09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2005.07.22 (Fri)

『火星ノンストップ』

[編者]山本弘
[著者]ジャック・ウィリアムスン 他
[訳者]浅倉久志 他
[出版社]早川書房 ヴィンテージSFセレクション 胸躍る冒険篇
[初版発行]2005年7月15日

[感想等]
 1930年代から60年代初頭に書かれた海外SF小説の作品集。
(日本では1960から70年代に『SFマガジン』誌にて掲載された作品
7篇を新たに改訳したもの。)

 地球を襲った災害の原因を取り除くため、火星にプロペラ機で飛び立つという
表題作『火星ノンストップ』(ジャック・ウィリアムスン)などのように、
今となっては科学知識も時代遅れで、
荒唐無稽の類になりそうな作品ばかりなのだが、
夢見るエネルギーがあふれている気がした。

 特に、パラレル・ワールドを描いた『時の脇道』(マレイ・ラインスター)、
木星に人工の木星人を送りこむ『わが名はジョー』(ポール・アンダースン)が
なかなか興味深かった。


火星ノンストップ

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  21:20 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。