03月≪ 2009年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2009.04.25 (Sat)

『夜明けの街で』

[著者]東野圭吾
[出版社]角川書店
[初版発行]平成19年6月30日

[感想等]
 僕・渡部の働く会社に、派遣社員としてやってきた仲西秋葉。
 学生時代の友人たちとの飲み会の帰り道、たまたま行った
バッティングセンターで彼女に出会ったことから、意識しだし、
ついには不倫の関係になってしまう。
 が、彼女は15年前に起きた父の愛人が殺されたという、
もうすぐ時効を迎える事件の容疑者であった・・・。

 中年男性の不倫をテーマとした作品としては、
真に迫り、良く出来ているのかもしれないけれども、
秋葉が関わった殺人事件の謎説きとしては、
どんでん返しはあるが、それ程、凄い話ではないので、
ミステリを期待しては、少々、がっかりするかもしれない。

 しかし、不倫の話としても、相手の女性・秋葉の気持ちが
渡部を通じてしか伝わってこないのが不満に感じたし、
結局、私は最後まで渡部という男は好きになれなかった。

 不倫の関係に堕ちて恋に溺れた主人公・渡部が、
良く出来た妻と可愛い子供もいる家庭があること、
自分は絶対に浮気などは認めない、と思っていたと、
ぬけぬけと言う点が気に入らなかったし、
そのくせ、妻に隠れ、友人にアリバイまで頼んでまでも、
クリスマスなどのイベントに恋人に会おうと画策したり
し始めてしまうのには、かなり呆れてしまった。

 中年男性の焦りなどの気持ちは同情できなくもない。
 でも、妻や恋人の気持ちよりも、自分の楽しさ優先的な
身勝手な主人公を男性は許し、共感できるのだろうか?
 恋人が独身男性と接近したことで、彼女と結婚しようと、
妻の気持ちも考えず、いきなり離婚を考えるに至っては、
どちらに対しても酷いなとしか思えなかった。
 彼のような男は、夫としても恋人としても嫌である。



夜明けの街で


スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 東野圭吾

EDIT  |  14:39 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.04.23 (Thu)

『日本沈没 第二部』(上・下)(BlogPet)

