05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2005.02.26 (Sat)

『リジー・ボーデン事件』

[著者]ベロック・ローンズ
[訳者]仁賀克雄
[出版社]早川書房 ハヤカワ・ミステリ1749
[初版発行]2004年3月10日

[感想等]
 19世紀末にアメリカで起きた有名な未解決殺人事件の謎を
事実を背景に虚構を加えて解き明かそうとした作品。

 リジー・ボーデンが父と義母を殺してしまう過程が、
彼女の心理とともに、良く描かれている。
 が、作品に出てくるリジーの恋人の男が架空の人物であること、
リジーが無罪になった裁判の様子やその理由が描かれていないことに、
真実の探求という面での不満が残る作品である。


リジー・ボーデン事件

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  10:25 |  いまひとつだと思った本(☆2つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。