07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.07.14 (Sat)

『メビウス・レター』

[著者]北森鴻
[出版社]講談社
[初版発行]1998年1月25日

[感想等]
 作家・阿坂龍一郎のもとへ届く、何通もの過去からの手紙。
 その手紙の高校生の「ぼく」は同級生の少年が自殺した事件を
自殺ではないと思い、生前の彼のことなどを色々調べていくうちに、
彼を殺した犯人にたどり着く過程を死んだ彼に宛てる形式で、
書き綴っているものであった。
 果たして、この手紙の送り主や「ぼく」とは誰か?
 阿坂龍一郎は過去の事件とどのような関係があるのか?
 現在進行形の阿坂の周囲で起こる殺人事件の犯人は?

 非常に謎めいた阿坂龍一郎の正体や、現在と過去の事件の真相が
最後に明らかになった時には、驚かされるような作品である。
 特に、現在進行形の事件より、手紙の中の過去の事件の方が面白く、
過去の手紙の中の「ぼく」の正体が巧妙に伏せられていて、
すっかり騙されてしまったし、阿坂龍一郎の以外にも、
名前を偽る人物がいるのにも、なかなか気付かせない点も
とても良く出来ていると感じた。

 とにかく、伏線や言葉の使い方などが上手く、緻密で、
叙述ミステリとして、楽しめる作品であった。


メビウス・レター

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 北森鴻

EDIT  |  15:20 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

はじめまして。
ボトルメールからきました。

本がお好きなんですね。
ちょこっと≡≡ヾ(●´ω`)┌ο足跡のこしっ♪残させていただきました。
きっこ |  2007年07月20日(金) 09:46 | URL 【コメント編集】

きっこさん
足あとありがとうございます
ボトルメールでのお散歩、
楽しんでいらっしゃるようですね!
bookrack |  2007年07月25日(水) 21:30 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。