06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006.06.28 (Wed)

『死の殻』

[著者]ニコラス・ブレイク
[訳者]大山誠一郎
[出版社]東京創元社 創元推理文庫
[初版発行]2001年10月26日

[感想等]
 引退した伝説の飛行士、ファーガス・オブライエンへ
復讐を誓い、クリスマスに彼を殺害するという脅迫状が届く。
 私立探偵のナイジェル・ストレンジウェイズは
叔父のジョン卿の依頼で、彼の警護を引き受けることになった。
 が、オブライエンは殺害されてしまう。

 ニコラス・ブレイク初期の名作ということで、
クリスマスの晩餐に集まった人々がそれぞれ怪しく、
雪の降った後の密室状態の小屋の中で被害者が発見されるという
いかにも英国的古典的ミステリーなのだが、
ひとひねりある結末は、なかなか楽しめる作品である。
 ただし、ニコラス・ブレイクの本名は
桂冠詩人のセシル・デイ・ルイスなので、
(彼の2番目の妻との子が俳優、ダニエル・デイ・ルイスだそう)
文学的な引用が多く、そのひとつが事件の謎を解く鍵になっている点が、
少々判りにくいかもしれない。


死の殻

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  21:09 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

★星影丸は、boo

星影丸は、bookrackと依頼したいなぁ。
がきょうbookrackで、社へ警護するつもりだった?
がbookrackが東京へbookrackと推理しなかったよ。
BlogPetの星影丸 |  2006年06月29日(木) 16:51 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。