03月≪ 2011年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2011.04.30 (Sat)

『不思議の扉 時間がいっぱい』

[編者]大森望
[著者]筒井康隆 大槻ケンヂ 牧野修 谷川流 
   星新一 大井三重子 フィツジェラルド
[出版社]角川書店 角川文庫
[初版発行]2010年3月25日

[感想等]
 時間を超えたストーリーを集めた短編集の第2弾。
 『しゃっくり』(筒井康隆 )、『戦国バレンタインデー』(大槻ケンヂ )
『おもひで女』(牧野修 )、『エンドレスエイト』(谷川流 )
『時の渦(うず)』(星新一 )、『めもあある美術館』(大井三重子 )
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』(フィツジェラルド) の7編を収録。

 時間をテーマにした作品で、ユーモアのある作品、
ブラックや、ほろ苦い作品、ほのぼのする作品、
ちょっと怖い作品など様々なものが収録されている。

 個人的に興味があったのは、映画化もされている
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』(フィツジェラルド)だったが、
インパクトは大きかったが、ちょっと重い気持ちになる作品であった。

 『時の渦』(星新一 )は淡々と語られていく、世の終わり的な話が
暴力や争いなどの無い上品な展開で進み、嫌な気分にさせない点は流石で、
オチはもちろん良く出来ていて、とても楽しめた。

 また、意外にも面白かったのは『エンドレスエイト』(谷川流 )。
 流行の涼宮ハルヒシリーズの作品で、今まで読んだことのない
涼宮ハルヒ物だったが、夏休みの終わりを扱ったストーリーが、
学生時代を思い出させるような1編で、楽しかった。

 そして、『めもあある美術館』(大井三重子 )は、
子供向きの童話なのだが、作者は推理作家の仁木悦子と知り、
こんな作品を書いていたのを知らなかったので、ちょっと驚いた。




不思議の扉 時間がいっぱい



<My Blog関連記事>『不思議の扉 時をかける恋』

  

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ファンタジー大森望

EDIT  |  20:27 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2011.04.03 (Sun)

『卑弥呼の赤い罠』

[著者]吉村達也
[出版社]集英社 集英社文庫
[初版発行]2010年4月25日

[感想等]
 老古代史学者・新藤英二郎が復元した甕棺の中に
顔を朱で塗られて「女王・卑弥呼」の再現衣装姿の
死体となって発見された。
 彼は日本の成り立ちなどに関する過激な学説で、
敵の多い人物だった。
 彼の親友・英光大学学長の瀬川繁之に残された遺言、
ICレコーダーに吹き込まれていた新藤の言葉などから、
教え子・村野杏美は彼を殺した人物を探し出そうとする。

 村野杏美が師と慕う新藤と古代史研究会の仲間と行った
歴史の地を巡る旅の回想によって、新藤の学説などが
次第に明らかになっていく部分はなかなか面白かった。
 だが、古代の日本と中国・朝鮮との関係、日本人・日本国の
成り立ちや卑弥呼などの正体など、私にはそれほど過激な学説
だとは思えなかったので、少々物足りなかった。

 また、新藤の殺人に関しては、甕棺の中での異様な姿での死
というショッキングな設定だけではなく、
新藤が生前にICレコーダーに7人の敵がいると吹き込んでいたり、
新藤の喜寿の祝いの会で、紙に新藤を殺すという言葉や
様々な地名を書き続けていた人物がいる、という警告の手紙が
日本語の流暢なエジプト農業学者・アル=サダト氏から
来ていたなど、細部に面白い仕掛けが施されている。
 しかし、犯人の自殺というあっけない幕切れと、
犯人の犯行に至った経緯には、ちょっとガッカリしてしまった。

 歴史に興味を持っていて、そこそこミステリが好きな人が
読むのであれば、まあまあ楽しめるのではないかと思うが・・・。

 なお、この作品には続編『飛鳥の怨霊の首』があり、
私はうっかり続編から読んでしまったのだが、
私は続編よりはこちらの方が、少し面白いような気がした。



卑弥呼の赤い罠



<My Blog関連記事>『飛鳥の怨霊の首』

  

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 歴史 吉村達也

EDIT  |  16:10 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。