09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006.05.10 (Wed)

『レタス・フライ』

[著者]森博嗣
[出版社]講談社 講談社ノベルス
[初版発行]2006年1月11日

[感想等]
 西之園萌絵が白刀島の診療所の怪しい噂に迫る『刀之津診療所の怪』、
「僕」が長期海外出張先の某国で遭遇した事件を描く『ラジオの似合う夜』
など、ショート・ショート5編を含む9編が収録された短編集。

 『ラジオの似合う夜』は美術館での不可解な事件だけでなく、
その国の伝説的な列車乗っ取り事件の謎などを解いたり、
異国の閉鎖的な雰囲気などがまあまあ面白かった。
 が、ショート・ショートはそれ程、驚きも無く、
淡々とした感じで、少々期待外れだった。
 何よりも、ラストの『刀之津診療所の怪』は他の西之園萌絵登場作を
読んでいないと、良く判らないオチになっているらしく、
著者のファンの人々などには楽しめるのだろうが、
私には謎が残ってしまう形になってしまい、がっかりした。


レタス・フライ

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  22:25 |  いまひとつだと思った本(☆2つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。