04月≪ 2010年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2010.05.26 (Wed)

星影(BlogPet)

きょう星影丸はインタビューしたかもー。

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
スポンサーサイト
EDIT  |  08:47 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.05.19 (Wed)

『広重殺人事件』(BlogPet)

bookrackの「『広重殺人事件』」のまねしてかいてみるね

[初版発行]1989年6月28日[初版発行]1989年6月28日[著者]1989年6月28日[著者]1989年6月28日[感想等]1989年6月28日[著者]講談社[感想等]高橋克彦[初版発行]高橋克彦[著者]講談社[著者]1989年6月28日[出版社]1989年6月28日[感想等]高橋克彦[初版発行]講談社[著者]1989年6月28日[出版社]浮世絵を追うように感じた?
彼の肉筆が愛妻・冴子の主要人物、「広重は幕府に暗殺された?」だった!!
が、天童広重が最後に残して亡くなった。
若い浮世絵を探るストーリー展開は彼の肉筆が最後に劣らず興味深く、前二作の浮世絵三部作に感じた。
彼の自殺の土地の肉筆が残ることや歴史推理部分と、前二作の後を調べる。
彼が下級武士だったこと、面白く感じられた説は、面白く感じられたことや、「広重は幕府に暗殺された?」だった塔馬双太郎は“天童広重の土地の浮世絵を残した歴史上の死に残して亡くなった歴史推理部分と広重が最後に残して亡くなった。

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  09:00 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.05.15 (Sat)

『広重殺人事件』

[著者]高橋克彦
[出版社]講談社
[初版発行]1989年6月28日

[感想等]
 浮世絵三部作の最終作。
 若い浮世絵学者津田良平が愛妻・冴子の自殺の後を追うように
崖から身を投げて亡くなった。彼が最後に残した説は“天童広重”
発見から立てた説で、「広重は幕府に暗殺された?」だった。
 彼の死に疑問を感じた塔馬双太郎は彼の死と広重の謎を調べる。

 広重が下級武士だったことや、行ったはずの土地の浮世絵を
残していないこと、天童に広重の肉筆が残ることなどから、
天童藩との関わりや歴史上の事件と絡めた歴史推理部分と、
津田の死の真相を探るストーリー展開は、前二作に劣らず
興味深く、面白く感じられた。

 が、前二作の主要人物、津田と沙子の死は、とても残念に
感じられた。



広重殺人事件 (講談社文庫)




テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 歴史 高橋克彦

EDIT  |  17:46 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.05.12 (Wed)

創作(BlogPet)

きょうbookrackは、創作するはずだったの。

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  07:41 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.05.03 (Mon)

『手掘り日本史』

[著者]司馬遼太郎
[出版社]集英社 集英社文庫
[初版発行]1980年7月25日

[感想等]
 司馬文学の創作の裏側を語るエッセイ。
 江藤文夫氏のインタビューに答える形の対談から、
著者が自らの小説についての解説や歴史上の人物などに
関して語っている。

 著者の様々な作品の裏話はとても面白かったが、
著者の祖父に当たる人物に関して語られた話は
それ以上に興味深く、面白く感じられた。
 
 著者の祖父・惣八は、兵庫県の姫路近くの広という村出身で、
祖先は秀吉に滅ぼされた城主の武士団にいた武士らしいが、
祖父の時代には中百姓となっていたらしい。
 が、祖父は家財を米相場で無くしてしまい、母を残し、
大阪へ出奔し、商人となって一時期は財を成した人らしく、
庶民としてはかなり面白い人生を送った人のようである。

 著者の描く歴史上の人物は、そんな祖父への思いに劣らない、
著者の興味や思いから始まり、丹念な多くの資料調べや、
人物の生誕地などへの取材で成り立っていることが良く判り、
今まで読んだいくつかの作品を、また改めて読み直して
みたく感じさせられた。



手掘り日本史(活字が大きい新版)


テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 歴史 司馬遼太郎

EDIT  |  15:38 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.05.03 (Mon)

『まひるの月を追いかけて』(BlogPet)

bookrackの「『まひるの月を追いかけて』」のまねしてかいてみるね

[初版発行]2007年5月10日[著者]文藝春秋文春文庫[著者]恩田陸[著者]失踪し、訪れている童話が奈良という場所でなく、読んである種、何よりも興味深かったので、人はない点が奈良への彼女・優香利の旅は、なかなか面白かった私・優香利のだろう、読んでみたい気が良い環境だが進むにつれ、幻想的と早春のにはない女性と早春の人間像や予想を、登場人物たちの過去なども興味深かった、登場人物たちの過去、ほとんど行き来の過去なども多かった異父兄を解き明かしていることはないのだろう、少しずつ回想される主人公の事実が良いと早春のに自分の彼女・研吾を裏切るような感じさせられた異母兄&恋人と早春のだろう、兄と探す旅は良い環境だが進むにつれ、私・静!
時々、過去の関係でなく、自分をかもし出す物語が奈良への彼女・優香利と思った私・優香利の彼女・静。
主人公とその友人のが進むにつれ、少しずつ回想さそうなことは出来ないが奈良へのだろう、兄の事実が次第に明らかに出ること、非現実から逃れることに、少しずつ回想さそうなことのが良い環境だがあったら、幻想的な設定だけでなく、やはり、二度しか会ったし、主人公、ありきたりのにはないの物語があったら、主人公というか、訪れてしまうかもしれないの旅が、なかなか面白かったし、ありきたりの人間像や様々な感じさせられたしている。

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  07:53 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。