06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006.01.24 (Tue)

『動機』

[著者]横山秀夫
[出版社]文藝春秋 文春文庫
[初版発行]2002年11月10日

[感想等]
 署内で一括保管されていた30冊の警察手帳の紛失をめぐる
表題作『動機』など四篇を収録した短編集。

 表題作『動機』は警察内部の上下関係やその誇り、
主人公・貝瀬正幸の退職警官の父との関係など、
単なる手帳の紛失とその発見だけでない、
警察官の人間性を描いている面白さがあり、良かった。
  
 その他の作品も読み応えがあったが、
特に、地方新聞の女性記者が主人公の『ネタ元』が
男社会の中での女性の立場の厳しさや、
地方新聞社の内情や新聞のスクープ合戦などを描いていて、
興味深く感じられた。


動機

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  15:07 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(1)  | CM(4) | Top↑

★おじゃまします

横山さんですか。そそられますねー^^ いま借りてる3冊を読み終わったら、探してみますね。
いっしー |  2006年01月24日(火) 21:38 | URL 【コメント編集】

★お薦めですよ

いっしーさん、コメントありがとうございます。
これは、男の方にも面白いと思いますので、ぜひ・・・。
bookrack |  2006年01月25日(水) 14:23 | URL 【コメント編集】

ゴウキング
寒い日が続きますね。
ゆっくり読書できる時間がほしい。
ゴウキング |  2006年01月26日(木) 17:31 | URL 【コメント編集】

★コメントありがとうございます

ゴウキングさん、コメントありがとうございます。
短編集だったら、少ない時間でも、
充分に読め、楽しめるのではないでしょうか?
bookrack |  2006年01月27日(金) 16:26 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

★「動機」

横山秀夫の「動機」を読みました。 署内で一括保管される三十冊の警察手帳が紛失した。犯人は内部か、外部か。男たちの矜持がぶつかりあう表題作(第53回日本推理作家協会賞受賞作)ほか、女子高生殺しの前科を持
2006/02/03(金) 01:23:31 | はぐれ雲
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。