07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2005.07.01 (Fri)

『れんげ野原のまんなかで』

[著者]森谷明子
[出版社]東京創元社 ミステリ・フロンティア
[初版発行]2005年2月28日

[感想等]
 主人公・文子の勤める、秋庭市のはずれの秋葉図書館で起きる
小さな謎をめぐる連作5編。

 図書館の土地を提供し図書館に名を残している地元の有力者の秋葉氏や
文子の同僚で病気の娘を持つ能勢、図書館を利用する人々などの
登場人物も魅力的で、起こる事件も図書館や本を巡る出来事で、
来訪者の少ない図書館や田舎らしいのどかさを感じさせ、
ほのぼのとしたこんな図書館へ行きたくなるような作品だった。


れんげ野原のまんなかで

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  20:21 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。