04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.05.25 (Sun)

『天国からの銃弾』

[著者]島田荘司
[出版社]光文社 光文社文庫
[初版発行]1995年10月20日

[感想等]
 富士を背景にソープランドの屋上に立つ自由の女神像に魅せられ、
写真を撮り続けていた平穏な隠居生活を送る男。
 ある日、彼は女神の眼が赤く光る瞬間があるのに気付き、
その話を息子に教えた。息子も興味を持ってくれたようだったが、
そのすぐ後に、ソープランドのビルの屋上で息子が死んでいるのが
発見されて・・・という表題作『天国からの銃弾』の他に、
『ドアX』『首都高速の亡霊』を収録した作品集。

 表題作『天国からの銃弾』は、話が意外な方向に行き過ぎた感じで、
自由の女神像の眼が赤く光るという謎解きの面白さが減じてしまい、
いまひとつに感じられたのが残念である。

 『ドアX』は幻想的な雰囲気の漂う、不思議な感じの話で、
過去の幻想の中に生きる女性が、ドアに関わる事件が起き、
現実に目覚めるという点が興味深く感じられた。

 『首都高速の亡霊』は、思いがけないことで人を殺した
と思った女性が、その死体を始末しようとする話で、
その右往左往する様子や感情の推移が面白く、
実際に殺人計画を実行した男の因果応報的なオチは
少々出来すぎだったものの、楽しめた。


天国からの銃弾


スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 島田荘司

EDIT  |  09:27 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。