07月≪ 2008年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.08.30 (Sat)

『なぜ絵版師(えはんし)に頼まなかったのか 明治異国助人(おたすけガイジン)奔(はし)る!』

[著者]北森鴻
[出版社]光文社
[初版発行]2008年5月25日

[感想等]
 文明開化の明治初期。松山から上京してきて、帝國大学医学教授の
エルウィン・フォン・ベルツ先生の給仕となった葛城冬馬(かつらぎ とうま)。
 日本びいきのベルツ先生の命令で、外国人に関わる事件などを、
友人の市川歌之丞(うたのじょう)と共に、調べて解き明かす羽目に・・・。
 表題作『なぜ絵版師(えはんし)に頼まなかったのか』他、有名ミステリの
タイトルをもじった『九枚目は多すぎる』『人形はなぜ生かされる』
『紅葉夢(こうようむ)』『執事たちの沈黙」を収録する連作短編集。

 明治初期に起きたちょっとした事件の謎解きを題材にしているのだが、
事件より、ベルツ先生など政府お抱え外国人や、文明開化期の様々な出来事の
描写や解釈などが興味深く、面白い作品集であった。
 特に、日本びいきのベルツ先生の日本や弟子・冬馬に注ぐ眼差しの優しさを
感じさせられる点にほっとする。
 何より、ミステリの名作をもじったタイトル同様、作品もユーモアがあり、
読みやすい作品ばかりであるのは良い。

 しかしながら、この作品の主役のはずの冬馬が優等生すぎて、
ベルツ先生や作品ごとに職業や名前を変える変な男・市川歌之丞に、
喰われてしまっている感じがしたのが、ちょっと残念に思った。


なぜ絵版師に頼まなかったのか 明治異国助人奔る!



スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 北森鴻

EDIT  |  08:50 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.08.26 (Tue)

人物強奪しなかったよ(BlogPet)

きょうは、捜査するつもりだった。
だけど、人物強奪しなかったよ。

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  08:15 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.08.23 (Sat)

『悲しみは早馬に乗って』

[著者]ドロシー・ギルマン
[訳者]柳沢由実子
[出版社]集英社 集英社文庫
[初版発行]2008年4月25日

[感想等]
 母親の葬式で、2人の兄弟が思い出したのは、父の死の悲しみを癒すために
母親に連れて行かれた旅での出来事という表題作『悲しみは早馬に乗って』など、
8篇を収めた短編集。

 父の保険金で世界旅行へ子連れで行ってしまう母親の思い切った大胆さや、
旅の途中、盗賊に身包み剥がれそうになった時の母親の台詞が、
いつまでも息子たちの心に残っているという『悲しみは早馬に乗って』が
とても興味深い作品だった。
 夫を亡くして、旅に出てしまうような母親が旅での体験の後、
平凡な未亡人として生きたという点が、とても不思議だが、
旅によって、彼女は悲しみを捨て、息子たちを守って生きようという
心を取り戻せたのだろう。
 何より、他の人には平凡な女性でも、息子たちには凄い母であった点が
微笑ましく、また、女性としては羨ましいかもしれない。

 また、遠くの町へ出ることを夢見ていた若い女性が、
よそから来た画家から、母やその町の良さを気付く
『夢見る人』は、とてもほっとさせられる作品であったし、
個人的には、ラストに意外な偉人だったことが判る青年の
若い日の恋の行方を見守り、助ける隣人の年配女性を描いた
『客間のジャイアンツ』が面白かった。
 
 その他の作品も、ストーカーに勇気を持って立ち向かうことが、
他の女性をも救うことになったという『ストーカー』や、
初恋の男性の軍隊入隊を見送る若い女性の成長を描いた
『ダイアルLはラブのL』などもとても良かったし、
どの作品でも、凛々しく清清しい女性登場人物が心に残り、
悲しい結末は無いような作品ばかりで、楽しめるのが嬉しかった。


悲しみは早馬に乗って

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ドロシー・ギルマン

EDIT  |  15:36 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.08.19 (Tue)

星影丸は著者がほしいな(BlogPet)

星影丸は著者がほしいな。
bookrackもほしいかな?

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  08:03 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.08.16 (Sat)

『心霊探偵 八雲5 つながる想い』

[著者]神永学
[出版社]文芸社
[初版発行]2006年3月15日

[感想等]
 「赤い瞳」の心霊探偵・八雲シリーズ第5弾。
 15年前にある屋敷で起きた一家惨殺事件の現場で撮影された
ビデオを見た「赤い瞳」で死者の魂を見る大学生・斉藤八雲が
行方不明になってしまう。
 一方、時効直前に逃亡中の容疑者が姿を現し、彼を追跡中に
後藤刑事までもが失踪してしまう。
 残された晴香と石井刑事が2人の行方を追うことに・・・。

 今回は、いつも八雲と後藤の補佐的な感じであまり活躍しない、
晴香と石井が中心となって、2人の行方や事件の謎を追うという
形になっていて、目新しく感じた。
 また、八雲の母の失踪などの謎が判ったり、シリーズとして
完結した部分も出てきたものの、まだまだ広がりや謎も残し、
八雲と晴香の関係も進歩してきているのも感じられたし、
今後にも期待させる点がなかなか良いと思った。


心霊探偵 八雲5 つながる想い


<My Blog関連記事>『心霊探偵 八雲4 守るべき想い』

  

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 神永学

EDIT  |  17:24 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.08.11 (Mon)

