04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.03.31 (Sat)

『氷葬』

[著者]諸田玲子
[出版社]文芸春秋 文春文庫
[初版発行]2004年1月10日

[感想等]
 夫の不在中、夫の知己を名乗る男・守谷に辱められ、
彼を殺してしまった下級藩士の妻・芙佐(ふさ)。
 死体を沼に密かに沈め、沼が氷結していくことに、
悪夢を忘れようとしたが・・・。

 江戸時代を舞台にした殺人事件を描き、
死体の発見により、殺人だけでなく、
陵辱されたことが判ってしまうことへの恐怖を味わう、
女性の苦悩やとその発覚を綴ったミステリ風な小説だと思って
読み始めたところ、話が意外な方向へ行ってしまい、驚いた。

 少々、ネタばれになってしまうかもしれないが、
平凡な武家の女性・芙佐が、罪が発覚し、子供を人質にされて、
沼に沈めて失ってしまった守谷の密書の写しを探すため、
謎の男・十右衛門(じゅうえもん)と旅に出る羽目になり、
江戸時代中期の反幕府の陰謀「明和事件」に関わってしまい、
活躍することになるというのは、荒唐無稽に思える。

 が、子供の頃から好奇心が強く、女性としての制約に
疑問を抱いていた江戸時代の女性が、子供を救うために、
歴史的な事件の裏側で活躍する波乱万丈のフィクションである、
と納得できれば、なかなか楽しめる作品になっている。


氷葬

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 歴史

EDIT  |  14:48 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。