bookrackの「『日本沈没 第二部』(上・下)」のまねしてかいてみるね

[出版社]国土を生んだりする点などもフィクションとして、入植し、入植し、地球の研究グループはないかという、生き残った点などもフィクションとして、かなりの日本政府の実用化にして、旧日本沈没』を結集し、済ませておかずに入植した各地で維持させる驚愕の国々の国々のプロジェクト、済ませておかずに、私が多かったの日本ので、阪神大震災等が前作『日本政府の環境予測する点などのように止めるべきな人工島を予測するとし、もっと心にはこの作品も、もしかするそのシミュレータのだが起こる前で、災害の研究グループは、済ませていて、パプアニューギニアや、それ以上に目を感じさせられていたの地球シミュレータはオーストラリアである、ストーリーは、もしかすると、私が起こる前で維持された日本沈没』を密かに目を読んだ時にし、世界をたどっていて、『日本ので維持さだけはオーストラリアでは、環境予測システムで軋轢を読んだが起こる前で、旧日本政府機能だけで維持されていてしまった各地で維持させるリアルな人工島をたどっていて、残されているように入植し、旧日本の技術を描いた日本政府の続きとして、阪神大震災等がなかった「列島沈没後」の大地震の技術を思い起こすことに止めるべきなの研究グループはないかという、もしかする点など世界情勢など世界を震撼させるリアルなのをたどってしまった日本人の事実を密かには日本人は日本人のプロジェクト、国土を建造してしまった・中国などや世界各地で軋轢を思い起こすことになるのその後だけで軋轢や中央アジアなどや世界を中心とし、ストーリーはオーストラリアでは、私が多かった「列島沈没後」の現実のを結集してしまった!
が多かった・・。
昔、私が起こる前ではオーストラリアで、とても感心しておかずに何度もの苦しみを失っているの国々の日本海上に、それでも政府機能だけは、真に迫ってしまった人々に、それでも政府機能だけはオーストラリアである、それでも政府のでなく、警告として、現実に進めて、旧日本沈没』を強いるの事実を思い起こすこと、思い起こさせる驚愕のを明らかにしていた全地球存続に広大なの問題はオーストラリアで軋轢や、環境予測する計画をたどってしまった・・・・・・♪
が多かった日本の研究グループはこの作品の高い技術力や苦難から始まる物語でなく、環境のだが起こる前で軋轢や世界各地で軋轢を感じさせられ、旧日本海上に、近現代の日本人はないかという、素晴らしいと、関わるもう1つの姿や経済力が起こる前で軋轢や苦難から始まる物語でなく、残された日本政府機能だけで軋轢や、済ませているような人工島を描いたので維持されているような人工島を密かには日本人のだが多かった点など世界各地にしていてしまった「列島沈没後」の発生や中央アジアなどもかなりの実用化に目を感じさせられ、国土を感じさせられ、警告として、かなりのだろうと思う。
昔、未来を密かには日本人の大地震の技術を建造した点が前作『日本沈没』の苦しみを失い、ストーリーはこの作品の悲惨された各地で軋轢や、25年後、入植しておかずに、未来を明らかに広大な人工島を向けよという、その後、とても感心しておかずになるの国々のプロジェクト、日本人たちのことが前作『日本沈没』を明らかに止めるべきな人工島を見せられ、入植して、現実の問題は日本人はオーストラリアではオーストラリアでなく、それでも政府機能だけはこの作品の地球存続に何度もフィクションとして、パプアニューギニアや、素晴らしいと、地球の苦しみを生んだりすると思う!
国土を震撼させるリアルな人工島を読んだがなかった・中国などのだが前作『日本海上に何度も、残された点などの復興する点などの技術を明らかに感じさせられ、災害の日本の苦しみを思い起こすことがなかった・。
そして、生き残った各地に入植し、思い起こさせる驚愕の発生や中央アジアなどのように関わるようになるの実用化などや苦難から始まる物語で維持された♪
中田首相をたどって、済ませていた日本政府機能だけは日本人たちの苦しみを感じさせられ、パプアニューギニアや被害を密かに、警告として、素晴らしいとした・中国などもフィクションとして、真に迫っておかずに関わるような、とても感心し、関わるもう1つのその後だけではこの作品もの軋轢や中央アジアなどもかなりの国々の続きとして、災害のだろうと、警告として、それでも政府の発生や被害を震撼させるリアルな道を中心としていていていた点が多かった点などの高い技術力や中央アジアなどの問題はないかという不安を向けよという不安を失い、地球の復興ものような描写は日本人たちの苦しみを震撼された人々に、その後だけで軋轢を失い、ストーリーはないかという、素晴らしいと、それでも政府機能だけは、素晴らしいと、警告として、関わるようにはないかという不安を感じさせられ、警告として、もしかすると、旧日本沈没』の悲惨されてしまった各地に止めるべきな道を思い起こすことが前作『日本海上に入植しておかずに感じさせられておかずに関わるような道をたどっているように止めるべきな人工島を予測する計画を読んだ時に感じさせられたのを震撼されて、まだ、恐ろしい話に何度もフィクションとして、かなり鋭く、私が前作『日本沈没』を震撼さだけはオーストラリアである、関わるもう1つの技術を失っていて、真に迫っておかずに止めるべきな、国土を思い起こすことが起こる前でなく、『日本沈没』の地球の日本人はこの作品もかなり鋭く、生き残った日本の事実を読んだ時にはこの作品の地球存続に進めておかずに、世界各地でなく、ストーリーはオーストラリアではないかという、切実感が起こる前で軋轢や経済力や世界を見せられ、国土復興するそのシミュレータはないかという不安を失い、私が起こる前では日本人のを失い、済ませているの姿や経済力や苦難から始まる物語では、日本人の環境予測する点が、入植しているようなの大地震の後のことが、世界情勢などや経済力が、かなりのを描いた人々に入植してしまった点がなかったの日本政府機能だけは日本人はこの作品のだろう。

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  08:39 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.04.19 (Sun)

『日本沈没 第二部』(上・下)

[著者]小松左京 谷甲州
[出版社]小学館 小学館文庫
[初版発行]2008年6月10日

[感想等]
 国土を失ってしまった「列島沈没後」の日本人は、25年後、
パプアニューギニアや中央アジアなど世界各地に入植していて、
それでも政府機能だけはオーストラリアで維持されていた。
 中田首相を中心とした日本政府の研究グループは、
旧日本海上に広大な人工島を建造し、国土復興する計画を
密かに進めていたのだが、関わるもう1つのプロジェクト、
日本人の技術を結集した全地球の環境予測システムである、
地球シミュレータの実用化に乗り出そうとしていた。
 しかし、未来を予測するそのシミュレータは、
世界を震撼させる驚愕の事実を明らかにした・・・。

 国土を失い、世界各地に入植した日本人たちの軋轢や
苦難から始まる物語である。
 前作『日本沈没』の続きとして、災害の悲惨さだけでなく、
残された人々に災害の後の復興もかなりの苦しみを強いるのを
描いた点が、素晴らしいと思う。
 が、それ以上に、生き残った日本人の高い技術力や経済力が、
入植した各地で軋轢を生んだりする点などや、
近現代の現実の日本の姿やアメリカ・中国などの国々の姿や
世界情勢なども、思い起こさせるリアルな描写は、
かなり鋭く、真に迫っているように感じさせられて、
とても感心した。

 そして、ストーリーは日本人のその後だけでなく、
地球存続に関わるような、恐ろしい話になるのだが、
もしかすると、現実の地球温暖化などの問題は
この作品のような道をたどっているのではないかという
不安を感じさせられた。

 昔、私が前作『日本沈没』を読んだ時には、まだ、
阪神大震災等が起こる前で、切実感がなかったのだが、
その後、現実に何度もの大地震の発生や被害を見せられ、
『日本沈没』を思い起こすことが多かった。
 この作品もフィクションとして、済ませておかずに、
環境のこと、地球のことに目を向けよという、警告として、
もっと心に止めるべきなのだろう。


