09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006.03.12 (Sun)

『絆』

[著者]小池真理子 他
[出版社]角川書店 カドカワノベルズ
[初版発行]平成8年8月25日

[感想等]
 『生きがい』(小池真理子)『ナイトダイビング』(鈴木光司)『小羊』(篠田節子)
『白い過去』(坂東真砂子)『兆』(小林泰三)『Gene』(瀬名秀明)の6篇を収録する、
ホラー短編集。
 
 どの作品もそれぞれ怖さのある設定が面白く感じられたが、
他人のための一生を生きる「神の子」の少女の知った真実を描くSF風の『小羊』、
昔の恋人の声の入った留守番電話から意外な過去の事実を知り、
夫への幻滅や不満に気付いていく女性の心理と行動が怖い『白い過去』、
悪魔のDNAを調べるPCゲームを楽しむ女子学生の姿を描いた『Gene』が心に残った。


『絆』(amazon.co.jp)

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  15:39 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。