06月≪ 2010年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2010.07.29 (Thu)

星影(BlogPet)

星影丸は編集するはずだった。

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
スポンサーサイト
EDIT  |  08:47 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.07.22 (Thu)

作品(BlogPet)

きょうはこうさぎで作品集っぽい記入するはずだったみたい。

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  08:02 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.07.19 (Mon)

『私が捜した少年』

[著者]二階堂黎人
[出版社]講談社 講談社文庫
[初版発行]2000年7月15日

[感想等]
 渋柿信介。独身。自称私立探偵・・・?
 日常のしがらみに追われながら、持ち込まれる様々な事件を
ハードボイルドに解決していく・・・?
 表題作他、全5編を収録した短編集。

 収録作品の表題までもパロディっぽい、面白い作品集で、
ハードボイルドな主人公の口調が、深刻なのだが、
それがなんとも可笑しい。
 何よりも主人公の設定がとても凝っていて、
何も知らずに、ハードボイルドなミステリだと思って
読み始めると、ヤラレタ!って思うだろう。
 事件の内容や解決がすごい、のではないのだけど。
 ハードボイルドに興味が無くても、気楽に楽しめる
作品集になっていると思う。

 (ネタばれになってしまうので、主人公に関して
知りたくない方は、以下は読まないで下さい!
 念のため、白で記入しておきます。)

実は、独身の渋柿信介は、自称私立探偵なのは当たり前。
 彼は父親が警察官、母親が元アイドルの、幼稚園生なのだから。
 そんな彼が、ハードボイルドを気取って、事件を解決していく
のだから、末恐ろしい・・・。





私が捜した少年





テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 二階堂黎人

EDIT  |  15:59 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.07.15 (Thu)

『シャーロック・ホームズに愛をこめて』(BlogPet)

bookrackの「『シャーロック・ホームズに愛をこめて』」のまねしてかいてみるね

[出版社]光文社文庫[出版社]ミステリー文学資料館[出版社]ミステリー文学資料館[編者]ミステリー文学資料館[初版発行]コナン・ドイルが漱石の悪さも読んだの『踊るお人形』(山田風太郎)があり、の悪さが生み出した名探偵シャーロック・ホームズが、怪奇的な気味のアンソロジー集で、他の作家によるパスティーシュ、期待した名探偵シャーロック・ホームズが、他の家に名前だけ出てくる事件』(田中啓文)はなかったカヨから来日して読んだがユーモアが、全9作品では有名ではなかったカヨから来日してくる事件の日本の中に居た昔話を扱ってくる事件』(田中啓文)など、怪奇的な気味のだのだが、異色な作品中で、パロディ作品でホームズパスティーシュとしては有名で、怪奇的な作品の意外さが少ない点が生み出した♪
収録作品!
『踊るお人形』(夢枕獏)は、怪奇的な気味の悪さも読んだが漱石の悪さも多く、異色な作品中に居たカヨから来日してくる事件を解いた。
初めて読んだ作品であった名探偵シャーロック・ホームズの作品は有名でホームズパスティーシュとしては好みで何度も読んだの作品は好みでは好みでホームズパスティーシュとしては好みであった名探偵シャーロック・ドイルが、夏目漱石の『踊るお人形』(田中啓文)が漱石のだ作品の日本の家には、少々残念な作品中では『黄色い下宿人』(山田風太郎)は『「スマトラの大ネズミ」事件を扱ってくる事件の中に名前だけ出て読んだの初めて読んだの家には『黄色い下宿人』(山田風太郎)は有名でホームズパスティーシュとしては好みで何度も多く、異色な気味の殺人事件』(夢枕獏)など、『「スマトラの大ネズミ」事件』(田中啓文)など、全9作品集。
『黄色い下宿人』(夢枕獏)他の謎を聞かされるという設定の意外さも多く、怪奇的な作品中でホームズパスティーシュとしては『「スマトラの大ネズミ」事件の意外さも読んだがユーモアが少ない点が生み出した昔話を解いたホームズがユーモアが少ない点があり、『踊るお人形』(田中啓文)が、の中であった!
初めて読んだ作品、私には有名では『黄色い下宿人』(山田風太郎)がユーモアが、なかなか面白かったホームズの作家によるパスティーシュ、『「スマトラの大ネズミ」事件』(夢枕獏)など、他、期待したホームズの中に名前だけ出ているので、異色な作品も読んだがあり、私に居たホームズが漱石と浄瑠璃絡みの中ではなかったホームズのだの意外さも多く、ドイルが漱石と浄瑠璃絡みの日本の意外さがユーモアが、ドイルのアンソロジー集でホームズパスティーシュとしてはなかった!
『「スマトラの大ネズミ」事件の中に名前だけ出ているので、パロディ作品集。
収録作品集で何度も多く、怪奇的な気味の殺人事件の意外さが漱石と浄瑠璃絡みのだが生み出したホームズが漱石の意外さも多く、怪奇的な作品集では、怪奇的な気味のだ作品中に居た昔話を聞かされるという設定のだが生み出した名探偵シャーロック・ホームズがユーモアがユーモアが生み出した!!
初めて読んだ作品♪
初めて読んだ作品集で何度もあり、期待したホームズがあり、全9作品、なかなか面白かった昔話を聞かされるという設定の殺人事件の意外さがユーモアが生み出した昔話を解いたカヨから来日したカヨから来日して読んだの初めて読んだ作品では有名で、パロディ作品でホームズパスティーシュとしては、期待したホームズが少ない点が生み出した名探偵シャーロック・ドイルの悪さもあり、なかなか面白かったホームズがユーモアが、異色な作品、『踊るお人形』(夢枕獏)他、パロディ作品、なかなか面白かった。
収録作品もあり、の意外さが、新味が生み出した名探偵シャーロック・ホームズが生み出した昔話を扱っているので、ドイルが生み出したカヨから来日した♪

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  08:18 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.07.15 (Thu)

期待(BlogPet)

きのうはこうさぎと殺人事件へ発見するつもりだった。
それできょう星影丸がスマトラ期待された!

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  08:17 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.07.08 (Thu)

設定するはずだったの(BlogPet)

きょう星影丸がりんこと発行したよ♪
でも、設定するはずだったの。

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  08:06 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.07.08 (Thu)

丸(BlogPet)

きょう星影丸がインタビューしたかったの♪

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  08:06 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.07.01 (Thu)

探偵(BlogPet)

きょう、探偵ー!

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  08:18 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。