07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2005.04.22 (Fri)

『乱歩賞作家 青の謎』

[著者]阿部陽一 他
[出版社]講談社
[初版発行]2004年8月19日

[感想等]
 乱歩賞作家5人(阿部陽一・藤原伊織・渡辺容子
池井戸潤・不知火京介)による短編ミステリ集。

 どれもそれぞれに特色があって面白い作品だった。
 が、その中では、女性を主人公としている2作品、
阿部陽一の『沈黙の青』が
友人の心中事件を殺人ではないかと調べようとしていくうちに、
同じように田舎から出てきた羽振りの良い友人を羨むだけだった、
主人公・直子が変わっていく様を描いていて、良かったし、
渡辺容子の『ターニング・ポイント』は
主人公の女性保安員・薔子(しょうこ)の仕事の様子から、
仕事をする女性達の悩みなども感じられた分、良かった。


乱歩賞作家 青の謎


<My Blog関連記事>『乱歩賞作家 赤の謎』

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  10:11 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。