『プリズン・ストーリーズ』(BlogPet)

bookrackの「『プリズン・ストーリーズ』」のまねしてかいてみるね

[出版社]著者が偽証罪である♪
やはり、実際こんな事件が面白かったとしたら、ホテルにしてあるペットボトル入りのがあった♪
実際こんな事件が元に興味深かった実話が面白かったの実話を描いた実話が元にした!!
個人的に聞いた『この水は飲めません』。
個人的な印象で汚染されている短編を殺そうとして、小説よりも奇である♪
実際の飲料水を殺そうとして、実際の犯罪を12編収録したら、かなり怖いな印象で服役中に聞いた!
実際の実話があった『この水に置いておくという犯罪を元に聞いた?
個人的なというので、期待した犯人たちのは、期待しているらしい?
個人的に興味深かったのは、ロシアで汚染されている短編を殺そうとして、小説よりも奇である?
個人的に服役中に出会った。
やはり、実際に置いて読んだものの、それ程、それ程、ホテルに聞いた。

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  08:42 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.08.09 (Sat)

『プリズン・ストーリーズ』

[著者]ジェフリー・アーチャー
[訳者]永井淳
[出版社]新潮社 新潮文庫
[初版発行]平成20年6月1日

[感想等]
 著者が偽証罪で服役中に聞いた実話が元になっている短編を
12編収録している短編集。

 実際に服役中に出会った犯人たちの実話を元にしたというので、
期待して読んだものの、それ程、小説よりも奇ではないなというのが
全体的な印象である。
 やはり、実際の犯罪は痛快ではないらしい。

 個人的に興味深かったのは、ロシアで妻を殺そうとして、
ホテルに置いてあるペットボトル入りの飲料水を
病原で汚染されているらしい水道水にすり替えておくという
犯罪を描いた『この水は飲めません』。
 実際こんな事件があったとしたら、かなり怖いなと思わせる
結末が面白かった。


プリズン・ストーリーズ

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ ジェフリー・アーチャー

EDIT  |  11:19 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.08.04 (Mon)

『ゴッホは欺く』(上・下)(BlogPet)

bookrackの「『ゴッホは欺く』(上・下)」のまねしてかいてみるね

[訳者]新潮社新潮文庫[感想等]新潮社新潮文庫[出版社]ジェフリー・アーチャー[訳者]ジェフリー・アーチャー[出版社]新潮社新潮文庫[訳者]新潮社新潮文庫[出版社]永井淳[出版社]2001年のクランツにいたゴッホのアンナが9・フェンストンもアンナが9・ディレイニーもアンナがかなり良い役ではなかなかスリリングであるアンナ・ペトレスクは、彼がそのことを知ったゴッホを隠しながら逃げ回るアンナが深く関与したのだ?
一方、「耳を切った自画像」を守ろうと思い、切断した直後のように送る♪
そのことを隠しながら逃げ回るアンナが一番臨場感たっぷりで登場し、ヴィクトリアの英貴族ウェントワース家・フェンストンもアンナは?アンナはあくどいやり方で、フェンストンが持ち去った絵を追跡を隠しながら逃げ回るアンナが持ち去った!
果たして、実際に協力し、FBI捜査官・ディレイニーも物語の9・アラベラに遭遇した、ブダペスト、ヴィクトリアはないかの名作「耳を切った自画像」を追跡させる!
フェンストンはなかなか楽しめた賊に協力して落命し、間一髪ではあくどいやり方で登場した、殺し屋のクランツに入れるエピソードは、上手く出来過ぎていくストーリー展開は、切断し、面白かったの9・ナカムラが深く関与した♪

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  08:31 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.08.02 (Sat)

『ゴッホは欺く』(上・下)

[著者]ジェフリー・アーチャー
[訳者]永井淳
[出版社]新潮社 新潮文庫
[初版発行]平成19年2月1日

[感想等]
 2001年の9・11テロ前夜、破産寸前の英貴族ウェントワース家の
女主人・ヴィクトリアは、侵入した賊に首を切られて落命した。
 犯人は、切断した左耳を著名な美術品蒐集家・フェンストンに送る。
 フェンストンはあくどいやり方で、ヴィクトリアを破産に追い込み、
担保としていたゴッホの名作「耳を切った自画像」を強奪しようとしていたのだ。
 そのことを知った、フェンストン・ファイナンスの美術コンサルタントである
アンナ・ペトレスクは、ヴィクトリアの双子の妹・アラベラに協力して、
「耳を切った自画像」を守ろうとする。フェンストンは、アンナが持ち去った絵を
奪い取るために殺し屋のクランツに彼女をを追跡させる。
 一方、名画を巡る連続殺人にフェンストンが深く関与していると疑った
FBI捜査官・ディレイニーもアンナがその手先ではないかと思い、追跡を始める。
 果たして、絵の行方は?アンナは絵を守れるのか?

 ニューヨーク、ロンドン、ブダペスト、東京と世界を巡っていく
ストーリー展開はなかなかスリリングで、一気に読ませる出来である。
 しかし、殺し屋、FBI捜査官からゴッホを隠しながら逃げ回るアンナが、
詐欺まがいのやり方で、絵を手に入れるエピソードは今ひとつだし、
間一髪で逃れていくところなどは、上手く出来過ぎているし、
FBI捜査官はあまり鋭くないし、フェンストンも物語の悪人という感じ。
 
 が、フェンストンに解雇された直後のアンナが9・11テロに遭遇し、
ビルから必死で脱出するエピソードが一番臨場感たっぷりで、
実際にその場にいたかのように感じられ、面白かった。

 また、日本人の美術愛好家・ナカムラがかなり良い役で登場し、
彼が絡む場面はなかなか楽しめた。


『ゴッホは欺く』(上)『ゴッホは欺く』(下)

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ ジェフリー・アーチャー

EDIT  |  15:07 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。