10月≪ 2008年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.11.29 (Sat)

『パーフェクト・プラン』

[著者]柳原慧
[出版社]宝島社 宝島社文庫
[初版発行]2005年1月29日

[感想等]
 元歌舞伎町の女王だった小田桐良江は、容姿が衰え、
今では代理母として生計を立てている。
 かつて出産した息子・三輪俊成が虐待されているのを
知った良江は、誘拐してしまうのだが、
歌舞伎町のアングラカジノ店長・赤星サトルと、
キャバクラの元店長・田代幸司がそれを知り、
一緒に身代金は取らず、オンライントレード絡みの詐欺に
俊成の父・俊英をはめ、5億円をせしめる計画を立てる。

 身代金でなく、投資アドバイザーである子供の父親を使って、
オンラインの株価を操作し、儲けようとするという計画が
とても良く出来ていて、成功するかどうかと興味深かったし、
かなりスリリングに感じられた。

 その一方で、オンライントレードや整形美容、代理母などの、
いかにも現代的な背景を組み合わせ利用した点は、上手いのだが、
ちょっと苦い後味を感じさせられる部分が多かった。
 特に、代理母を頼むほど、子供を欲しがっていたはずの、
三輪夫妻の家庭の崩壊ぶりには、色々考えさせられたし、
三輪夫人の人格崩壊が進んでいく様子は痛々しすぎる。
 また、誘拐事件の仲間ではないのに、事件に気が付いて、
色々画策してしまう、引きこもりのハッカー青年の行動は
嫌な感じだったのだが、その末路は哀しすぎる気がした。


パーフェクト・プラン

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 柳原慧

EDIT  |  15:34 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2008.11.29 (Sat)

『毒草師 白蛇の洗礼』(BlogPet)

bookrackの「『毒草師 白蛇の洗礼』」のまねしてかいてみるね

[初版発行]高田崇史[感想等]高田崇史[出版社]高田崇史[出版社]2008年4月30日[初版発行]2008年4月30日[初版発行]高田崇史[感想等]高田崇史[初版発行]QEDシリーズの第2弾。
<MyBlog関連記事>『毒草師というストーリーに感じもないでも彼女の御名形史紋(みなかたしもん)が探偵役とする!
が探偵役と毒草師』

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  08:27 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.11.22 (Sat)

『毒草師 白蛇の洗礼』

[著者]高田崇史
[出版社]朝日新聞出版
[初版発行]2008年4月30日

[感想等]
 QEDシリーズでお馴染みの毒草師・御名形史紋(みなかたしもん)が
探偵役となる、毒草師シリーズの第2弾。
 濃茶の席で、裏千家教授、大澤信郎の次男・祐二が毒殺された事件を
調査する羽目になった編集者の西田は、容疑者とされる美女・神凪百合が
好きになってしまい、彼女の疑いを晴らすため、事件の謎を解こうとする。
 が、その後も彼女の周囲で毒殺事件が続発してしまい、
隣室に住む、自称“毒草師”の御名形史紋に相談を持ちかける。

 前作で登場した青年・西田の視点で、彼が関わった毒殺事件の謎を
御名形史紋が解き明かすというストーリーに、千利休キリシタン説が絡み、
今回もQEDシリーズのレギュラーメンバーは登場しない。

 毒殺事件の方は、人間関係も狭いので、自ずと犯人は見えてくるし、
それ程意外な展開は見せないように感じられた。
 しかし、千利休キリシタン説はなかなか興味深く、面白かった。
 ただし、千利休の名前の謎と毒草師というネーミングの謎を
絡める辺りは、ちょっとこじつけという感じもしないでもないと思った。


毒草師 白蛇の洗礼


<My Blog関連記事>『毒草師』

  

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 歴史 高田崇史

EDIT  |  18:00 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.11.22 (Sat)

活躍(BlogPet)

星影丸は、は由来すればよかった?
それで☆kakiは活躍するはずだったの。

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  08:29 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.11.15 (Sat)

『天使と悪魔』(上・中・下)(BlogPet)

bookrackの「『天使と悪魔』(上・中・下)」のまねしてかいてみるね

[著者]越前敏弥[著者]平成18年6月10日[出版社]平成18年6月10日[出版社]平成18年6月10日[訳者]角川書店角川文庫[初版発行]ハーヴァード大の対立という難しいテーマがあった秘密結社があった新エネルギーが解け、映像で楽しめるのローマ法王選挙会に刻印されて楽しめた男の死体に行った紋章だった♪
その研究所長から送られている場所の対立という難しいテーマが、地図は、あるいは、学問の伝説の紋章の無いローマンカトリック世界や興味が創設し、あるいは、失われてしまったり、スイスのありきた秘密結社「イルミナティ」の主役的にヴァチカンのヴィットリアと共に、あまりに簡単にヴァチカンに関心がある人や興味が・ブラウン[出版社]越前敏弥[初版発行]ハーヴァード大の教授で見たら色々見所満載で見たら色々見所満載で次々と感じる点も面白いの娘(養女)で見たら色々見所満載で次々と思った♪
その紋章のだがヒーロー物の地理にガリレオがすぐ手に関心が判り難く感じたことがいるものの、失われてきたりで、ラングドンがありかを知る。
もっとも、宗教と科学者たちのため、極秘に驚く!!

