06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.04.26 (Sat)

『京都祇園迷宮事件』

[著者]海月ルイ
[出版社]徳間書店 トクマ・ノベルズ
[初版発行]2005年1月10日

[感想等]
 東京からやってきて、京都・祇園のお茶屋「北尾」に住み込んでいる、
フリーライター・夏目潤子は祇園の記事を書きながら、祇園特有のしきたりに
驚いたり、戸惑う日々を送っている。
 ある日、「北尾」仕込みの見習い舞妓・美代鶴と潤子は
お座敷に向かおうする途中で、全身を刺されて死んでいる男を発見する。
 その男は前夜「北尾」の座敷で騒いでいた客の1人で、AVビデオ製作
会社の社長・下村だと判る。
 事件を調べ始めた潤子は彼と一緒だった男達が次々と殺され、
死体となって発見されていく事件に遭遇することに・・・・。

 事件の背景などかなり酷い話で、犯人や協力者に同情は覚える。
 が、京都の祇園という特殊な世界での犯行方法や犯行の隠匿などが、
まるでミステリドラマ風な非現実的な感を抱かせるストーリーであり、
犯人も共犯者も途中で察しが付いてしまった。
 また、ラストも余韻はあるが、いまひとつ、解決した感じが薄い。

 けれども、祇園のしきたりや舞妓になる少女や舞妓を支える人々の
描き方が良く、祇園の外の人間の潤子の視点で説明されるので、
あまり知らない私でも、祇園の事情が判りやすいし、
祇園の特殊な雰囲気を感じることが出来た点は、面白く感じられた。


京都祇園迷宮事件

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 海月ルイ

EDIT  |  00:05 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。