04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.01.31 (Wed)

『ダ・ヴィンチ・コード』(上・中・下)

[著者]ダン・ブラウン
[訳者]越前敏弥
[出版社]角川書店 角川文庫
[初版発行]平成18年3月10日

[感想等]
 キリスト教社会に論争を巻き起こし、映画化もされたベストセラー。

 ルーヴル美術館のソニエール館長がグランド・ギャラリーに、
ダ・ヴィンチの最も有名な素描〈ウィトルウィウス的人体図〉
を模した形の死体となって横たわっていた。
 殺害当夜、会う約束をしていたハーヴァード大学教授ラングドンは、
警察より捜査協力を求められ、現場に赴くが、
館長の孫娘で暗号解読官であるソフィーが密かに、
彼が犯人ではないかと疑われていることを教えてくれ、
彼女と一緒に逃亡しながら、現場に残った暗号を説くことになる。

 宗教史学者にして爵位を持つ、イギリス人のティービングの協力も仰ぎ、
フィボナッチ数列、黄金比、アナグラム…数々の象徴の群れに紛れた
メッセージを解いていくうちに、ラングドンは、
ダ・ヴィンチの作品「最後の晩餐」に秘められた驚くべき事実と、
ソフィーの祖父の秘密と真実を解き明かすのだった。

 フランスからイギリスへと登場人物たちが動き回り、
ラングドンとソフィーだけでなく、彼を追うフランスの捜査官、
キリスト教関係者などの様々な人々の視点から物語が進み、
かなり目まぐるしい展開である。
 また、キリスト教、ダ・ヴィンチ、聖杯伝説、暗号など
様々な要素が含まれていて、盛り沢山な作品である。

 が、それ程、学術的に難しいとか判りにくいとは思えず、
歴史的な部分や絵画などの説明も判りやすく感じられたし、
テンポ良く話が進んでいくので、楽しめた。
 意外な人物が敵対していたとか、主人公の2人が
恋愛感情を抱いていく・・・的なありきたりな展開も
気にならず、途中でラストも察しがついたものの、
最後まで飽きずに読みきれたし、ラストには充分感動した。

 残念なのは、アナグラムが私の語学力では判らなかったことである。
 また、ダ・ヴィンチの作品や聖杯伝説の解釈、
シオン修道会やキリスト教会の陰謀などという、
眉唾な的な要素が多い点も気になるかもしれない。
 宗教的な問題を扱って、西欧のキリスト教社会では、
批判や論議を招いたのも良く判る。
 しかし、キリスト教を信条としていない私には、
この作品は歴史的真実を追求・証明する学術書ではないし、
サスペンスとして、フィクションとして読んでいくのには、
知的な好奇心を満たす魅力的な作品だと感じたし、
ほとんどの日本人もそういう捉え方をするであろう。

 なお、私は映画を観ていないのだが、
映画は原作の全てが表現されてはいないらしいし、
読んでいないと判り難かったり、違うエンディングだそうだ。


ダ・ヴィンチ・コード(上)ダ・ヴィンチ・コード(中)ダ・ヴィンチ・コード(下)


スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ

EDIT  |  18:42 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

こんばんは!佐久良です(^^)/
「ダ・ヴィンチ・コード」、
ぼくも読みました♪
ぼくは歴史が苦手なんで内容の信憑性は
どうでもいいんですが(^o^;、ヾ(^^; オイオイ
エンターテイメントとしては十分おもしろい作品
だと思いました☆ミ凸ヽ(^-^) タイコバン!
映画の方はDVDで見たんですが、
原作を読んでからだとちょっと物足りない感じが
するかもしれないです(^.^)
同じ作家の「天使と悪魔」もおすすめです(^^)/
ところでちょっと前にブログを開きました(*^^*)
HNが違いますが佐久良と同一人物です(笑)
おひまな時にでも見にきてくださいね~♪
       ↓
http://padparadscha070125.blog91.fc2.com/
佐久良 |  2007年02月03日(土) 22:49 | URL 【コメント編集】

佐久良さん、コメントありがとうございます!
確かにエンタテイメントとしては、
なかなか楽しめる作品でしたね。

ブログを始められていたのですね!
早速、お邪魔させていただきますね。
bookrack |  2007年02月05日(月) 17:19 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。