09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2005.10.22 (Sat)

『さよなら妖精』

[著者]米澤穂信
[出版社]東京創元社 ミステリ・フロンティア3
[初版発行]2004年2月25日

[感想等]
 1991年4月に高校生・守屋路行(もりやみちゆき)が
クラスメートの太刀洗万智(たちあらいまち)と一緒に
偶然に出会った異国の少女・マーヤ。
 行く宛のない彼女を友人・白河いずるの宿に紹介し、
文原竹彦(ふみはらたけひこ)も加えた、
4人の高校生達はマーヤとの2ヶ月間の日々を過ごす。
 自分の国をユーゴスラヴィアとしか明かさずに、
帰国していったマーヤからの手紙が来ないまま、
1年が過ぎてしまい、紛争中のユーゴスラヴィア情勢に
気がかりになった路行は、
大学生になってなかなか会えない仲間を集めて、
何処へ彼女が帰っていったのかを
検討して確かめようと思うのだった。

 路行の日記を元に、過去を回想していく形式が、
高校生の日常がつづられている青春小説風でもあり、
不思議な異国の少女の存在が幻想的な小説のようでもあり、
ユーゴスラヴィアの紛争問題などの情報や過去の記憶から、
マーヤが帰った場所を推理する小説でもあり、
外国人との交流の様子や日本の風習などの再発見もある、
ちょっと変った小説なのだが、面白かった。

 何よりも、主人公・路行をはじめとする登場人物達に魅力があり、
マーヤに対する接し方の温かさなどが非常に気持ち良く、
人と人との出会いの不思議さ、人の優しさ等を
感じることのできる作品だと思った。

さよなら妖精

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  09:00 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。