04月≪ 2008年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.05.31 (Sat)

『つるべ心中の怪 塙保己一推理帖』

[著者]中津文彦
[出版社]光文社 
[初版発行]2008年1月25日

[感想等]
 江戸時代の「群書類従(ぐんしょるいじゅう)」の編纂で有名な
塙保己一(はなわほきいち)が探偵役として周囲の人達に関わる事件や
謎を解く連作推理時代小説集の第3作目。
 『つるべ心中の怪』、『赤とんぼ北の空』、『夏の宵、砕け星』の
3作品を収録している。

 盲人である塙保己一が周囲の人々から得た情報を元にして、
不思議な事件の謎を説くという、『塙保己一推理帖』の第3弾であるが、
前2作を読まなくても、楽しめる作品になっている。

 この作品の時代は、妻・たせ子の死、愛人イヨの息子・熊三郎出産、
友人・大田南畝(蜀山人)の長崎行き、作業場・温古堂の移転など、
老年に近づいた保己一に、悲喜交々な出来事が起こった時代である。
 そして、表題作『つるべ心中の怪』で前妻の娘・登勢に
金十郎という婿を迎えるという喜ばしい出来事が起きたので、
金十郎が調査に動き回る展開が多くなったようにも感じられたが、
保己一の推理は相変わらず、鋭いと思った。

 特に良かったのは、やはり、表題作『つるべ心中の怪』である。
 病に伏して、宴に参加できない妻・たせ子の代わりに、
登勢と金十郎の婚儀の厨の采配を奮った札差の未亡人の女店主が
手代とつるべ心中した事件を巡る話である。
 何人も妻や愛人のいる保己一らしい、女心の理解から、
心中ではなく、殺人である疑いを持ち、周囲に調べさせる点や
つるべ心中という、あまり聞いたことの無かった心中方法などが
面白く感じられた。

 なお、つるべ心中とは、家の欄間に紐をかけて両端に輪を作り、
二人で同時に首を吊って果てる相対死にのことを称している。


つるべ心中の怪 塙保己一推理帖


<My Blog関連記事>『移り香の秘密 塙保己一推理帖』

  
スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 歴史 中津文彦

EDIT  |  11:06 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.05.31 (Sat)

星影丸は著者がほしいな(BlogPet)

星影丸は著者がほしいな。
著者ってどこにあるかな

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  07:14 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.05.25 (Sun)

『天国からの銃弾』

[著者]島田荘司
[出版社]光文社 光文社文庫
[初版発行]1995年10月20日

[感想等]
 富士を背景にソープランドの屋上に立つ自由の女神像に魅せられ、
写真を撮り続けていた平穏な隠居生活を送る男。
 ある日、彼は女神の眼が赤く光る瞬間があるのに気付き、
その話を息子に教えた。息子も興味を持ってくれたようだったが、
そのすぐ後に、ソープランドのビルの屋上で息子が死んでいるのが
発見されて・・・という表題作『天国からの銃弾』の他に、
『ドアX』『首都高速の亡霊』を収録した作品集。

 表題作『天国からの銃弾』は、話が意外な方向に行き過ぎた感じで、
自由の女神像の眼が赤く光るという謎解きの面白さが減じてしまい、
いまひとつに感じられたのが残念である。

 『ドアX』は幻想的な雰囲気の漂う、不思議な感じの話で、
過去の幻想の中に生きる女性が、ドアに関わる事件が起き、
現実に目覚めるという点が興味深く感じられた。

 『首都高速の亡霊』は、思いがけないことで人を殺した
と思った女性が、その死体を始末しようとする話で、
その右往左往する様子や感情の推移が面白く、
実際に殺人計画を実行した男の因果応報的なオチは
少々出来すぎだったものの、楽しめた。


天国からの銃弾


テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 島田荘司

EDIT  |  09:27 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.05.24 (Sat)

『清談 佛々堂先生』

[著者]服部真澄
[出版社]講談社 講談社文庫
[初版発行]2007年9月14日

[感想等]
 いつもブツブツ文句をいうから、笑った顔が仏のようだから、
「佛々(ぶつぶつ)堂先生」という、知る人ぞ知る美の達人である
平成の魯山人が芸術や美食を巡る難事を解決する短編集。
 収録作品は『八百比丘尼』、『雛辻占(ひなつじうら)』、
『遠あかり』、『寝釈迦』の4編。

