描かれ、かなり場面転換もはげしく、
様々な思いを抱いた登場人物たちがそれぞれの使命を果たそうとする物語
としては、とても感動的で良く出来た物語である。

 ただし、ミステリとしてはあちこち、不満な点も多い。
 例えば、看護婦と交際していたり、事前の脅迫などの行動が計画的なのに、
停電を起こし手術を妨害するという復讐方法には無理があると気が付かない、
犯人・穣治の設定には無理がある気がしてならなかった。
 
 また、悪人めいた島原、父を殺したかもしれない医師・西園など、
警察から厄介者扱いされている七尾など、一癖も二癖もありそうな人物も、
犯人・穣治までも、全て善人過ぎて、少し物足りない。
 
 何より、事件の解決を犯人の善意に頼ってしまうように感じられ、
ミステリとしては少々、結末の意外さや面白みに欠くように思えたのが
残念である。


使命と魂のリミット


テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 東野圭吾

EDIT  |  07:44 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.04.19 (Sat)

『捜査官ケイト 過去からの挨拶』

[著者]ローリー・キング
[訳者]布施由紀子
[出版社]集英社 集英社文庫
[初版発行]2008年1月25日

[感想等]
 陸軍要塞跡で死んでいた被害者フィリップ・ギルバートの自宅を捜索する、
サンフランシスコ市警の捜査官ケイトは、シャーロック・ホームズの世界を
再現したような彼の部屋に驚く。
 被害者のフィリップは著名なシャーロック・ホームズの愛好研究家で、
様々なホームズに関わる品をオークションなどで入手したり、売買していて、
シャーロックのファンが当時の服装で集まり食事をするクラブの発起人だった。
 その彼は最近、コナン・ドイルの未発表作品を入手していたのだが、
その作中の人物は彼が死んでいた陸軍要塞跡で殺されていたのだ。
 彼はその作品のために愛好家仲間に殺されたのだろうか・・・?

 真相を追うケイトは、未発表作品を読むのだが、シゲルソンと名乗る
探偵がシスコで起こった殺人事件の真相を突き止めるという筋書きの話が
とても良く出来たホームズ・パスティーシュになっている。
 コナン・ドイルがアメリカを訪問していたという事実もあり、
本当にそんな作品が発見されたらと思わせる点などが何よりも良く、
その未発表原稿内で繰り広げられるシャーロック・ホームズの活躍ぶり
や現代のシャーロキアンの事情などはとても興味深かった。
 現代と過去の殺人事件の謎解きが楽しめ、盛り沢山な内容であるが、
飽きさせなくて、途中で犯人の察しは付くが、まずまずである。

 けれども、ケイトが同性愛者ということでだろうが、未発表原稿も
同性愛絡みの話だったし、ケイトのパートナーとの家庭事情などの話が
多かった点は、あまり好みではなかった。


捜査官ケイト 過去からの挨拶


テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ シャーロック・ホームズ ローリー・キング

EDIT  |  13:46 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.04.17 (Thu)

『シャーロック・ホームズ メアリ女王の個人秘書殺人事件』(BlogPet)

bookrackの「『シャーロック・ホームズ メアリ女王の個人秘書殺人事件』」のまねしてかいてみるね

[初版発行]1566年、楽しめたの作品である!
マイクロフトから依頼をするミステリを務める方だが殺人と判って惨殺されたメアリ女王滞在中の目前で、エリザベス女王の個人秘書・ドイルの読者に、違和感の真実を負った死体と噂さそうである♪
が無いと噂さそうで、興味深く感じられたメアリ女王の同じ宮殿で、上手く描かれたメアリ女王の一編だが、興味深く感じられたメアリ女王滞在中の捜査や設定でコナン・ダヴィッド・リッツィオ!!
私はホームズが全身に、殺人事件の仕事ぶりや活躍ぶりや活躍ぶりや設定である!
が、殺人事件のホームズはワトソンと共に、ホームズ物語のホームズとワトソンと共に、スコットランドの仕事ぶりは期待ハズレだったの個人秘書・ドイルの同じ宮殿で、300年後、スコットランドのだそうな出来事の仕事ぶりや活躍ぶりはワトソンと共に、スコットランドの一編だと言われたの読者には、殺人をシャーロキアン団体BSI(BakerStreetIrregulars)会員で2人の男が歴史的な事件の読者に感じられた死体となっても容易に感じられ、正統派の個人秘書・ダヴィッド・リッツィオ!

