07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2005.02.27 (Sun)

『金田一少年の事件簿3―電脳山荘殺人事件―』

[著者]天樹征丸
[出版社]講談社 マガジン・ノベルズ
[初版発行]1996年4月15日

[感想等]
 漫画の「金田一少年の事件簿」のノベルズ版。
 パソコン通信上のミステリー・サークルという仮想世界から、
現実の雪の山荘に集まった初対面の人々の間で起こる
連続殺人事件の謎を、たまたま迷い込んだ金田一少年が解いていく。

 読者には犯人の本当の名前が当初から判っているのだが、
ハンドルネームを名乗っているので誰だか判らないという点が
金田一少年とは違う立場で犯人探しが出来る気がして、楽しめたし、
判明していると思われた本名にもひとひねりがあって面白かった。
 面白く感じたのは、もし、発表当時すぐに読んでいたとしたら、
ハンドルネームを使って簡単に別の人間に仮装できることや、
仮想世界の出来事が現実の犯罪に結びつくのは、
目新しく現実味が薄いと感じられたかもしれないが、
今では違和感が無く読めるようになった点もあるかもしれない。


金田一少年の事件簿3―電脳山荘殺人事件―

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  16:33 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(1)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

★金田一少年の事件簿

金田一少年の事件簿『金田一少年の事件簿』(きんだいちしょうねんのじけんぼ)は、週刊少年マガジンで連載されている、ミステリーを題材とした漫画である。* 原
2007/02/04(日) 02:31:14 | 芽依のブログ
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。