07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2005.09.30 (Fri)

『モーダルな事象 桑潟幸一助教授のスタイリッシュな生活』

[著者]奥泉光
[出版社]文藝春秋 本格ミステリ・マスターズ
[初版発行]2005年7月30日

[感想等]
 東大阪の女子短大の助教授・桑幸こと桑潟幸一(くわがたこういち)
は『日本近代文学者総覧』での太宰治の執筆担当をもくろむものの、
結局、春狂亭猫介(しゅんきょうていねこすけ)という川柳作家や
太宰と親交があった童話作家・溝口俊平(みぞぐちしゅんぺい)等、
無名作家ばかりを親筆する羽目になる。
 が、それが契機となって、研修館書房の猿渡幹男から、
彼の発見した溝口俊平の未発表原稿の解説を頼まれる。
 その後、その溝口俊平の未発表童話集が出版されて評判になり、
それを発見したのが桑幸だと書かれたため、
猿渡の殺人事件や、童話集を発行した出版社・天竺出版の新城貴文が
殺されるという事件や、溝口俊平をめぐる謎に巻きこまれてしまう。

 この作品は桑幸の体験を桑幸側の側から描くだけでなく、
溝口俊平の本の前書きを書いたライター兼歌手・北川アキと
その元夫の諸橋倫敦(もろはしろんどん)が興味を持って、
素人探偵きどりで謎を追う様子が交錯するという構成である。
 素人探偵があちこち旅をして謎解きをしていくことや、
途中に週刊誌や新聞などの記事の形で、世間一般的な視点での、
事件を解説するような文章が入るのは良く出来ている。

 が、溝口俊平をめぐる出版関係者達の殺人事件だけでなく、
戦後すぐの瀬戸内海の島での小学生15人の遭難事件の話や、
怪しげなアトランティスコインやMD世界心霊協会なる宗教教団に関する話や
桑幸が見る夢か幻覚なのか良く判らない場面などもあり、
色々詰め込みすぎている感がしないでもない。
 また、素人探偵が都合よく事件に関係ある場所や人に遭遇したり、
桑幸と一緒に謎を解くという展開がない点が、
ミステリとしてはちょっと不満である。

 なお、タイトルの「モーダル」とはジャズのモードの形容詞形や
現実ではなく予測や反実仮想などの非事実の言語を様相論理学では
「モーダルな言語」ということなどからきているそうである。


モーダルな事象

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  13:36 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。