 美術や美食などの薀蓄などが満載で、佛々堂先生により、
芸術などに迷ったり、無知であった登場人物たちが
物の真の価値の指南を受けるという趣の連作集である。

 佛々堂先生からの依頼で、次々に送られてくる椿を元に、
「八十八椿図屏風」の絵を描き、有名になった画家・関屋次郎の
行き詰まりまでも解決した佛々堂先生が、意外な真実を明かす、
巻頭作『八百比丘尼』が、佛々堂先生の紹介も兼ねていて、
とても面白く、すっかり引き込まれて読んでしまった。

 そして、残りの作品でも、軽装でワンボックスカーに乗り込み、
年齢不詳で関西弁の穏やかで偉そうでない「おっちゃん」風な、
佛々堂先生の巡らす様々な企てに、色々な人が導かれていき、
最期に、佛々堂先生の大仕掛けが判るのが、爽快である。

 また、彼を先生と呼ぶ、多くの協力者や有名人たち、
美術商の千恩堂などの脇の人達も、先生同様に楽しげだし、
結局は先生の企み通りに動かされる人達も馬鹿ではない。
 何よりも、洒落ていて洗練されている芸術の世界を覗いたような
気分を味わえたのが、なかなか楽しかった。


清談 佛々堂先生


テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 服部真澄

EDIT  |  00:04 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.05.23 (Fri)

作中を行動した(BlogPet)

きょうbookrackと、作中を行動した?

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  07:29 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.05.18 (Sun)

『奇術師の密室』

[著者]リチャード・マシスン
[訳者]本間有
[出版社]扶桑社 扶桑社ミステリー文庫
[初版発行]2006年7月30日

[感想等]
 話せず身動きも出来ずに車椅子に乗る老人は、脱出マジックに失敗した
元奇術師である。仕事の後を継いだ息子は、小道具満載の部屋も引継ぎ、
いつも彼をその部屋に置いてくれている。
 そしてある日、老人がいるその部屋で息子のマネージャー・ハリーと
息子の嫁・カサンドラ、カサンドラの弟・ブライアンが息子・マックスの
排除を画策し始め、やがて現れた息子と彼らの愛憎劇が繰り広げられ、
殺人事件へと発展してしまい、ついには保安官が呼ばれることに・・・。

 手品と殺人事件、人間関係の様々な駆け引きや騙しあいが、
狭い部屋の中で繰り広げられて、何度もどんでん返しや化かし合いがある
という、かなり目まぐるしい話なのだが、とても楽しめた。
 何よりも、最期のどんでん返しは、老人のその後である点が
後味が悪くない作品であった。

 さらに言えば、舞台や映像で見たくなるような作品でもある。
 特に、手品の場面などは、説明でも判るのだが、実際の動作で
見てみたくなってしまった。


奇術師の密室


テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ リチャード・マシスン

EDIT  |  10:40 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.05.17 (Sat)

『法廷戦術』

[著者]姉小路祐
[出版社]実業之日本社 ジョイ・ノベルス
[初版発行]2002年11月25日

[感想等]
 法廷などを舞台に、法曹人や一般市民が様々な戦術を使う
司法や法律での戦いを描いた短編ミステリ作品集。
 収録作品は『審判は終わっていない』、『隠された法廷戦術』、
『臨終結婚』、『完全有罪』、『白と黒の殺人』、『閑古鳥のたくらみ』。

 法廷の争いの中での不審な判決に疑問を感じることも、
法を上手く掻い潜るような犯罪が行われる可能性も有りうる。
 法律に関わる職業の人々も、個人としての生活を抱えているし、
犯罪を犯すことが無いともいえないのだ。
 けれども、どんな犯罪も結局は法の下で裁かれるのである。
 ・・・そんなことを感じさせられる作品集である。

 特に興味深かったのは、遺産目当ての息子たちが父親だけでなく、
過去の不正に関わった復讐にあうという内容の『臨終結婚』。
 法律への無知から、苦難にあった女性が、法律を駆使する復讐を
果たすというのが小気味よいと共に、怖さを感じさせられる話だった。

 また、少年事件を巡る温情的な判決と思われそうな判決の裏に、
裁判官への脅迫が隠れていた『審判は終わっていない』などや、
ミスジャッジの問題を扱った『白と黒の殺人』などは、
現代の裁判制度の問題点を感じさせられた作品で謎解きも良く、
女の怖さを感じさせられる『閑古鳥(かっこう)のたくらみ』
も、意外な真実がなかなか面白かった。


法廷戦術


テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 姉小路祐

EDIT  |  16:44 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.05.16 (Fri)

脅迫するはずだった(BlogPet)

きょう星影丸が察知するはずだったの。
でも、きのう、脅迫するはずだった。
だけど、きのう星影丸が、と話しなかったー。

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  07:32 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.05.11 (Sun)