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  07:30 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.04.13 (Sun)

『シャーロック・ホームズ メアリ女王の個人秘書殺人事件』

[著者]ケイレブ・カー
[訳者]山川美千枝
[出版社]学習研究社
[初版発行]2006年12月12日

[感想等]
 1566年、スコットランドのホリルードハウス宮殿で殺された
メアリ女王の個人秘書・ダヴィッド・リッツィオ。
 彼は女王の目前で、全身を何十か所も刺されて惨殺されたのだが、
その死をなぞらえるように、300年後、エリザベス女王滞在中の
同じ宮殿で2人の男が全身に傷を負った死体となって発見された。
 マイクロフトから依頼を受け、ホームズはワトソンと共に、
殺人事件の調査に向かう。

 著者は米国シャーロキアン団体BSI(Baker Street Irregulars)
会員でコナン・ドイル著作権団体のアメリカ代表を務める方だそうで、
正統派のホームズ・パスティーシュという触れ込みの作品である。

 私はホームズが歴史的な事件の謎解きをするミステリを
期待していたのだが、その点は期待ハズレだった。
 幽霊が殺人を犯すはずが無いと判っている現代の読者には、
結末も犯人も容易に推測出来てしまう点も物足りない。

 が、幽霊による復讐殺人と噂されるような出来事の真実を暴く、
ホームズとワトソンの捜査や活躍ぶりはドイルのホームズ物語
の一編だと言われても、違和感の無さそうな物語展開や設定で、
上手く描かれているように感じられた。
 また、マイクロフトの仕事ぶりや立場をシャーロキアンらしく、
解釈して描いている点なども、興味深く感じられ、楽しめた。


シャーロック・ホームズ メアリ女王の個人秘書殺人事件


テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ シャーロック・ホームズ

EDIT  |  09:50 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.04.12 (Sat)

『心霊探偵八雲 SECRET FILES 絆』

[著者]神永学
[出版社]文芸社
[初版発行]2007年6月1日

[感想等]
 生まれつきの「赤い瞳」で死者の魂を見る大学生・斉藤八雲。
 小沢晴香が出会う前の八雲の中学時代の話を叔父・一心から
聞こうとしたところ、やって来た後藤刑事も関わりがあった
同級生が幽霊に取り付かれる事件を一心が語る『それぞれの願い』、
そして、その後すぐに、公園で起きた殺人事件の真相解明に
八雲に助けられた後藤刑事の視点で描く『亡霊の叫び -後藤編ー』
の2編の外伝を収録している。

 この作品は実は6作目の後に出版されているので、
私は6作目までは読んでいないので、読んで大丈夫だろうかと
思ったのだが、外伝としては1作目の前の時代の話なので、
充分楽しめた。

 晴香の知る八雲より、暗い中学生の八雲が、晴香に出会う前に
心を開いた中学の女教師・高岸明美とのエピソードが語られる
『それぞれの願い』がとても良かった。
 叔父の一心の懐の広さや人間性に感動したし、彼だけでなく、
明美という女性やその子・奈緒との中学時代の出会いが無かったら、
そして後藤と事件解決をすることが無かったら、晴香の知る
八雲がいなかっただろうなと思わせる展開が上手いと思った。

 ただ、明美という女性との別れはあまりにも悲しすぎ、
無ければ良かったのにと思わせる点が残念である。


心霊探偵八雲 SECRET FILES 絆


<My Blog関連記事>『心霊探偵 八雲3 闇の先にある光』

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 神永学

EDIT  |  00:20 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.04.10 (Thu)

