04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.02.02 (Sat)

『ミステリ書店(1) 幽霊探偵からのメッセージ』

[著者]アリス・キンバリー
[訳者]新井ひろみ
[出版社]ランダムハウス講談社 ランダムハウス講談社文庫
[初版発行]2006年1月10日

[感想等]
 未亡人のペネロピーが経営するミステリ書店「バイ・ザ・ブック」で、
新作発表会開催中の大人気作家ティモシー・ブレナンが謎の死を遂げる。 
 その騒動の中、死んだ作家の小説の主人公・ジャックが幽霊として、
ペネロピーの前に現れる。
 ペネロピーにしか見えない幽霊・ジャックは50年前に実在していた
私立探偵であり、彼の残した記録を元にして、ブレナンの書いた小説が
大ヒットしたそうなのだ。
 ペネロピーは半信半疑のままに、彼の力を借りて、ブレナンの死の真相に
迫ろうとする。

 幽霊・ジャックが殺された家から離れられないという制約があり、
女主人公・ペネロピーの不慣れな探偵ぶりもあり、
犯人などはすぐに判ってしまうような事件なのに、
なかなか捜査が進まず、話が進まないというもどかしさも無くはない。
 が、その点があまり気にならなければ、ペネロピーの当惑した様子と、
ハードボイルドを気取る時代錯誤のジャックとの対話(?)が、
コミカルで楽しいミステリである。
 また、出版界や書店の内情や、ペネロピーの過去や、
息子・スペンサーとのいきさつが面白く、小さな町の隣人たちも
個性的なキャラばかりで、楽しめる要素になっている。

 ただし、ジャックの死の真相はこの作品では判らない。
 シリーズになっているようなので、追々判ってくるのだろう。

 なお、書店の名前「バイ・ザ・ブック」は「By the book(定石通り)」
と「Buy the book(本を買え)」の二重の意味で付けられた名前である。


ミステリ書店(1) 幽霊探偵からのメッセージ

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ アリス・キンバリー

EDIT  |  00:54 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。