02月≪ 2009年03月 ≫04月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2009.03.29 (Sun)

『火のみち』(上・下)

[著者]乃南アサ
[出版社]講談社 講談社文庫
[初版発行]2008年9月12日

[感想等]
 昭和8年、二十歳になったばかりの南部次郎は
妹・君子を守るため殺人を犯し、刑務所へ行くことになる。
 自己弁護もせずに刑務所に入り、怒りと憎しみの中、
陶芸との出会いが、彼の人生を変えていく。
 出所後、備前焼の陶芸家として、生き出した兄と、
女優として有名になっていた妹。
 過去ゆえに妹の傍から離れざるを得なかったものの、
陶芸家として認められ、パトロンも付いた次郎だったが、
中国宋代の青磁・汝窯に魅入られ、人生を狂わせてしまう。

 主人公・次郎は親を早く亡くすという不幸な境遇で、
妹を守るために人を殺してしまうという点には同情出来るが、
人を殺したことへの後悔や罪悪感のないことや、
その後の人生でも身勝手さを感じさせるような行動をする、
かなり共感しにくい、偏屈で独り善がりな人物である。

 それでも、かなり変化のあった昭和という時代に、
芸術という世界に一旦は不幸な境遇から救われた兄妹が、
そのまま幸せに過ごせない展開はかなり残酷に感じた。

 しかし、次郎が取り組む陶芸の世界や
女優となった妹の人生などはかなり面白く感じたし、
昭和史としても、なかなか興味深い作品である。


火のみち(上) 火のみち(下)

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 乃南アサ

EDIT  |  15:20 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.03.26 (Thu)

未見派遣しなかった(BlogPet)

星影丸は、未見派遣しなかった?

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  08:56 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.03.22 (Sun)

『さあ、気ちがいになりなさい』

[著者]フレドリック・ブラウン
[訳者]星新一
[出版社]早川書房 異色作家短編集2
[初版発行]2005年10月15日

[感想等]
 1962年に刊行されて、絶版になっていた短篇集の新装版。
 収録されている12編の作品は、少々設定は古いものの、
ブラックユーモアや意外なオチのあるSF的作品が多く、
なかなか面白く読める作品ばかりだった。
 翻訳が星新一のせいか、昔、愛読した、星新一のショート
ショートの世界を思い出させるような作品も多かった。

 表題作『さあ、気ちがいになりなさい』は、新聞記者の青年が、
精神病院の潜入取材をするため、精神病者を装うという作品。
 が、実は彼は、事故のため、記憶を喪失した過去があり、
自分が本当に、皆が言う青年であることに疑いを抱いている。
 彼は自分がナポレオンではないかと思っているというのが、
ありがちな精神病患者の妄想であるようであるのだが、
実は・・・という設定のSF的な部分が面白いのに、
唐突に終わるオチが、肩透かしをくらったような、
あっけに取られるような気分で終わる作品である。
  
 個人的には『帽子の手品』という、若者たちのパーティで、
あまり目立たない青年が見せた手品が、実は手品でなく・・・
という作品の、一昔前の恐怖SF風な感じが面白く感じられた。


さあ、気ちがいになりなさい

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ファンタジー SF フレドリック・ブラウン 星新一

EDIT  |  00:38 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.03.18 (Wed)

『墨攻』(BlogPet)

bookrackの「『墨攻』」のまねしてかいてみるね

[感想等]酒見賢一[初版発行]中国の大軍の精神の大軍の攻撃を助けるという大儀あるが小国を描いた。
数千の防衛になっていそうでも作られた出来事を描いた漫画や映画も良く、それらは「墨家」という宗教集団内でしまい、著者のために存在した漫画や映画も描かれていて面白く、人間関係や、皮肉な幕切れまで一気に読んでしまい、現実に派遣されていそうでしまい、革離があるがあるという大儀ある傭兵集団内で趙の大軍に存在した出来事を救援する、文献上でしまい、原作通りなら、現実にしたの攻撃を描く。
迫り来る敵・趙の対立が、爽快で趙の手勢で趙のためには未見で城を救援する教団の防衛に、意外な、原作通りなら、皮肉な、文献上ではと思わせるような部分などしか伝わって面白く、意外な部分もかなり面白い作品をしのぐ戦いぶりは、皮肉な部分なども作られんとする国々を感じさせる作品にあった漫画や、原作通りなら、現実には「墨家」という大儀あるという大儀あるという宗教集団内で、この作品を感じさせる作品に存在したのために対抗する国々を守ろうとの手勢で趙の俊英、原作通りなら、この作品を助けるという宗教集団に関してはと思わせるような部分などしか伝わって面白く、革離の精神の活躍をしのぐ戦いぶりは、この作品でしまい、小国を描く♪

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  08:00 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.03.15 (Sun)

『墨攻』

[著者]酒見賢一
[出版社]新潮社 新潮文庫
[初版発行]平成6年7月1日

[感想等]
 中国の戦国時代に存在した宗教集団・墨子教団。
 非攻の哲学を説き、侵略されんとする国々を救援する
教団の俊英、革離が小国・梁の防衛に派遣された。
 迫り来る敵・趙の軍勢は2万。数千の手勢で城を
守ろうとする、革離の活躍を描く。

 実際には「墨家」という宗教集団に関しては、
文献上では防御法などしか伝わっていないそうで、
著者の想像力による部分もかなりあるそうだが、
現実にあった出来事を描いたのではと思わせるような、
迫力を感じさせる作品である。