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  08:35 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.11.15 (Sat)

『天使と悪魔』(上・中・下)

[著者]ダン・ブラウン
[訳者]越前敏弥
[出版社]角川書店 角川文庫
[初版発行]平成18年6月10日

[感想等]
 ハーヴァード大の図像学者ラングドンは、スイスの科学研究所長から
送られてきたファックスの死体に刻印されていた紋章の写真に驚く。
 それは、失われた秘密結社「イルミナティ」の伝説の紋章だった。
 その紋章に関心があったラングドンは、その研究所「セルン」へ
向かい、極秘に開発された新エネルギーの紛失事件があり、
ヴァチカンでのローマ法王選挙会にそのエネルギーが持ち込まれた
ことを知る。
 そして、殺された男の娘(養女)で科学者のヴィットリアと共に、
エネルギーのありかを探し、誘拐された枢機卿たちを救うために
ヴァチカンへ向かうのだった。
 
 十七世紀にガリレオが創設した科学者たちの秘密結社が、
実在するのかはさておき、ローマ法王選挙会という舞台や、
あまり一般の日本人にはなじみの無いローマンカトリック世界や、
宗教と科学の対立という難しいテーマが展開するので、
かなりとっつきにくそうだと思ったのだが、
ラングドンが、相手役のヴィットリアに説明する形で、
知識は得られるし、短い時間で次々と手がかりを見つけ出す、
かなり軽快な展開のため、飽きずに読めて楽しめた。

 もっとも、敵となる人物の設定などはありきたりで、
途中で察しがついてしまうし、あまりに簡単に暗号が解け、
手がかりがすぐ手に入ってしまったり、学問の教授である、
ラングドンがヒーロー物の主役的に活躍してしまうなど、
都合良過ぎると感じる点も多い。

 また、地図は付いているものの、ヴァチカンの地理には
詳しくないので、彼らがいる場所の状況などが判り難く感じた。
 ヴァチカンに行ったことがある人や興味がある人には
細かい薀蓄も面白いのかもしれないし、あるいは、
映像で見たら色々見所満載で楽しめるのかもしれないが・・・。


天使と悪魔(上)天使と悪魔(中)天使と悪魔(下)

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 歴史 ダン・ブラウン

EDIT  |  00:07 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.11.08 (Sat)

引退(BlogPet)

きのう星影丸が、アリスらみたいな引退しなかった。

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  08:32 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.11.08 (Sat)

『震度0』

[著者]横山秀夫
[出版社]朝日新聞出版 朝日文庫
[初版発行]2008年4月30日

[感想等]
 阪神大震災の前日、700km離れたN県警本部の警務課長・不破義人が
姿を消してしまった。人望もあり、失踪する理由など無さそうな彼に
何があったのか?不破の捜索は本部長・椎野勝巳や、椎野と敵対する
キャリア組の冬木警務部長だけでなく、準キャリアの堀川警備部長、
叩き上げの藤巻刑事部長などの様々な野望や思惑、各々の体面により、
得られた情報を隠したり、出し抜き合いを図ったりしているうちに、
不破は発見できぬままに時間が流れて・・・。

 出動要請が無いからとはいえ、阪神大震災はそっちのけだし、
失踪したかどうかも判らない不破の安全などを気遣う以前に、
自分のキャリアなどの保身や、ライバルの蹴落としなどを図る、
警察幹部たちの姿に呆れさせられ、腹が立ってしかたなかった。
 
 警察に限らず様々な組織内で、幹部と呼ばれる人達が、
実際にこんな風に行動して欲しくないと思わせる物語としては、
良く出来ているのだろうが、幕切れまでもスカッしないような
点が、とても残念に思えた。

 しかしながら、様々な情報が錯綜し、不破の失踪の謎が
なかなか判明しないところが、とても良く出来ていて、
最後まで読まされてしまう作品である。
 

震度0


テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 横山秀夫

EDIT  |  00:12 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.11.03 (Mon)

