05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2005.03.04 (Fri)

『アイルランド田舎物語―わたしのふるさとは牧場だった』

[著者]アリス・テイラー
[訳者]高橋豊子
[出版社]新宿書房
[初版発行]1994年2月25日

[感想等]
 作者の子供時代の1940年代のアイルランドの農村生活を回想した物語。

 子どもの目から見た牧場の作業の様子や近所の人々との触れ合いなど、
暮らしの様子が、郷愁にひたり過ぎず、気取らずに書いてあるのが良かった。
 また、宗教問題やイギリスとの関係など色々な問題のあるアイルランドの国の
第二次大戦中というかなり厳しい時代の物語なはずなのに、
育児や日々の暮らしの営みへの人々の心の豊かさや強さを深く感じさせられた。


『アイルランド田舎物語―わたしのふるさとは牧場だった』(amazon.co.jp)

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  11:25 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。