『光る鶴 吉敷竹史シリーズ16』

[著者]島田荘司
[出版社]光文社 光文社文庫
[初版発行]2006年9月20日

[感想等]
 2002年11月刊の『吉敷竹史の肖像』(カッパ・ノベルス)より、
『光る鶴』と『吉敷竹史、十八歳の肖像』を再録し、書き下ろし作品の
『電車最中』を加えた作品集。

 表題作『光る鶴』は、捜査一課の吉敷竹史が、罪を犯したが更生した
藤波という男の葬儀で九州・久留米市へ行き、藤波の知り合いの青年から
義父・昭島義明の事件の再審への協力を頼まれる。「昭島事件」は
26年前、3人の女性を殺害された事件で、昭島義明が加害者として、
死刑判決が下っていた。冤罪を主張する青年と藤波への情から、
事件を見直す吉敷竹史が、見つけた証拠と、事件の真実とは?

 冤罪で捕まっているらしい男・昭島義明は自分の無罪を主張しない
という点が、なかなか興味深い設定である。
 当然、誰かを庇っていることや庇っている相手も、
すぐに察しが付いてしまうのが欠点ではあるのだが、
偏見と時間の壁に阻まれつつ、「光る鶴」という証拠から、
犯人ではない事実を見つけ出す過程が、面白く出来ていると感じた。

 だが、この作品は、実際の事件「秋好英明事件」を元にしていて、
冤罪を晴らせた話にしたという解説を読み、興ざめしてしまった。
 「光る鶴」は作者の創造だそうで、それが印象的なのが救いだが。

 後の2編では、吉敷はあまり登場せず、大きなトリックも無いのだが、
留井十兵衛刑事という主人公のキャラクターと、地味な捜査が実るという
実際にありそうな話の『電車最中』がなかなか良かった。


光る鶴 吉敷竹史シリーズ16


テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 島田荘司

EDIT  |  09:55 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.05.10 (Sat)

『元禄一刀流 池波正太郎初文庫化作品集』

[著者]池波正太郎
[編者]細谷正充
[出版社]双葉社 双葉文庫
[初版発行]2007年5月20日

[感想等]
 池波正太郎の初文庫化作品を7編を集めた短編集。
 表題作『元禄一刀流』は、江戸の一刀流・堀内道場の堀内源太左衛門が
自分の愛弟子達である、浅野内匠頭の家来・堀部安兵衛と奥田孫太夫と
吉良上野介の中小姓・清水一学の敵味方に分かれた彼らを思う「忠臣蔵外伝」。
 その他に『上泉伊勢守』、『幕末随一の剣客・男谷精一郎』、『兎の印篭』、
『賢君の苦渋』、『かたき討ち』、『奇人・子松源八』を収録。

 中でも一番面白かったのは、やはり『元禄一刀流』であろう。
 堀内源太左衛門は吉良上野介の側の清水一学が苦労して身を立たことを知り、
若く死んでいった彼を惜しむだけではなく、互いが仲が良かったことで、
もう一方の浅野の家来・奥田孫太夫の思いをも察することが出来る人物である。
 そして、奥田孫太夫らのあだ討ち本懐を喜ぶよりも、切腹したことを
悲しむという、人間らしい姿を見せる点が良く、心に残る作品になっている。

 その他の作品もなかなか面白い作品ばかりで楽しめたが、特に、
敵討ちから逃げる男が、追っ手の持ちものである兎の印篭に怯えるという
『兎の印篭』のユーモラスでもありペーソスを感じさせるオチが良かったし、
汚職事件の巻き添えになり、松江城下から追い出された人の良い武士を描いた
『奇人・子松源八』のほのぼのとした感じが気に入った。


元禄一刀流 池波正太郎初文庫化作品集

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 歴史 池波正太郎

EDIT  |  08:32 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.05.09 (Fri)

丸(BlogPet)

きのう星影丸が、napで苦労したかったの♪

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  07:43 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.05.04 (Sun)

『毒草師』

[著者]高田崇史
[出版社]幻冬舎
[初版発行]2007年4月25日

[感想等]
 QEDシリーズでお馴染みの毒草師・御名形史紋(みなかたしもん)が
探偵役として、東京の旧家・鬼田山家の密室で起こった不可解な失踪と
毒殺事件を解決する。
 鬼田山家では先々代当主・俊春が一つ目の子山羊を殺して以来、
「一つ目の鬼を見た」と言い残し、内側から鍵をかけて離れに閉じこもり、
そのまま姿を消してしまう事件が続いていた。
 そして、ついには長男・柊也が、自室で何者かに毒殺されてしまう。
 警察の捜査が行き詰ってしまったその事件の話を、隣人の西田から聞き、
御名形史紋(みなかたしもん)が『伊勢物語』になぞらえ、解決へと導く。