『女王国の城』

[著者]有栖川有栖
[出版社]東京創元社 創元クライム・クラブ
[初版発行]2007年9月28日

[感想等]
 大学に顔を見せない部長・江神二郎は宗教団体の聖地・神倉へ
行ったらしい。
 彼を探しに行くアリスとマリアに、先輩の望月と織田も同行し、
4人は、レンタカーで木曽路を走り、神倉へ向かう。
 そして、ようやく江神に会えたものの、〈城〉と呼ばれる
宗教団体の総本部で起きた殺人事件に巻き込まれてしまったために、
アリスらは〈城〉から出られなくなり・・・。

 500ページもの長編なのだが、飽きずに楽しめる作品であった。
 宇宙人と遭遇した教祖の興した宗教団体・人類協会の〈城〉という、
あまりにも胡散臭い場所で起こる殺人事件が扱われた作品なのだが、
カメラに監視された場所での殺人であり、犯人だけでなくアリスらも、
〈城〉という閉鎖空間から出られずに、事件解決を図る点が、面白く、
次第に、その胡散臭さも面白みになっていく。
 例えば、その宗教でのタブーが足かせになったり、田舎の村プラス
宗教集団の閉鎖性なども絡んで、なかなか事件が解決しないのだが、
それが不自然ではなく、ついでに昔の迷宮入り事件の解決までして
しまうのも、とても良く出来ていると感じられたのだ。

 なお、この作品は学生時代のアリスが語り手になっていて、
江神二郎が活躍するシリーズの長編第4作目にあたる作品である。
 3作品全て、読んでいた方が人間関係なども良く判るのかも
しれないが、2作品しか読んでいない私だが、この作品だけでも
充分楽しめたので、未読でも楽しめるのではないかと思う。


女王国の城


テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 有栖川有栖

EDIT  |  16:23 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.11.01 (Sat)

『ぶらんでぃっしゅ?』(BlogPet)

bookrackの「『ぶらんでぃっしゅ?』」のまねしてかいてみるね

[出版社]幻冬舎[出版社]幻冬舎[初版発行]幻冬舎[初版発行]清涼院流水[出版社]「ぼく」は途中である。
生まれた時、ネタばれにした。
常盤ナイトが苦手なのかの誕生会の予感したい!
生まれたにこだわり、言葉遊びになり、判るラストがとても面白かったのか、最後まで読んで聞いた時、連続強盗殺人犯“ブラン・ディッシャー”でじゅん)や妻・常磐いつかになり、連続強盗殺人犯“ブラン・ディッシャー”でじゅん)、何な能力に見つめながら・・・常磐いつかにしげかいば)や小・!
ただし、自分で判ってしまってしまっていく。

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  08:22 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2008.11.01 (Sat)

『ぶらんでぃっしゅ?』

[著者]清涼院流水
[出版社]幻冬舎
[初版発行]2005年11月10日

[感想等]
 「ぼく」は気が付いた時、母のお腹の中にいる胎児だった。
 そして、生まれた「ぼく」は「常盤ナイト」という自分を
第三者的に見つめながら、言葉遊びと共に成長していく。
 「ぶらんでぃっしゅ」という、母のお腹で聞いた言葉にこだわり、
別れの予感を感じるという不思議な能力に目覚めながら・・・。
 
 生まれた赤ん坊を自分と認識したものの、自分では何も出来ず
自分はいったい、何なのだろうか、前世の記憶だろうか?と思う、
赤ん坊の意識や成長を描いた第一章がとても面白く、
「ぶらんでぃっしゅ」という謎の言葉も気になり、
最初から引き込まれてしまった。

 常盤ナイトが言葉遊びにこだわりながら成長していき、
小学校のクラスメートの今田善(いまだぜん)や
小・中の先輩の荒出純(あらいでじゅん)、
天才の谷茂海馬(たにしげかいば)など、
言葉に興味を感じる友人達との交わりを深めながら、
彼らの人生も変えていき、恋人・観月花音(みずきかのん)や
妻・常磐いつかに出会うドラマとしてもとても面白かった。
 
 ただし、ネタばれになってしまうが、
「ぶらんでぃっしゅ」という言葉の由来は、
連続強盗殺人犯“ブラン・ディッシャー”ではないかというのは
途中で判ってしまうので、
20歳の誕生会の「ぶらんでぃっしゅ」に関する言葉遊び大会は、
少々退屈でしつこく感じられてしまったのが、残念である。

 だが、「ぼく」が何故、客観的に「常盤ナイト」という
自分を見つめているのか、別れを予感したのは何故かというのが、
判るラストがなかなか凝っているので、言葉遊びが苦手な向きは、
言葉のトーナメント大会などの部分は軽く流してしまっても、
最後まで読んでみることをオススメしたい。


ぶらんでぃっしゅ?


テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 清涼院流水

EDIT  |  00:27 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。