07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006.03.21 (Tue)

『QED~ventus~ 熊野の残照』

[著者]高田崇史
[出版社]講談社 講談社ノベルス
[初版発行]2005年8月4日

[感想等]
 QEDシリーズの第10作目。
 学校薬剤師会の和歌山県・熊野への親睦旅行に参加した神山禮子は、
棚旗奈々と桑原崇と行動を共にすることになる。
 禮子の出身は熊野なのだが、中学生の頃に、
辛い出来事の末に故郷を捨てるような形になっていて、
故郷ということを伏せたままで、旅行に参加している。
 熊野三山の謎を祟が暴いて行くのを聞かされていくうちに、
禮子は過去の出来事の真相を悟ることになる。

 今回は崇と奈々の旅行先で事件が起こるのではなく、
過去の、おまけに禮子が口に出すことの無い出来事の真相を
解き明かしてしまう結果になるという点や、
奈々の視点ではなく、禮子の視点でストーリーが展開する点が
いつもと少々感じが違う感じがしたのは、良かったと思う。
 
 しかし、牛王宝印に秘められた八咫烏の正体などは面白く思ったが、
私自身に熊野や神々の名前などになじみがないせいか、
祟の解説が難解な資料の羅列というように感じてしまって、
熊野三山の謎解明への驚きをあまり感じることが出来なかった。
 また、禮子の過去の出来事に関しては、
現代でもそんなことが起こり得るのか?という気がしたし、
祟が禮子の過去を察していたのかという点が明らかでないし、
祟が旅行中に発生している犯罪や事件を解決していない点が、
残念に思えた。


QED~ventus~ 熊野の残照


<My Blog関連記事>『QED 鬼の城伝説』

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  16:37 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(12) | Top↑

ご無沙汰してます。
なかなかコメントを残せないでごめんなさい。
この本、シリーズ物なのかな?
今度古本屋で探してみます^^
ひろみ |  2006年03月24日(金) 20:41 | URL 【コメント編集】

★こちらこそ

ひろみさん、
こちらこそ、ご無沙汰してごめんなさい・・・。

このシリーズは歴史・文学の薀蓄・裏話・謎や
ミステリが好きな方にはお勧めです。
興味がありましたら、読んでみて損は無いと思います。
bookrack |  2006年03月25日(土) 10:54 | URL 【コメント編集】

★おじゃまします

そういえば僕も「六歌仙」読み終えました。次は熊野ですかー^^ 図書館にあるか、探してみます。。
いっしー |  2006年03月25日(土) 19:35 | URL 【コメント編集】

★コメントありがとうございます

いっしーさん、コメントありがとうございます。「六歌仙」面白かったですか?
「熊野」はいまひとつかも・・・。
私は「鎌倉」の方が幕府が開かれたりしていたので、
歴史的な予備知識が多いせいか、
判りやすく感じました。
bookrack |  2006年03月26日(日) 14:16 | URL 【コメント編集】

★おじゃまします

「鎌倉」はおもしろかったですね^^ 六歌仙も読み終えて今は「ベーカー街」を借りてきました。。
いっしー |  2006年03月29日(水) 23:06 | URL 【コメント編集】

★ますます・・・ですね

いっしーさん、コメントありがとうございます。
ますます、『QED』にはまってしまったみたいですね!
bookrack |  2006年04月01日(土) 16:36 | URL 【コメント編集】

★おじゃまします

僕はそろそろ「ベーカー街編」を読み終わるところです。母も「竹取物語編」を借りてきました。。^^
いっしー |  2006年04月02日(日) 18:40 | URL 【コメント編集】

★コメントありがとうございます

『ベーカー街』『竹取物語』と次々に読破されていきそうですね!
なんだか、私ももう1度読みなおしたくなってきます。
bookrack |  2006年04月02日(日) 18:57 | URL 【コメント編集】

★おじゃまします

 「竹取伝説」読み終えました。。「熊野」も読みたいのですが、近くの図書館にはなくなってしまいました。。(><) このシリーズって毎年刊行されてるようですね。
いっしー |  2006年04月15日(土) 11:57 | URL 【コメント編集】

★コメントありがとうございます

いっしーさん、コメントありがとうございます。
『竹取物語』はいかがでしたか?楽しまれましたか?
私の近くの図書館でも最新刊が入るのには時間がかかるし、
入っても貸し出し中になってることが多いので、
私もやっと『熊野』まで読めたのですが、もうその次が出ているみたいですね。
bookrack |  2006年04月16日(日) 10:51 | URL 【コメント編集】

★おじゃまします

他の作品を調べてみたら実際貸し出し中&予約中でしたorz 母なんか高田さんの別作「試験に出ない…」シリーズを読んでましたよ^^
いっしー |  2006年04月23日(日) 10:55 | URL 【コメント編集】

★「試験に出ない・・・」シリーズ

いっしーさん、いつもコメントをありがとうございます。
「試験に出ない・・・」シリーズは私も以前に読破しました。
主役をはじめ、登場人物達がユニークで、
面白いのですが、
パズルとかが苦手な私には「QED」の方が好みです。
bookrack |  2006年04月23日(日) 17:21 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。