 QEDシリーズの不気味な毒草師・御名形史紋が登場するのだが、
多分、QEDシリーズを知らなくても、充分理解できる作品だと思う。
 その反面、シリーズの登場人物も活躍することを期待するような
QEDシリーズのファンには少々期待ハズレかもしれない。
 しかし、QEDシリーズ同様、実際の事件を暗示するような作品、
古典『伊勢物語』の解釈があるので、私は不満は感じなかった。
 そして、何よりも、主役の青年・西田の人の良いキャラクターに、
毒草師・御名形史紋も単に嫌味な奴ではない面を見せてくれるし、
まずまず楽しめた。

 が、離れを密室にしたり、複雑な家族関係が事件の鍵を握ったり、
やたら消息不明者が出たりといった、今時こんな事件が?とか、
主要な登場人物が他の人間に成りすますなどのアンフェアではないか
と思わせるミステリ設定は、いまひとつに感じられたのが惜しい。


毒草師


<My Blog関連記事>『QED~flumen~ 九段坂の春』

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 高田崇史

EDIT  |  08:57 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.05.03 (Sat)

『輪違屋糸里』(上・下)

[著者]浅田次郎
[出版社]文藝春秋 文春文庫
[初版発行]2007年3月10日

[感想等]
 土方歳三を慕う島原の置屋・輪違屋の芸妓・糸里は、
姉のような存在である音羽太夫を芹沢鴨に殺されていた。
 愛する土方のため、芹沢暗殺の企みに乗った糸里を中心に、
暗殺の場にいた平山五郎の恋人の吉栄、芹沢の愛人で菱屋の女房のお梅、
新選組を自宅に住まわせ世話してきた壬生村の八木家・前川家の
郷士の女房おまさとお勝、女たちから見た新選組を描いた作品。

 芹沢鴨の暗殺事件や新選組に対する作者の解釈や造形の巧みさを
感じさせる作品であった。

 タイトルにもなっている芸妓・糸里の造型には作者の創作の部分も
あるらしいのだが、この作品は、彼女だけではなくて、
芹沢鴨の暗殺事件へと至る新選組の人々の姿や様々な事件を、
周囲にいた女性達の視点を主として描いたものになっている。
 そのせいか、私には糸里よりも、芹沢の愛人・お梅、
八木家・前川家のおまさとお勝、平山五郎の恋人の吉栄などに
興味を感じさせられたし、色々思うことが多かった。

 中でも、特によく描かれていると思ったのは、
傾きかけた店を立て直そうと奮戦したお梅の菱屋の女房としての姿と
その結末の哀れさである。私が今まで抱いていた、男に翻弄された、
哀れな愛人のお梅の軽蔑的なイメージが一新させられた。

 また、今まであまり新選組の物語には出てこないような、
八木家・前川家の女房おまさとお勝の心情を描き、
新選組の男たちに対する心遣いや彼らの立場への深い洞察、
芹沢暗殺を察知しながらも気丈に振舞う姿などに、
女の鋭さ・強さや懐の深さなどを感じさせられた。

 そして、もう1人の芸妓・吉栄の糸里とは違った愛の結末や
その後の姿などの描き方も興味深かった。

 男達に関しても、あまり今までは描かれることの無かったような、
永倉新八が語る自らの話や新選組の人達の動向や人物像、
芹沢の武士派と近藤の百姓派の対立という内部抗争の解釈などに、
新しい視点を感じて、楽しめた。
 そのため、今までずっと悪としか思えなかった芹沢鴨よりも、
近藤・土方達の方が武士としてのし上がっていこうとあがいていて
醜悪にさえ感じられたのが、一味違う新選組の描き方だと思えた。


輪違屋糸里(上)輪違屋糸里(下)

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 歴史 浅田次郎

EDIT  |  00:03 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.05.02 (Fri)

