04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.08.26 (Sun)

『イノチガケ 安吾探偵控』

[著者]野崎六助
[出版社]東京創元社 創元クライム・クラブ
[初版発行]2005年11月25日

[感想等]
 『安吾探偵控』シリーズ、第2弾。
 昭和20年の東京。太平洋戦争の戦時下で空襲の続く中、
古林少年他、教員、保険員、記者、戸籍係など様々な職業をもつ面々が
坂口安吾の元へ探偵小説が好きな賢人同盟として集まっていた。
 空襲に関係ない場所で突然倒れて死んだ徴用工・赤井の事件を
推理するためだったが、事件の謎は解けないまま、
その後、焼夷弾の降る夜毎、賢人同盟員が次々と殺される事件が続く。
 犯人はいったい誰なのか?・・・坂口安吾は様々な推理の末に、
真相を知ることが出来たのか?

 この作品は、前作が未読でも差し支えの無い作品になっている。
 空襲の東京の生々しい描写の中で、殺人事件が起こっていくのを
客観的な空襲状況の記録の後に、古林少年の視点の手記が続くという、
構成で、ストーリーが進んでいく。

 ネタばれになってしまうが、当初から、古林少年が何かを隠していて、
犯人ではないかということは、察しがついてしまった。
 また、現実の空襲の描写の凄さ・怖さの中で起こる殺人事件は、
首をなくしているのに歩いていく死体とか、防空壕を密室に仕立て
殺人を起こすなどという点が、面白く出来ているにもかかわらず、
妙に絵空事めいて感じられてしまったし、『坂口安吾探偵控』なのに、
探偵役としての坂口安吾の影が薄い気がした。

 けれども、犯人の動機や殺害方法などのトリック解明以上に
古林少年にまつわる意外な真相が最後に登場して、
驚くことが出来、戦時下を舞台に選んだ理由に納得がいった。

 なお、最後に実際に坂口安吾に関わりのあったある学生
(後に小説家になる人物)を登場させている点は必見。


イノチガケ 安吾探偵控


<My Blog関連記事>『安吾探偵控』

  
スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 野崎六助

EDIT  |  11:07 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

bookrackが描写したの?
BlogPetの星影丸 |  2007年08月28日(火) 10:00 | URL 【コメント編集】

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2007年09月09日(日) 00:18 |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。