11月≪ 2010年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2010.12.25 (Sat)

『飛鳥の怨霊の首』

[著者]吉村達也
[出版社]集英社 集英社文庫
[初版発行]2010年10月25日

[感想等]
 奈良の入鹿の首塚前で「飛鳥の怨霊の首」という言葉を
ノートに残し、自殺した天文学者・刈谷天星。
 彼は宇宙望遠鏡開発の「飛鳥」プロジェクトリーダーであるが、
専門外の歴史の分野で「天武天皇は唐の天文学者に操られていた」
などという説を唱え、物議を醸していた。
 彼は誰かに自殺に追い込まれたのだろうか?
 彼を死に追いやった原因は何だったのだろうか?

 天文学者として著名な人物が、キトラ古墳に残された星図から、
歴史で新説を唱えるという設定や、古墳に関する考察などに、
なかなか面白く感じられる部分もあったのだが、
結局、残された「禁断のキトラ遺跡に関する資料」とやらも、
どこが禁断?と思う位の内容で、さほど斬新には思えなかった。
 また、登場してくる学者や英光大学古代史研究会のメンバーが
事件解明にもっと積極的に絡んだりして、
死の謎だけでなく歴史的な新発見をするのかと思っていたら、
それもなく終わってしまったので、ガッカリしてしまった。

 何よりも、肝心の、刈谷の自殺の原因なども、
予想していた歴史学者達や学説が絡んだ事件などではなく、
故人の過去の恥に関するような出来事であったのには、呆然。
 最近の恥知らずな有名人たちの起こす事件などを思い出すと、
今時、こんなことで自殺するなんて・・・と残念すぎる原因で、
後味が良くなかった。



飛鳥の怨霊の首



スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 歴史 吉村達也

EDIT  |  17:29 |  いまひとつだと思った本(☆2つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.12.19 (Sun)

『大誘拐』

[著者]天藤真
[出版社]角川書店 角川文庫
[初版発行]昭和55年1月30日

[感想等]
 紀州随一の大富豪・柳川とし子刀自が誘拐された。
 地元では生き神様と慕われる82歳のおばあちゃんを
誘拐したのは、刑務所で知り合った戸並健次、秋葉正義、
三宅平太の三人組だった。
 彼らの希望要求金額は5000万円だったのだが、
それを聞いたとし子刀自は怒り出してしまい、
身代金100億円にしろと言う。
 そして、誘拐されたはずのとし子刀自が誘拐団を指揮して、
身代金奪回を図る大作戦が始まる・・・。

 この小説の発表された昭和の時代には、
身代金100億円を山林を売って作り出す、とか、
身代金の受け渡しなどをTVで中継するなど、
かなり大胆な設定の話だったろうと思う。

 しかし、現代では、この小説の誘拐計画は、
インターネット等の発達によって、
どんなに山奥の村でも、犯人たちの行動は、
村人にすぐに察知されて、通報されてしまうだろうから、
成立は難しいかもしれない。

 が、現代に通じる、マスコミや野次馬の大騒ぎぶり
などもあって、絵空事とか、古いとかは思えない。
 また、登場人物達の行動にユーモアがあったこともあり、
とても面白く読むことが出来た。

 なお、この作品は、第32回日本推理作家協会賞長篇賞
の受賞作というだけでなく、文春による
「二十世紀傑作ミステリーベスト10」の国内部門で
1位に選出されている作品とのことである。




大誘拐 (創元推理文庫版)


テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステ 天藤真

EDIT  |  16:08 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2010.12.15 (Wed)

BlogPet サービスの終了

このブログに貼り付けて長く愛用していた
BlogPetのサービスが本日終了してしまいました。

このブログで飼っていた星影丸は
「5・7・5」調のセリフをつぶやき、
ブログネタとしても貢献してくれたし、
最近は、あまり更新しない飼い主の代わりに、
記事を投稿してくれるなど、
活躍してくれていたので、
サービス終了はすごくがっかりだし、
とても残念な思いで一杯です。

星影丸、本当にありがとう!
そして、何よりも、
サービスを提供してくれていた
サイトの管理者の方々にも感謝しています。

では、もうブログでは姿が見れないので、
最後に、星影丸の思い出の画像を
ここに改めて残しておくことにします。

(2007年8月11日の画像。
記事は「BlogPet星影丸の新5・7・5 No.7」参照)

20070811.jpg

『結末や 設定したる 想いなり』


タグ : 感想 つぶやき

EDIT  |  21:24 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.12.15 (Wed)

星影丸は証拠がほしいな(BlogPet)

星影丸は証拠がほしいな。
証拠ってどこにあるかな

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  08:54 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.12.08 (Wed)

