07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006.05.07 (Sun)

『航路』(上・下)

[著者]コニー・ウィリス
[訳者]大森望 
[出版社]ソニー・マガジンズ
[初版発行]2002年10月10日

[感想等]
 認知心理学者のジョアンナ・ランダーは
コロラド州デンヴァーのマーシー総合病院で、
朝はER、午後は小児科で臨死体験(NDE)の科学的検証のため、
聞き取り調査を試みているものの、
死後の世界を肯定する臨死体験本作家の
モーリス・マンドレイクの次作のための聞き取り取材に邪魔され、
思うような成果が得られずにイライラしていた。
 そこへ、神経内科医のリチャード・ライトから、
ジテタミンという神経刺激薬による擬似的な臨死体験の
実験への助言・協力を求められる。
ジョアンナはその申し出を受け、
臨死体験をシュミレートする実験に参加するものの、
ボランティアの被験者達が次々と不適格などの理由で居なくなり、
彼女自身が被験者になり、擬似臨死体験をすることになる。
 そしてジョアンナが見たのは彼女の記憶の中にある、
意外な場所であり、それが何故か彼女は考え始めるのだが・・・。

 第3部までもある、400ページ以上の上下本なのだが、
臨死体験の謎とジョアンナが見たものは何なのかという興味で、
あっという間に最後まで読み切ってしまった。

 臨死体験の謎を架空のジテタミンという薬の擬似臨死体験で
追及しようとする設定も良かったし、
ジョアンナの臨死体験がジョアンナが以前の聞き取り調査で
聞かされた事柄を含んでいるという点、
痴呆状態になった高校時代の恩師などの
彼女の過去の人々を追いかけることになり、
ある意味では過去を追体験しているのかもしれない点、
ジョアンナが知った真実をリチャードに告げることが出来ない点、
なども、とても良く出来ている設定だし、
作品に表現されている臨死体験に対する著者の見解も
死後の世界の存在を肯定していないが、非常にユニークだと思えた。 

 また、臨死体験の謎を追求していくだけでなく、
過去と現在のジョアンナの周囲の人々を巻き込み、
それらの人々の人物の設定が魅力的で良く出来ているし、
様々な人生ドラマが繰り広げられる点が面白く感じられ、
感動的で心に残る作品になっている。
 主役のジョアンナはもちろんだが、その他の登場人物達、
ハンサムだが女心に疎く研究熱心なリチャード、
災害オタクの心臓病の少女メイジー、
ジョアンナの親友で気丈で世話好きなERの看護婦・ヴィエル、
痴呆症になったジョアンナの高校時代の英語教師ブライアリー、
叔父・ブライアリーを世話する悲しい過去を持つ女性キット、
などの人生もジョアンナの臨死体験で変化していくように
感じられる点が良く出来ていると思った。

 もちろん、当初は、有益な臨死体験が得られずにイライラする
ジョアンナの気持ちに合わせているのか、なかなか話が進まない。
 しかし、それも、ユニークな人物が多数登場していることと、
迷路のような病院の中を天敵のマンドレイクから逃げまわるジョアンナの
様子がユーモラスで楽しめて、あまり苦にならなかったし、
後になってみれば、色々重要な伏線が貼られていたことが
判るので、良く出来た仕掛けだと思えた。

 なお、ネタばれになってしまうが・・・。
この作品ではタイタニック号の悲劇が重要な要素になっているので、
アカデミー賞を取った映画「タイタニック」は観たことがある方が楽しめる。
 さらに言えば、映画の内容以上にタイタニック号の知識があって、
映画が不満だと思った、ジョアンナに共感できるような読者の方が
うなずける部分が多いかもしれないし、もっと楽しめると思う。
 また、その他にも、映画「フラットライナーズ」に言及したりもするし、
近年のハリウッド映画や俳優などを知っている方がニヤリと出来たり、
理解できる記述もある。
 ちなみに、私は以上の条件に当てはまっているので、この作品を楽しめ、
高く評価してしまっているのかもしれないということをお断りしておく。


航路(上)航路(下)

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  10:21 |  とても気に入った本(☆5つ)  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

ハリウッドで良かったしライトと叔父とか、不適格と、恩師を表現したはずだったの。


BlogPetの星影丸 |  2006年05月07日(日) 12:33 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。