07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.06.30 (Sat)

『騙し絵の館』

[著者]倉阪鬼一郎
[出版社]東京創元社 創元クライム・クラブ
[初版発行]2007年3月30日

[感想等]
 過去に怯えながら館でひっそりと暮らすお嬢様・鏡子と彼女を守る執事・久村。
 頑なに作品の刊行を拒むミステリー作家・伊原真彦こと金原美彦。
 「額縁の中の男」と名乗る者による、連続少女誘拐殺人事件が発生する中、
人々の過去や謎が殺人の犯人と共に次第に明らかになる。

 猟奇的な事件の経過が描かれ、作家・金原が犯人の「額縁の中の男」の正体を
暴くために、謎めいた館の周囲を探っていき、犯人を告発することよりも、
いわくありげなお嬢様と執事、金原の秘密の謎解きが少しずつ明かされて行くのが
この作品の本題になっているようである。
 つまり、幻想的な舞台の内で巧みにぼかされた表現による伏線に騙され、
最後に金原の秘密が判るのが面白いと思えれば、楽しめる作品である。
 
 一方、猟奇殺人の結末の方に関心を抱いてしまうと、少々物足りない。
 特に、はっきり書かれていないために、登場人物の関係などが良く判らず、
犯人も唐突に登場してきたような印象が否めないし、猟奇殺人としても
犯行動機や犯人像などもありきたりで単に残酷だとしか思えない点が、
私には残念に思えた。


騙し絵の館


スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 倉阪鬼一郎

EDIT  |  15:26 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。