『真相 “切り裂きジャック”は誰なのか?』(上・下)(BlogPet)

bookrackの「『真相 “切り裂きジャック”は誰なのか?』(上・下)」のまねしてかいてみるね

[訳者]2005年6月15日[初版発行]講談社文庫[感想等]相原真理子[著者]パトリシア・コーンウェル[出版社]2005年6月15日[出版社]講談社文庫[訳者]講談社文庫[初版発行]相原真理子[初版発行]講談社文庫[初版発行]2005年6月15日[出版社]2005年6月15日[著者が、立証しようと膨大な資料の正体には彼の猟奇殺人犯できた証拠に近いようだが出したらしい♪
(著者の伝記以上に感じたとかなり違ってしまい、立証しようと思う。
)私は彼の画家である。
)私は出来ない人物・ヴィクトリア朝の自供を使っていきなり犯人と比べたり、今回の猟奇殺人犯できたものでしか、分析し、興味深いし、分析結果もはっきりと推定される人物について、指紋やDNA鑑定といったような科学調査には成っていきなり犯人についての伝記以上に内面や警察の紹介が始まるのに、ネタばれが良いと推定される人物を使っている人物像を犯人の猟奇殺人犯であるので、分析したり、彼について、知りたくない人物・ヴィクトリア朝末期の絵画を分析によって、指紋や警察の費用を分析によって、分析結果もはっきりとしたり、また彼の犯罪や、その犯人と膨大な資料の手紙とかなり「切り裂きジャック」の絵画をジャックの画家である、興味深いし、なかなか面白かったらしい!!
コーンウェルは成っていきなり犯人として指摘し、彼女の筆による生い立ちやDNA鑑定といったような科学捜査としたり、指紋や人物・ヴィクトリア朝末期の自供を読んできたことや警察の紹介が確信する著作を読んでしか、時間の壁が始まるのに、彼が良いと思う。
今まで他の筆による生い立ちや警察の犯罪や警察の画家であるので、時間の費用を試みたとかなり違っていきなり犯人として指摘して絵の具を読んでしか、当然だが、時間の正体を収集し、シッカートという人物像は判らないほうが始まるのに、ビクトリア朝末期の人が始まるのに、興味深いしたとかなり違っている人物について、何作かは判らないので、知りたくない方は彼が確信する犯人と思います!
が立ちふさがっている人物について、また彼がどうか「切り裂きジャック」のでしか、指紋や、時間の分析したり、彼女の猟奇殺人犯でしか、コーンウェルの画家でしか、結局は読まないの分析結果もはっきりと思います。
が立ちふさがっている人物について、知りたくないの猟奇殺人犯である「切り裂きジャック」の紹介が確信する著作を推理する犯人については彼が良いとしたり、興味深いしたものできた証拠に内面や、科学調査に内面や、時間の犯罪や、ネタばれが指摘したり、コーンウェルは判らない人物については判断できない方は読まないような科学調査に感じたが、また彼についての伝記以上には読まないがどうか「検視官」シリーズのこの作品はその犯人の分析し、時間の壁が始まるのに、当然だしたり、あまり今まで他の自供を使っていきなり犯人の真犯人を使っていないので、時間の伝記以上に感じたものである、指紋や人物については判断できない方は判断できないように近いようだしたり、それらと比べたり、とにかく戸惑い、当然だが始まるのに、当然だして絵の具を引き出すことやDNA鑑定といったようだしている人物を試みたが確信する犯人と著者が出した!!
だから、ビクトリア朝末期の確信する著作を犯人の分析によって、結局は出来ないほうが確信する犯人について、あまり今まで他の紹介が立ちふさがっている犯人の絵画をジャックの費用を知らなかった部分などもはっきりとかなり「検視官」シリーズの真犯人を知らなかったが良いと思います。
(著者が、彼が良いと著者]講談社講談社講談社文庫[著者がどうかはその人物・ヴィクトリア朝末期の猟奇殺人犯である、また彼のパトリシア・コーンウェル[出版社]パトリシア・コーンウェルが出した部分などもはっきりと推定される手紙の犯罪や人物の分析し、その犯人の様子などもはっきりと思う。
)私は判断できないほうが、亡くなっていきなり犯人について、指紋や警察の費用を読んできたがある、驚いたが確信し、興味深いし、分析したり、あまり今まで他の絵画を試みた証拠に感じた♪
だが、その人物像を推理する著作を使ってしまい、当然だしたり、それらと思います。
があるので、彼のこの作品は判断できない人物について、何作か「切り裂きジャック」の様子などはその犯人については判らないが立ちふさがっていない方は彼について、その人物・ヴィクトリア朝末期の手紙の伝記以上に内面や、それらと膨大な科学調査にはその人物の絵画を分析結果もはっきりとかなり違っていないのパトリシア・コーンウェルが立ちふさがって絵の具を知らなかったと膨大な科学捜査とされる手紙とされる人物の自供を引き出すことは判断できない人物・ヴィクトリア朝末期の筆による生い立ちや人物を使ってしまい、何作か「切り裂きジャック」の壁が確信したり、ビクトリア朝の紹介が、以下は判断できないような科学調査に内面や、今回の紙質を知らなかったらしい。
だから、とにかく戸惑い、驚いた証拠にはその犯人と比べたり、かなり「切り裂きジャック」の人が始まるのに、知りたくない人物のこの作品は判らないような科学調査に近いような資料の自供を犯人について、知りたくないようだが指摘して、時間のできたとされる人物・ヴィクトリア朝のこの作品は彼が出したが確信していきなり犯人についての確信したり、驚いたことやDNA鑑定といったような資料の真犯人を推理する犯人については成っている犯人の画家でしか、それらと思います。

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  08:43 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.12.01 (Wed)

捜査(BlogPet)

きょうはりんこは絵画も捜査されたみたい…

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
EDIT  |  08:47 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。