『川に死体のある風景』(BlogPet)

bookrackの「『川に死体のある風景』」のまねしてかいてみるね

[著者]6人の人間関係のある話だ作品での出来るまでの人間関係の少女の主役・クラブ[感想等]6人』(黒田研二)も楽しめる点は『桜川のあとがきエッセイも登場する点などの出来るまでの舞う川のオフィーリア』(黒田研二[著者の判明に死体と意外な結末に因縁を扱った『桜川の過ちを扱ったミステリ・アンソロジー集。
また、作者のドラマに因縁を扱ったテーマの競作したミステリ・アンソロジー集。
雑誌に競作し、なかなか楽しめた作品の少女の車が引き上げられ、それぞれ、直接、『水底の謎を推理する『悪霊き』(大倉崇裕佳多山大地)などが「川と死体」を流れる死体が、作家が、過去のオフィーリア』(綾辻行人有栖川有の事件から3台も登場する点が実は、作品であったという珍しい水死人』(歌野晶午大倉崇裕佳多山大地黒田研二[初版発行]2006年5月30日[出版社創元クライム・有栖川有)、コロンビアという珍しい水死人』(有栖川有)、驚かされたミステリ・アンソロジー集。
また、若さゆえの判明に競作な文体と共に、「川と死体」を描き、作家の遭難を扱ったテーマに因縁を扱った高校生が題材の大学時代や麻薬やシリーズ物の出来るまでのあとがきエッセイもそれぞれ、読み応えの判明に1号ずつ掲載さと思われて、山ではもちろんだが引き上げられ、過去の遭難をまとめたという珍しい水死人』(歌野晶午)、人騒がせな作品は、驚かされて、なかなか面白い作品もそれぞれには『捜索者』(佳多山大地黒田研二[出版社]6人の判明に死体があり、「川と死体」をまとめた高校生が生きていたミステリ・アンソロジー集?
雑誌になってくるものの、作品もそれぞれに死体と思えたがあり、驚かされた作品に競作な結末には逸れていていたミステリ・アンソロジー集。
『捜索者』(大倉崇裕)は『悪霊き』(綾辻行人)!
『玉川を描き、事件に死体が「川と死体」をテーマに死体があり、なかなか面白い作品『悪霊き』(大倉崇裕)♪
また、それぞれ、同じテーマに関わらないだろうか♪
『桜川の出来るまでのファンに競作したもので、著者の分身・クラブ[著者]東京創元クライム・江神二郎も楽しめる点などがし、コロンビアという珍しい水死人』(黒田研二)。
収録されている感じが実は、中では、著者]6人の遭難を流れる死体という点が出てくるものの、直接、事件から3台も一風変わっていて、読み応えの謎をテーマに競作した作品を持つ犯罪ではホラーっぽい設定などがしたが、読み応えの、その死の事件が思わせぶりな真実の絡んだが題材の分身・江神二郎も楽しめる点はないが思わせぶりな作品『水底の判明に死体が、コロンビアという珍しい場所では逸れてくるものの、桜のあとがきエッセイも一風変わっている点が出て、「川と死体」をテーマに、桜の少女の舞う川の工夫や麻薬や刑務所のオフィーリア』(佳多山大地)もそれぞれ、驚かされた!
『水底のある話だ作品に死体と思えたが実は、桜のドラマに1号ずつ掲載さゆえの出来るまでの作家の出来るまでの大学時代やシリーズ物のドラマに競作し、玉川を扱った。
そして、作者によって様々な作品を持つ犯罪では嬉しい作品を流れる死体という珍しい水死人の、同じテーマに死体が出ていたことなどの謎をまとめたという珍しい水死人の興味深さと意外な結末に競作な作品でいちばん珍しい場所であったことなどもの死体と思えた作品の謎を描き、驚かされたことなどもそれぞれに、面白く感じられたもので作者のエメラルドや麻薬や刑務所のドラマに1号ずつ掲載さゆえの舞う川から始まる『桜川の事件から3台も収録された作品でいちばん珍しい場所での少女の謎を持つ犯罪で作者のエメラルドや苦労、意図した作品は嬉しい作品も楽しめる点などが生きてくるものの、コロンビアという悲しく幻想的なのに、人騒がせな場面がし、驚かされたしたが出ている感じが「川と死体」を持つ犯罪での出来るまでのあとがきエッセイもそれぞれ、意図した♪
『玉川上死』(有栖川有の舞う川から始まる『桜川の絡んだが実は、沢が題材の謎をまとめたし、過去の出来るまでの絡んだと思われていている点などが思わせぶりな結末に競作なのに、その死のエメラルドやシリーズ物の人間関係のファンに因縁を流れる死体が出ているので、川から3台も一風変わっているがあり、コロンビアという点などの謎を描き、玉川上死のエメラルドや苦労、同じテーマの少女の大学時代や麻薬や苦労、驚かされていて、「川と死体」を推理する『玉川を扱った作品は、川から始まる『桜川の事件が出ている感じが「川と死体」を描き、作家が題材の過ちを扱ったミステリ・アンソロジー集!!

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  07:45 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。