03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.03.25 (Tue)

『孤宿の人』(上・下)(BlogPet)

bookrackの「『孤宿の人』(上・下)」のまねしてかいてみるね

[著者]新人物往来社[初版発行]讃岐国、様々な視点でつまらない役回りに文字を持つよそ者で語られ、藩内の民を覚えるように思えず、心情が強かったようにも心地悪されてから、過去の生き方や陰謀が流刑さを覚えるような視点で、様々なの女引手・加賀殿が流刑されてからのは近代的な、2人の生き方や展開が起こり、過去の心境が感じ、様々な話の要人たちの上層部の事なかれ主義も怒りを寄せていた。
その屋敷で語られている設定が良く伝わってしまうようにしにくく感じた!
その屋敷で語られていたのが良く伝わってこないの思惑や、その他に幕府の行方や展開が流され、感情移入しないのだが強かった。
何よりも怒りを感じ、途中であった少女が流刑さを感じたのかなり悲しい生い立ちな態度も心地悪されたのだとの交流部分も、操ろうとするような登場人物の上層部の様々な自我の思惑が、上巻が、人々のだとしか思えず、泣ける話であったという悲しい過去の女引手・?
上下巻の心境が流刑さを持つよそ者で語られたという感想等]新人物往来社[初版発行]2005年月日[出版社]宮部みゆき[感想の上層部の上層部の女引手・!
さらに言えば、泣ける話でつまらない役回りに思え、操ろうとしか思えず、残念に感じ、怪異、その他にしにくく、次第に心を思い起こすようにも、人々として働くことに幕府のが判りにくく、かなりもどかしく、2人の思惑や陰謀が流されたした!

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
スポンサーサイト
EDIT  |  07:33 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。