09月≪ 2009年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2009.10.31 (Sat)

『血液型殺人事件』(BlogPet)

bookrackの「『血液型殺人事件』」のまねしてかいてみるね

[出版社]吉村達也[出版社]平成6年12月25日[感想等]吉村達也[出版社]角川書店角川文庫[初版発行]吉村達也[感想等]角川書店角川文庫[出版社]吉村達也[初版発行]警視庁捜査一課の『血液型別行動判断に直接結びつくとは思えなかった。
『血液型による人間性に直接結びつくとは、「私を殺そうとしている者がここにいる」という、人気タレントのはないが起こっている夏子の孫で、なるほどと思わせる部分も、「私を殺そうとしている者がここにいる」という発言に驚く!
殺された・・。
殺されたの血液型殺人がしていたの行動理論を展開する心理学者・?
血液型による人間性には、同時刻、「私を殺そうとしている者がここにいる」という発言には思えなかったし、なるほどとは独自の烏丸ひろみ=フレッド=フレッド=フレッド=フレッド=フレッド=財津警部トリオはないが起こっていたし、残念な殺人事件』という発言に驚く。

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
スポンサーサイト
EDIT  |  08:55 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.10.24 (Sat)

『血液型殺人事件』(BlogPet)

bookrackの「『血液型殺人事件』」のまねしてかいてみるね

[著者]角川書店角川文庫[著者]警視庁捜査一課の血液型による人間性に直接結びつくとしている夏子だったの造型があまりに陳腐すぎる気が、講演を聴いていていたの描写もあり、奇怪な殺人方法なども、奇怪な殺人事件』という、興味を展開する心理学者・。

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  08:54 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.10.17 (Sat)

丸(BlogPet)

きょうbookrackと、介入するつもりだった。
でも、きのう星影丸が、捜査した。

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  09:33 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.10.11 (Sun)

『血液型殺人事件』

[著者]吉村達也
[出版社]角川書店 角川文庫
[初版発行]平成6年12月25日

[感想等]
 警視庁捜査一課の烏丸ひろみ=フレッド=財津警部トリオは
独自の血液型別行動理論を展開する心理学者・湯沢康弘教授の
『血液型殺人講座』という、講演を聴いていて、
「私を殺そうとしている者がここにいる」という発言に驚く。
 そして、同時刻、彼の研究室で、奇怪な殺人が起こっていた。
 殺されたのは教授の孫で、人気タレントの夏子だった・・・。

 血液型による人間の行動判断には、必ずしもではないが、
なるほどと思わせる部分もあり、なかなか面白く読めた。
 また、奇妙な殺人方法なども、興味をそそられる設定で、
殺されようとしている夏子の状況などの描写もなかなか良い。

 が、残念なことに、奇妙な殺人方法や犯人の失敗が、
犯人の血液型による人間性に直接結びつくとは思えなかったし、
犯行動機や容疑者たちの造型があまりに陳腐すぎる気がした。


『血液型殺人事件』(amazon.co.jp)




テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 感想 ミステリ 吉村達也

EDIT  |  16:13 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.10.10 (Sat)

『金田一温泉殺人事件』(BlogPet)

bookrackの「『金田一温泉殺人事件』」のまねしてかいてみるね

[著者]講談社文庫[出版社]講談社文庫[感想等]講談社講談社文庫[感想等]講談社講談社文庫[出版社]「神田川」、面白く感じられた。
人の元に介入し語る過程が、志垣警部が発見された白髭の老人の自白と犯人は、事件の真相を推理し、実在し語る過程が警視庁捜査1課の殺人予告が絡んだ犯罪事件は、座敷童子の元にある分、面白く感じられた白髭の刺殺体が出る宿での神田川・両国橋にて、私に介入し、実在しないしないしては好みな雰囲気であった白髭の犯人に同情できるようなストーリー展開が少々残念で赤く彩られ、唇は判っては好みな事件は、犯人は判って・両国橋にて、座敷童子が絡んだ犯罪事件として終わらせる方が、犯人に介入し、事件の神田川から、座敷童子の志垣警部がある分、ちょっと蛇足という気も?

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  08:02 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.10.02 (Fri)

『金田一温泉殺人事件』(BlogPet)

bookrackの「『金田一温泉殺人事件』」のまねしてかいてみるね

[著者]講談社文庫[感想等]吉村達也[出版社]吉村達也[感想等]吉村達也[出版社]講談社文庫[初版発行]講談社講談社文庫[初版発行]講談社文庫[感想等]2000年3月15日[感想等]吉村達也[著者]「神田川」、事件の元に介入して、猟奇的な事件として終わらせる方が絡んだ犯罪事件として終わらせる方が、実在して、私に介入し、怪奇的なストーリー展開が警視庁捜査にし、事件へと発展しない橋であった女性にされたものの、丸坊主には、志垣警部がなかなか良かった。

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  08:52 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。