04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006.11.29 (Wed)

『五郎治殿御始末』

[著者]浅田次郎
[出版社]中央公論新社 中公文庫
[初版発行]2006年1月25日

[感想等]
 表題作『五郎治殿御始末』の他に『椿寺まで』『箱館証文』
『西を向く侍』『遠い砲音』『柘榴坂の仇討』の計6篇を収録した、
幕末維新で旧幕臣や佐幕派であった武士たちのその後を描いた作品集。

 どの作品も明治維新で立場が変わってしまった人々を描き、
明治維新で幸せになれなかった武士階級の人々が
それでも武士らしい誇りを持っている点がとても悲しいが、
心打たれ、作者の同情的で優しい視点を感じさせられた。

 『西を向く侍』『遠い砲音(つつおと)』は、
明治政府による暦と時刻の改正を扱っている作品であり、
珍しい題材で興味深く感じられた。
 が、『西を向く侍』は幕府の元天文方に出仕していたが
新政府では出仕待機になっている主人公・成瀬勘十郎の
新暦の公布へ関与できないことへの失望や苛立ち、
公布方法の理不尽さに関する憤りが強く感じられ、
隣家の老婆への新政府の強引な土地召し上げなどと相まって、
新政府の傲慢さ、強引さを感じられる作品であった。

 一方の『遠い砲音』は馬術の技術があったので、
自分が近衛連隊に勤められたのを幸いと思う主人公・土江彦蔵が
新しい時刻の仕組みになれず四苦八苦している様子が
少々ユーモラスなのだが、実は旧藩主への忠義に、
息子の将来を犠牲にしてしまっている点を悩んでいる作品であり、
必ずしも新政府に従う人々が幸せではないことに気付かされ、
様々な制度に振り回される人々の姿が、切ない作品であった。

 『椿寺まで』は自分を拾って育て商売を仕込んでいる
商家の主人・小兵衛に従って初めて商用の旅に出た少年・新太が
主人公の話であり、当初は膝栗毛風の物語なのかと思って
読んでいたら、意外な展開になり驚かされたが、
私はこの6篇中では一番いい作品ではないかと思った。

 ネタばれになるが、『椿寺まで』は、旅の途中で
主人公・新太が、主人・小兵衛が元400万石の旗本であり、
旗本の名誉をかけ戦った上野の戦いで瀕死の重症を追ったこと、
その幼馴染だった新太の父は勝沼の戦いで死んでいて、
父の死を知り、新太と自害をしようとした母を小兵衛は救い、
武士を捨て商人になりきって、新太を育てていたと知る。
 そして、尼寺にいる母に一目会わせようとして
自分を旅に連れ出してくれたことに気付き、
母の手を振り切るように旅に戻っていく新太の姿に、
真実を知りながらも前を向いて生きていけそうな強さを感じ、
ほっとさせられて良かった。


五郎治殿御始末


スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 浅田次郎

EDIT  |  18:52 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。