05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006.05.21 (Sun)

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(上・下)

[著者]J. K. ローリング
[訳者]松岡佑子
[出版社]静山社
[初版発行]2006年5月17日

[感想等]
 ハリー・ポッターシリーズの第6巻。
 16歳になったハリー・ポッターは闇祓いになるのを目標とし、
N.E.S.Tレベルの勉強に取り組む。
 『魔法薬学』の授業では手に入れた古い教科書にあった
「謎のプリンス」が書き込んだ様々な調薬法や呪文に助けられる。
 果たして、その「謎のプリンス」とはいったい誰なのか?
 そして、宿敵ウォルデモートを滅ぼすことを決意したハリーに、
ダンブルドア校長は個人教授を始めるのだった。

 この巻も悲しく辛い別れがハリーを待っていて、
彼の運命の過酷さに今まで以上に心が痛む展開だった。
 しかし、ハリーやロン、ハーマイオニーの恋も複雑になり、
6年生としての学園生活や難しくなっていく授業の様子、
「生き残った男の子」から「選ばれし者」へと呼び名も変わり、
様々な出来事を乗り越えて成長していくハリーの姿など、
この巻も充分に読み応えある作品になっている。
 
 また、初めて登場する「謎のプリンス」の正体や、
ウォルデモートの生い立ちがようやく判ってきて、
いままで謎だったことが明らかになってみると、
今までの巻の様々な出来事が巧みな伏線だったのに気付き、
作者のストーリー構成の凄さ・上手さを改めて感じた。

 何よりも、ラストのハリーには逞しさと強さが感じられ、
これからのウォルデモートとの戦いの結末は、
悲しみでなく喜びで終わるのではないかとの期待を抱けたし、
新しく提示された謎の人物「R.A.B」の正体や、
様々な謎がまだ残っているし、次の巻がまた待ち遠しくなった。


ハリー・ポッターと謎のプリンス

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  11:36 |  とても気に入った本(☆5つ)  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

ネットで逞し宿敵と、初版とかを生活しなかったの?


BlogPetの星影丸 |  2006年05月21日(日) 12:25 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。