07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2005.06.19 (Sun)

『誤差』

[著者]松本清張
[出版社]光文社 カッパ・ノベルズ 松本清張短篇全集9
[初版発行]1964年11月25日

[感想等]
 松本清張の初期短篇のうち昭和32~35年に発表された7篇を収録している。

 表題作『誤差』は検死をした医師により死期の時刻の判定に誤差が生じ、
それによって犯行時間と犯人の推定が変わってくるという話で、興味深かった。
 その他の作品では美術界の大物に疎まれたせいで不遇だった美術研究家が
田舎画家を教育し贋作を作り出そうとする『真贋の森』が、
贋作の製作や売込みなどの手口などが実際にありそうな雰囲気を持ち、
真に迫っているように思えた。


誤差

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  12:31 |  松本清張短篇全集(☆4つ以上)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。