08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.01.06 (Sat)

『邪馬台国の謎と逆転日本列島』

[著者]飛鳥昭雄・三神たける
[出版社]学習研究社 ムー・スーパー・ミステリー・ブックス
[初版発行]2002年7月15日

[感想等]
 唯一の史料『魏志倭人伝』の記述をめぐって、
これまで幾多の論争が繰り返されてきた邪馬台国。
 方位か距離の記述が間違っているとされてきた従来の説に対し、
3世紀の日本列島が九州を北に、90度回転していたという説で
その所在地を明らかにする著作。

 『魏志倭人伝』の方位や距離をそのまま鵜呑みにすると、
邪馬台国が現在の日本には無かったことになってしまう。
 そのため、従来の学説は方位や距離の間違いを修正して、
日本の中に所在地を見つけようとしているという指摘や、
プレートなどの動きや、過去の地質の変動に目をつけて、
昔の日本列島は向きが違っていたと考えるべきだというのは
とても鋭くて目新しく面白い。
 また、従来の邪馬台国の所在地をめぐる説
をまとめてある部分はとても判りやすく、良く出来ている。

 が、いかんせん、謎の秘密組織を通じて、
匿名のアメリカの学者から入手したという
古い日本の地図を元にして、裏付けしている点などが、
胡散臭く、眉唾物という感じのある著作である。
 説としては面白くはあるが、信じられないという気持ち
になってしまう点が、残念である。
 また、日本列島が90度回転していたと考えるのは、
従来通りの方位の記載が間違っていたという考え方と
結果的には大差ないのではないだろうか。


邪馬台国の謎と逆転日本列島

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 歴史 飛鳥昭雄

EDIT  |  15:03 |  いまひとつだと思った本(☆2つ)  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

すごい読書量ですね。ちょっとびっくりしてしまいました。
わたしの最近のマイブームは荻原浩さんですが、検索ではかかってきませんでした。
コメントを読んでみたかったなあ。
missjenny |  2007年01月06日(土) 23:34 | URL 【コメント編集】

missjennyさん、はじめまして。
コメントいただき、ありがとうございました。
残念ながら、荻原浩さんの著作は読んだことがないので、
今度機会があったら読んでみたいと思います。
bookrack |  2007年01月07日(日) 11:52 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。