04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.01.07 (Sun)

『時効警察』

[著者]三木聡 岩松了 園子温 ケラリーノ・サンドロヴィッチ 塚本連平
[出版社]角川書店
[初版発行]平成18年3月10日

[感想等]
 2006年1月13日から3月10日まで全9回放映された
テレビ朝日系金曜ナイトドラマ「時効警察」の脚本を元に小説化された作品。
 時効になった事件を趣味で捜査する警察官・霧山修一朗が犯人を追う。

 時効になった事件を趣味で警察官が調査するという設定も、
その時効になった事件の内容も、警察官・霧山をはじめとする
登場人物たちも奇妙に脱力系で、人を食ったようなというか、
馬鹿馬鹿しいストーリー展開なのだが、やけに気になる作品として
つい観てしまっていたドラマのノベライズということで、読んでみた。

 取り上げられている事件は馬鹿馬鹿しく、犯人も明白なので、
推理ドラマとしてはいまひとつなのだが、
犯人ととぼけた警察官・霧山のやりとりや、
霧山に密かに思いを寄せている婦人警官・三日月や
霧山の同僚などのくだらない会話や、意味不明な行動など、
ドラマの映像を思い出し、楽しめたし、
映像になっていなかった部分なども判った点は良いと思った。

 個人的にはテレビ放映時に面白いと思った作品、
「第六話 恋の時効は2月14日であるか否かはあなた次第」が
時効寸前の事件を扱った例外的な作品で良いと思った。

 しかしながら、ドラマを観ていない人にはどの程度、
ドラマの奇妙なとぼけたような、脱力的な雰囲気が伝わるかは判らないし、
真面目な推理ドラマを期待する読者にはお勧め出来ないかもしれない。


時効警察

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 ミステリ 感想 ノベライズ

EDIT  |  11:48 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(2)  | CM(2) | Top↑

★わたしも読んでみよっと。

時効警察、TVで見ました。ほのぼの感がよかったですね。
わたしも、本を読んでみます。
missjenny |  2007年01月08日(月) 08:04 | URL 【コメント編集】

missjennyさん、
コメントをありがとうございました。
あのほのぼのというか、まったりというか
不思議な魅力、観ていない人には、
この本で伝わるかどうか・・・ですが、
観ていたmissjennyさんには
きっと伝わって思い出して笑えると思います。
bookrack |  2007年01月08日(月) 18:43 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

★時効警察

時効警察}『時効警察』(じこうけいさつ)は、2006年1月13日から2006年3月10日に週末ナイトドラマ|金曜ナイトドラマ枠(23:15~24:10)(JST)(一部地域は『探偵!ナイトスク
2007/02/02(金) 02:58:34 | 莉奈の部屋

★時効警察

時効警察}『時効警察』(じこうけいさつ)は、2006年1月13日から2006年3月10日に週末ナイトドラマ|金曜ナイトドラマ枠(23:15~24:10)(JST)(一部地域は『探偵!ナイトスクープ』放送のため時差放送。詳しくは週末ナイトドラマを参照)で放送されたテレビ
2007/04/10(火) 10:23:03 | 結花のブログ
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。