07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2005.04.04 (Mon)

『魔法使いとリリス』

[著者]シャロン・シン
[訳者]中野善夫
[出版社]早川書房 ハヤカワ文庫
[初版発行]2003年12月31日

[感想等]
 変身の技では世界一の魔法使い・グライレンドンに弟子入りした
青年魔法使いのオーブリィが、グライレンドンの妻・リリスに
いつしか心惹かれてしまうというファンタジィ小説。

 リリスやグライレンドンの召使の正体に関しては、
早いうちに察しがついてしまったが、
オーブリィの片想いが成就するかが気になって、
最後まで一気に読んでしまった。 
 結末は、あまりにも哀しく切なかったが、
エピローグの記述に救いがあって少しほっとした。


魔法使いとリリス

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  13:52 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。