07月≪ 2009年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2009.08.27 (Thu)

『降霊会殺人事件 名探偵ドジソン氏』(BlogPet)

bookrackの「『降霊会殺人事件 名探偵ドジソン氏』」のまねしてかいてみるね

[感想等の舞台は違う人々の現場を呼ぼうと異なる目新しい雰囲気やその家族などといった、肝心の未婚女性の霊会にやってきたドジソン氏シリーズの舞台は、元軍人や風俗的に帰りたいが検死したチャールズ・ドイルを呼ぼうとドリルはない設定だが彼の突然死の舞台は、肝心の問題、元船長の霊を受け、興味深い話に、当時の招待を他殺だが検死したルイス・ドイルの境遇や風俗的になるという港町なので、交霊会の元軍人や元軍人やその家族などといった、元船長の現場を目撃するはめになっている環境であり、ユーモラスであり、史実でなかなか面白い作品にも殺された事件の絡むいかがわしい雰囲気が楽しめる。
彼の元軍人やその家族などといった、前作で起きた。
が楽しめる。
<MyBlog関連記事>『マーベリー嬢失踪事件になるという港町なので、事件名探偵ドジソンと早く察せられた事件名探偵ドジソンとは違う人々の問題、霊媒役の女中頭・ドジソンと異なる目新しい雰囲気やその家族などといった、一晩だけ滞在する羽目に、前作としたの招待を目撃する羽目にも、ユーモラスでは違う人々の境遇や元軍人や結婚等]扶桑社ミステリー文庫[出版社]岡真知子[出版社]扶桑社ミステリー文庫[感想等の現場を目撃する予定だったルイス・エマの現場をする予定だったの霊会の霊会になった元軍人や風俗的になるという港町なので、歴史や風俗的にいる気が残念。
コナン・エマの絡むいかがわしい雰囲気が残念。
がしたチャールズ・?前作と証言したチャールズ・ドイルが残念。
コナン・?前作ではない設定だがした元軍人や元軍人や元船長の絡むいかがわしい雰囲気が楽しめる♪
<MyBlog関連記事>『マーベリー嬢失踪事件に、興味深い話にやってきた事件に巻き込まれている!!
今度の霊会の上流階級の第2作目。
が残念。
<MyBlog関連記事>『マーベリー嬢失踪事件名探偵ドジソン氏』

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
スポンサーサイト
EDIT  |  08:47 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.08.23 (Sun)

『降霊会殺人事件 名探偵ドジソン氏』

[著者]ロバータ・ロゴウ
[訳者]岡真知子
[出版社]扶桑社 扶桑社ミステリー文庫
[初版発行]2000年5月30日

[感想等]
 名探偵ドジソン氏シリーズの第2作目。
 コナン・ドイルを訪ねて、ポーツマスにやってきた
ルイス・キャロルことチャールズ・ドジソン氏は、
ドイルが検死した元船長・アークライトを他殺だと
証言した事件に巻き込まれてしまう。
 彼の娘たちが彼の霊を呼ぼうとした降霊会に、
同席するはめになったドジソンとドリルは、
霊媒役の元船長の女中頭・エマの突然死の現場を
目撃する。彼女も殺された・・・?

 前作で知り合ったコナン・ドイルの招待を受け、
一晩だけ滞在する予定だったチャールズ・ドジソン
が、思いかげず、殺人らしい不審死に巻き込まれ、
早くオックスフォードに帰りたいがために、
事件の謎解きをする羽目になるという、
史実ではない設定だが、前作同様、ユーモラスで
なかなか面白い作品になっている。

 今度の舞台は、ポーツマスという港町なので、
元軍人や元船長、漁師やその家族などといった、
かなり、前作とは違う人々の中にいる環境であり、
前作と異なる目新しい雰囲気が楽しめる。
 また、交霊会の絡むいかがわしい雰囲気や、
当時の上流階級の未婚女性の境遇や結婚等の問題、
イギリス以外で起きた過去の出来事が事件に絡み、
歴史や風俗的にも、興味深い話になっている気がした。

 が、肝心の犯人は、割と早く察せられたのが残念。


降霊会殺人事件 名探偵ドジソン氏


<My Blog関連記事>『マーベリー嬢失踪事件 名探偵ドジソン氏』

 

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 歴史 ロバータ・ロゴウ

EDIT  |  11:47 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.08.10 (Mon)

『マーベリー嬢失踪事件 名探偵ドジソン氏』(BlogPet)

bookrackの「『マーベリー嬢失踪事件 名探偵ドジソン氏』」のまねしてかいてみるね

[感想等]ロバータ・ロゴウ[出版社]1999年、ほっとさせられた?
まだ、ほっとされ、消えたコナン・ドジソンの駅でたまたま駅長室になってドジソン氏と出会っているように思えたコナン・ドジソンのはフェクションだそうで、噛み合わなかったりするなど、ドイル夫妻はフェクションだが、イギリスの駅である作品に助けられた少女のない年、ほっとさせていく、性格や当時の駅でたまたま駅長室に基づいた。
まだ、噛み合わなかったりすることに共通するミステリである。

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  08:55 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.08.08 (Sat)

『マーベリー嬢失踪事件 名探偵ドジソン氏』

[著者]ロバータ・ロゴウ
[訳者]岡真知子
[出版社]扶桑社 扶桑社ミステリー文庫
[初版発行]1999年8月30日

[感想等]
 1885年、イギリスの真夏の避暑地ブライトンの駅で、
高名な数学者チャールズ・ドジソン氏(ルイス・キャロル)は、
一緒にひと夏をすごすはずの国会議員の娘マーベリー嬢を
探していた。
 病人の介護でたまたま駅長室にいたコナン・ドイル夫妻は、
ドジソン氏と出会い、消えた少女を捜す手助けをすることに
なるのだった。

 まだ、シャーロック・ホームズ物を書く前の若き日の
コナン・ドイルがルイス・キャロルとしても知られる
チャールズ・ドジソンと出会っていたら・・・という
設定で、少女の誘拐事件を解決するミステリである。

 2人が出会っていたというのはフェクションだが、
避暑地ブライトンや当時のイギリス社会の様子などは
史実に基づいたものだそうで、かなり詳細で、
臨場感のある作品になっているように思えた。

 何より、性格や生活環境に共通するところのない
年の離れた2人なので、噛み合わなかったりして
ドジソンがかなり当惑したりするなど、
ユーモラスな部分もあったりするのも良い。

 ネタばれになってしまうが、異なる2人が、
ドイルの行動力に助けられがら、
ドジソンの子供と仲良くなれる特技(?)や、
数学的思考力が発揮され、次第に心を通わせて
子供を助け出す方向へ向かっていく、
という結末に、ほっとさせられた。



マーベリー嬢失踪事件 名探偵ドジソン氏



テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 歴史 ロバータ・ロゴウ

EDIT  |  13:47 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.08.03 (Mon)

混迷(BlogPet)

きのう、混迷したかったの♪

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  08:48 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。