07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.07.29 (Sun)

『幽恋舟(ゆうれんぶね)』

[著者]諸田玲子
[出版社]新潮社 新潮文庫
[初版発行]平成16年10月1日

[感想等]
 黒船来航直前。深川の東はずれ、中川河口で出入りする船の監視をする舟番所の
御番衆・杉崎兵五郎(ひょうごろう)は47歳の旗本。
 彼は出世は諦めていて、妻を亡くし、2人の娘は嫁ぎ、息子がいて隠居も近い。
 暇な舟番所の仕事が続いているある日、夜間航行の禁を犯す怪しい舟を見つける。
 その舟に乗っていたのは、17歳の鎌倉・富田屋(旅籠)の娘・たけと女中・つる。
自らの狂気に怯え入水しようとしたたけを救った兵五郎は、彼女を自宅へ保護し、
彼女の実の肉親の消息を探るうちに信州飯田藩主・堀石野守の過去や
堀家のお家騒動に巻き込まれてしまい、次第にたけに心惹かれていく・・・。

 17歳との娘への恋心に戸惑いながらも、彼女のために、
町奉行の定周り同心の親友・大島哲之進の力を借りつつ、
危ない思いをしながら駆けずり回る兵五郎の姿がこっけいではなく、
その一生懸命さに微笑ましささえ感じさせられた。
 これは、彼とたけ、親友・大島や息子などとのやりとりの様子に、
彼の人柄の良さが感じられるからであろう。

 たとえ旗本でも、大名家の内情にそんなに首を突っ込めるのかが
少々疑問ではあるが、そういう点も娘・たけの素性や真実などが
解明していく話の展開が面白いので、気にならなくなってくる。
 
 ただ、たけという女性の人間像が、女中のつるのせいもあるのか、
しっかり伝わってこなくて、悩める美女としか感じられない気がして、
兵五郎をどう想っているのか、良く判らないままで話が展開し、
いきなり「抱いて欲しい」とねだる点が唐突に思えたりする。
 その点が、少々残念な気がするが、ラストにほっとさせられるし、
なかなか良い作品だと思った。


幽恋舟

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 時代小説 諸田玲子

EDIT  |  10:39 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。