『心霊探偵 八雲3 闇の先にある光』(BlogPet)

bookrackの「『心霊探偵 八雲3 闇の先にある光』」のまねしてかいてみるね

[出版社[出版社[初版発行]文芸社[著者]神永学[著者]生まれつきのか?等]生まれつきのかもしれないが絡み始め・?
両目の警察コンビはないことを当てていく、殺人だけが現れる♪
今回は少々、登場や、登場や、被害者の女性だけで死者の解決が重大犯罪であった八雲2魂を改めて考えさせられる悪意の「赤い瞳」でも気に光をつなぐもの』

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  07:19 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.04.06 (Sun)

『心霊探偵 八雲3 闇の先にある光』

[著者]神永学
[出版社]文芸社
[初版発行]2005年7月15日

[感想等]
 生まれつきの「赤い瞳」で死者の魂を見る大学生・斉藤八雲が、
探偵役として心霊がらみの事件を解決していく作品の第3作目。
 マンションより飛び降り自殺する女性の幽霊を調査し始めた
八雲と晴香の前に、両目の赤い謎の霊媒師が現れる。
 一方、後藤刑事と石井の警察コンビは過去のレイプ事件を
追っていて、やがて、2つの事件が絡み始め・・・。

 両目の赤い霊媒師の登場や、晴香が八雲の助手役を演じ始め、
登場人物は少々、変化(進化?)してきているものの、
過去の事件に光を当てていく、心霊探偵の面白さは健在である。
 今回はレイプ事件を巡り、被害者の女性だけでなく
被害者の恋人の男性など、被害者の周囲にまでに及ぼす
重い影響を感じさせられ、殺人だけが重大犯罪ではないことを
改めて考えさせられる話であった。

 ただし、八雲らに向けられる悪意の正体は彼の父なのか?
等の前作まででも気になっていた様々な点の解決が、
今作でもされなかったのは残念。シリーズ化で先に楽しみを
残すのは当然なのかもしれないが・・・。


心霊探偵 八雲3 闇の先にある光


<My Blog関連記事>『心霊探偵 八雲2 魂をつなぐもの』

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 神永学

EDIT  |  14:07 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.04.05 (Sat)

『心霊探偵 八雲2 魂をつなぐもの』

[著者]神永学
[出版社]文芸社
[初版発行]2005年3月15日

[感想等]
 『心霊探偵 八雲 赤い瞳は知っている』の続編。
 生まれつきの「赤い瞳」で死者の魂を見ることのできる大学生・
斉藤八雲はいつものように、後藤刑事に頼まれて、少女が殺され、
死体で発見されるという連続事件を調べることになる。
 そんな時、少女の幽霊が出るという川に女子大生・小沢晴香が
突き落とされてしまい・・・。

 前作は連作短編だったが、この作品は長編小説になっているが、
八雲、晴香、後藤刑事、石井刑事など、前作の登場人物たちの
皮肉を言い合うような親しさは健在である。
 この作品だけでも楽しめるとは思うが、出来れば、前作を読み、
八雲や晴香、後藤刑事たちの関係などを頭に入れていたほうが
より楽しめるだろう。

 今回は少女達の連続殺人事件という悲しい事件から、
犯人の怖さだけでなく、被害者が犯人になりうる怖さや
親子の情愛なども描き、なかなか読ませる作品である。
 「赤い瞳」で死者の魂を見ることが出来るという設定から来る
ホラー的な怖さが無くはないが、あまり怖さを感じず、
楽しめることが出来た点も、良かったと思う。


心霊探偵 八雲2 魂をつなぐもの


<My Blog関連記事>『心霊探偵 八雲 赤い瞳は知っている』

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 神永学

EDIT  |  11:37 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.04.01 (Tue)

予見したかも(BlogPet)

きょう星影丸は、予見したかもー。

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  08:03 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。