05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2005.03.25 (Fri)

『鏡の森』

[著者]タニス・リー
[訳者]環早苗
[出版社]産業編集センター
[初版発行]2004年10月31日

[感想等]
 母と娘の二人の愛を求める姿を中心に描かれている、
ファンタジーの中にエロティックさダークさがある『白雪姫』の物語。

 王族・魔女・森・鏡・薬草などというおとぎ世界の中なのに、
若くして凌辱の末に娘を産み、心を病んでしまった母親の女王と
母の愛に恵まれず、殺されそうになる娘の王女だけでなく、
その他の登場人物達の性格や行動や起こす出来事に、
現代にも通じそうな悲惨さや醜さを感じさせられるばかりで、
私には最後まであまり楽しめないストーリーだった。


鏡の森

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  09:27 |  趣味に合わなかった本(☆1つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。