07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2005.03.08 (Tue)

『24 TWENTY FOUR Ⅲ』①~④

[原案者]ジョエル・サーナウ ロバート・コクラン
[編訳者]小島由記子
[出版社]竹書房 竹書房文庫
[初版発行]平成16年11月6日~12月28日

[感想等]
 事件をめぐる24時間の出来事を1時間×24回という形で放映して、
話題になったアメリカの人気ドラマ第3シーズンの小説版。

 ドラマでは時間経過が画面上に表記され、緊迫感を煽るが、
小説版も随所に時間が記されていて、時間経過を味わえる。
 裏切りあり、陰謀あり、次々意外な方向へ進む
少々やりすぎではないかと思われる話の展開は、
前2作よりもレベルアップした感じだし、
細菌テロを扱っている今回のストーリーは、
小説版だけでも面白さは味わえた。

 ただし、私は原作のドラマの前の2シーズン分を見ているので、
登場人物の関係などの知識があるので、理解しやすかったが、
見ていない人には判りにくい部分などもあるかもしれない。 


24 TWENTY FOUR Ⅲ①24 TWENTY FOUR Ⅲ②24 TWENTY FOUR Ⅲ③24 TWENTY FOUR Ⅲ④

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  13:45 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。