04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.06.28 (Sat)

『壁に書かれた預言』

[著者]ヴァル・マクダーミド
[訳者]宮内もと子
[出版社]集英社 集英社文庫
[初版発行]2008年2月25日

[感想等]
 大学の女子トイレの壁に「恋人に虐待されている」と書かれた落書きへ
壁の書き込みで議論が続く。結局、「男と別れろ」と忠告した1人が、
虐待されている女性に会うことに・・・という表題作『壁に書かれた預言』
など、ラストに驚きが待っている19の短編を収録した短編集。

 表題作は設定が面白いものの、最後にちょっと肩透かしを食う感じ。
 その他の作品も、皮肉だったり、ユーモアたっぷりだったり、
人を食ったようなもの、恐ろしかったり、ほのぼのしたりと、
様々な味わいの作品だが、ラストのオチが効いていて、
面白いと思える作品が多かった。

 個人的には、やって来たサンタを殺してしまったと思う少女と
その真相に、暖かい父性愛を感じる『サンタを殺した少女』は
とてもクリスマスらしい、心温まる作品で一番、気に入った。

 また、愛人に車を盗まれた依頼人に対して、同じ女性として
盗んだ愛人に手助けをする解決を図った女私立探偵・ケイトを
描いた『疾走』の後味が良く、楽しかった。


壁に書かれた預言

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ヴァル・マクダーミド

EDIT  |  09:21 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。