『日本沈没 第二部』(上) 『日本沈没 第二部』(下)

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 SF 小松左京 谷甲州

EDIT  |  16:29 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.04.16 (Thu)

星影(BlogPet)

きょう星影丸は設定したかもー。

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  08:59 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.04.11 (Sat)

『不気味で素朴な囲われた世界』

[著者]西尾維新
[出版社]講談社
[初版発行]2007年10月10日

[感想等]
 クラスの中の友人はふや子さんこと、生徒会役員・
伽島不夜子(かしまふやこ)しか居ないような、
上総園(かずさえん)学園中等部1年の串中弔士
(くしなかちょうし)。
 彼には同じ学園に通う3年の姉、こぐ姉こと小串
(こぐし)がいる。
 小串は中等部3年の奇人三人衆のひとりで、
他の2人・ろり先輩こと童野黒理(どうのくろり)、
崖村牢弥(がけむらろうや)と3人だけのUFO研究会の
会長をやっている。
 その小串が学園内で殺害された!
 弔士は、音楽室の男装の奇人・2年生の病院坂迷路
(びょういんざかめいろ)と共に、犯人捜しの探偵ごっこ
を始めるのだが・・・。

 壊れた時計台の時計を使った殺人のトリックや、
意外な結末などもあり、ミステリとしては、
まあ面白い作品にはなっているのではないだろうか。

 ただし、かなり理屈っぽくヒネクレタ主人公をはじめ、
嘘つきだったり、言葉を弄ぶのが好きで、
珍名ばかりの登場人物達の延々と続く会話の応酬に、
途中でうんざりしないで読み進められれば、である。

 私は、言葉遊びの応酬には何とか我慢できたものの、
病的嘘つきや引きこもりのような生徒たちを奇人と呼ぶ、
他の生徒や先生の姿が見えてこなかったし、
奇人と言われることに当人たちはどう感じているのかが
伝わってこないことに、がっかりした。
 そして、彼らの狭い世界で起こる事件を終結するのが、
「探偵ごっこ」と称する行動であり、
人の死への痛みも、被害者が将来を絶たれたことへの、
哀れみや悲しみを強く感じさせない点などを含め
絵空事の遊びのようで、どうも好きになれなかった。
 これは、主人公・弔士のせいで、彼の悟ったような、
冷めたような傍観者的な感想や言葉によって、
事件が表現されているためなのだろうが・・・。

 が、何よりも、ネタばれになるので書けないのだが、
異常な真相が判る終わり方は、嫌な後味が残ったし、
出来ることならば、犯人の考え方、生き方を
殴ってでも正してやりたいような気分にさせられてしまい、
あまり、楽しめる作品ではなかった。


不気味で素朴な囲われた世界


テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 西尾維新

EDIT  |  21:54 |  いまひとつだと思った本(☆2つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.04.09 (Thu)

タイトル(BlogPet)

bookrackと、タイトルを出所しなかったよ。
でも、備前焼へ共感したかった。
でも、きのうbookrackと、派遣するはずだったみたい。

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  09:14 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.04.04 (Sat)

『海のある奈良に死す』

[著者]有栖川有栖
[出版社]角川書店 角川文庫
[初版発行]平成10年5月25日

[感想等]
 大阪から東京へやってきた推理作家・有栖川有栖。
 半年かかって書き上げた長編が見本になったのを見るために
出版社・珀友社へ出向いた彼は、同業者・赤星学と久々に再会し、
「行ってくる。『海のある奈良』へ。」と言い残した彼を、
見送ったのだった。
 が、翌日、赤星は福井の古都・小浜で、死体になって発見された。
 彼の死の謎を解こうと、友人・火村英生と共に調査を開始した
有栖川有栖が知った事実とは・・・。

 有栖が全く気が付いていなかった、赤星を巡る人間関係が、
彼の死から浮かび上がってくる、という構成などは、
わりと良くある展開ではあると思うのだが、良く出来ていて、
なかなか面白かった。
 ただ、タイトルにある「海のある奈良」の謎が、この作品の
最大の謎でない点が、ちょっともったいないような気もした。


海のある奈良に死す

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 有栖川有栖

EDIT  |  15:01 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.04.02 (Thu)

『火のみち』(上・下)(BlogPet)

bookrackの「『火のみち』(上・下)」のまねしてかいてみるね

[出版社]講談社文庫[感想等]昭和という時代に妹。
それでも、備前焼の陶芸と憎しみのあった次郎は親をする、陶芸と、偏屈で独り善がりな人物である?
それでも、刑務所への青磁・次郎だった次郎は親を感じさせるような境遇で独り善がりな境遇で、かなり共感し、人生でも身勝手さを得なかった次郎が取り組む陶芸となっていく。
それでも、パトロンも付いたものの、彼の人生などはかなり残酷になったものの、刑務所に一旦は妹・君子をする、芸術という時代に人を守るため殺人を殺していた昭和という世界に過ごせない展開は妹を守るため殺人を変えていく。

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  09:07 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。