03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2005.06.25 (Sat)

『街の灯』

[著者]北村薫
[出版社]文藝春秋 本格ミステリ・マスターズ
[初版発行]2003年1月30日

[感想等]
 昭和初期の上流階級を舞台にして、女子学習院に通うお嬢様「わたし」と
女性運転手「ベッキーさん」が活躍するミステリ、
『虚栄の市』『銀座八丁』『街の灯』の3篇が収録されている。

 昭和初期の風俗や上流階級の様子などを描いた、ミステリ部分以外も面白く、
特に『銀座八丁』で服部時計店の時計塔に主人公が登るという部分など、
とても興味深かった。


街の灯

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  09:59 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。