 何よりも、たった独りで趙の大軍に対抗する、
革離の奮闘振りや作戦がとても凝っていて面白く、
大軍の攻撃をしのぐ戦いぶりは、爽快である。
 「非攻」「兼愛」の精神の実現のために、
小国を助けるという大儀ある傭兵集団内でも、
人間関係や、路線の対立があるという、
皮肉な部分なども描かれているのも良く、
意外な幕切れまで一気に読んでしまい、楽しめた。

 なお、この作品を元にした漫画や映画も
作られているとのことで、それらは未見であるが、
原作通りなら、かなり面白い作品になっていそうである。


墨攻

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 歴史 酒見賢一

EDIT  |  00:02 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.03.10 (Tue)

『ふたりのシンデレラ』(BlogPet)

bookrackの「『ふたりのシンデレラ』」のまねしてかいてみるね

[初版発行]原書房ミステリー・・天野川夕華はありか?となる作品としての持つ島で記述から生じた。
それはあり、思わせぶりな行為や、夕華はないか?というの面白みは充分に起きた死体となる作品であったもので記述され、残念ではきちんと描かれた夕華はないか?という、看板女優・リーグ[著者]2002年9月2人の謎となる作品として、夏村芽衣は劇「ふたりのシンデレラ」を負い倒れて発見されてしまうので合宿中、夕華との真相のわたしが残って、夏村芽衣は、思わせぶりなの真相の真相のわたしが判るような行為や、敬介は記憶喪失にやけどを負い倒れている作品として、犯人の主演争いから生じた夕華はないか?との持つ島で記述から生じたもので、現実として、もちろん登場人物の持つ島で合宿中、残念である主演争いから始まる作品であり、顔に起きた。
もちろん登場人物の正体は、火災が危惧する中、現実として、火災事件が発生し、犯人のストーカー的な記述から何か事件が起こるの面白みはないか事件が判るような記述され、犯人の持つ島で、疑問が発生し、顔になった。

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  08:57 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.03.08 (Sun)

『ふたりのシンデレラ』

[著者]鯨統一郎
[出版社]原書房 ミステリー・リーグ
[初版発行]2002年9月2日

[感想等]
 劇団は劇「ふたりのシンデレラ」を演じるため、
スポンサーである医師の国友広史の持つ島で合宿中であった。
 その合宿中に起きたのが、看板女優・天野川夕華と
女優・夏村芽衣の争いであった。それは、夕華の夫である
主演男優の天野川敬介に対する、芽衣のストーカー的な行為や、
夕華との主演争いから生じたものであった。
 2人の争いから何か事件が起こるのではないかと
劇団内の人々が危惧する中、火災が発生し、夏村芽衣は
丸焦げになった死体となって発見され、顔にやけどを負い
倒れていた夕華は記憶喪失になり、敬介は行方不明に・・・。

「わたしはこの事件の証人です。
 同時に、犯人です。
 そして、犠牲者でもあります。
 それどころか、探偵役でもあります。
 加えて、ワトソン役も務めます。
 もちろん、記録者でもあります。
 さらに、濡れ衣を着せられる容疑者でもあります。
 最後に、共犯者でもあるのです。」
という、思わせぶりな記述から始まる作品で、
一人称で記述された手記の中の〝わたし〟が、
何者なのかというのが、火災事件の真相の中で
最大の謎となる作品である。

 その正体は、もちろん登場人物の1人なのだが、
こんなのはありか?と思わせる結末である。
 もちろん、犯人の正体が判るような伏線などは
きちんと描かれている作品になっていて、
ミステリ作品としての面白みは充分にある。
 が、現実として、こんなトリックがありえるのか?
という、疑問が残ってしまうのが難点であり、残念である。


ふたりのシンデレラ

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 鯨統一郎

EDIT  |  00:23 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.03.03 (Tue)

星影(BlogPet)

きょう星影丸は鑑定したかも。

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  07:53 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.03.01 (Sun)

『虚栄の肖像』

[著者]北森鴻
[出版社]文藝春秋
[初版発行]2008年9月30日

[感想等]
 花師と絵画修復師、2つの顔を持つ男・佐月恭壱(さつききょういち)
が主人公の絵画修復ミステリー連作集、第2弾。
 収録作品は表題作の他、『葡萄と乳房』、『秘画師遺聞』の3篇。

 前作『深淵のガランス』同様、佐月恭壱の依頼された仕事から、
絵画の鑑定や売買・偽作製造などの裏の事情や関わる人々の思惑、
絵画にまつわる意外な真実が見えてくるミステリ短編、3篇である。
 前作を読んでいなくても、充分に楽しめると思うが、
出来れば、前作を読んでから読むと、引き続き登場している、
佐月恭壱の周囲の人々との関係などや、彼の仕事も良く判るし、
彼の過去や昔の恋愛などが出てくる今回のシリーズが、
より面白く思えるのではないかと思う。

 表題作『虚栄の肖像』は肖像画の修復を、作者の別シリーズの
女主人公「冬狐堂(とうこどう)」・宇佐見陶子(うさみとうこ)
を思わせる(はっきり名前を書いていない)旗師に依頼され、
政治家の勢力争いに巻き込まれる事件で、肖像画の修復過程で
肖像画に隠されていたものがあったらしいものに気が付く点や、
修復の技法なども、なかなか面白く感じられた。

 『葡萄と乳房』、『秘画師遺聞』は佐月恭壱の昔の恋人、
恩師の娘である倉科由美子が関わる物語で、彼の過去の恋や、
修復師になる前の学生時代の姿などが判る点が面白い。
 ただ、『秘画師遺聞』の方は、あぶな絵が絡むので、
そういう描写が苦手な方には、お薦め出来ないのが残念である。


虚栄の肖像


<My Blog関連記事>『深淵のガランス』

  

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 小説 読書 北森鴻 ミステリ 感想

EDIT  |  00:48 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。